開業の基礎知識

開業医のための経営戦略!開業前に確認すべき5つのステップ

勤務医の方の中には、自分の理想のクリニックを作りたい、年収をアップしたいなど、開業医を目指されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
自分の思いを実現出来る魅力のある開業医ですが、開業医になるということは経営者になるということです。当然勤務医とは異なるリスクも発生します。

そこで今回の記事では、開業医を目指す方のための経営戦略、そして、開業前に確認すべき5つのステップについて紹介していきます。

目次

開業医のための経営戦略!開業前に確認すべき5つのステップ

1.開業医の3つのコンセプト

まずは病院のコンセプトを決めましょう。病院のコンセプトは、大きく分類すると以下に挙げる3つがあります。

1-1.利便性重視型

利便性重視型の開業医には、様々な検査を一括して提供する大病院などが例に挙がります。
多様な診療科目をまとめて受診できる便利さが特徴です。

ただしこのような病院を作るためには、莫大な設備投資、及び人件費、土地代などかなりコストがかかります
このため、個人で開業医を目指す方にとっては、事業承継でない限りなかなかハードルが高いでしょう。

1-2.地域密着型

地域密着型の開業医は、いわゆる町のお医者さんです。
人とのコミュニケーションが得意でリーダーシップのある先生や、その町の出身で既に人脈のある先生などがこのスタイルを選択されることが多いです。

地域密着型の病院は、人材がとても大切です。
先生の腕はもちろんですが、スタッフの良し悪しが患者さんの数に大きく影響を与えます。
地域の方の声が、経営に少なからず影響を与えるということを理解しておきましょう。

1-3.自由診療分野型

通常私たちが病院で支払う医療費は、保険証を提示すれば2割~3割負担で済みます。
しかし、先進医療や健康上の理由以外で行われる美容外科などは、医療費が全額患者負担になります。
これが自由診療です。

自由診療分野型の開業医は、病院側が自由に料金設定でき利益を上げやすいのが特徴です。
また、金額に合った設備や技術を提供するため、医療の質も高くなることが多いです。

自由診療分野型で重要になるのが広告戦略です。
自由診療の対象者は様々なエリア・属性に分散して存在しているので、インターネットで病院を探す方が多いです。
このため、ライバルは地元の病院ではなくインターネット上で検索出来る同診療科目の病院になります。
医院長自らホームページなどに顔を出し、積極的に宣伝活動を行うなどの努力も必要です。

2.開業医の立地選び

開業医として独立する前に、診療圏調査※はもちろん必要ですが、それだけがすべてではありません。
統計で導いて算出された患者数は、一般論と異なる部分もあります。
例えば、開かずの踏み切りがあり町の反対側にはあまり行かないケース、最寄り駅ではなく隣の大きい駅を頻繁に利用しているケースなど、生活動線は個々の事情ににより様々です。

実際に開業を考えている場所に赴き、初めて見えてくることもたくさんあります。競合の患者数や何を強みにしているのかは、実際に行ってみないと分かりません。
立地は今後の展望に大きく作用します。しっかりと判断した上で最終決定を行いましょう。

※診療圏調査
ある特定の場所で開業した場合、1日あたりの外来患者数がどれくらいいるのかを把握するための調査です。

3.人材募集のポイント

人材の確保は、特に地域密着型の病院を作りたいと思っている先生にとって重要な課題です。
なぜなら、地域密着型の病院は地域の人たちからの信頼を勝ち得ることが、患者数アップにつながるからです。

特に小さい町ですと口コミが生命線ともなってきますので、態度の悪いスタッフを置いてしまうと評判が下がってしまいます。
このため、コンセプトにあった人材を選ぶことは重要です。
特に看護師が不足している昨今、優秀な人材を確保するのも大変です。
再募集をかけることなども考慮に入れながら、人材確保は余裕を持ってスタートさせましょう。

4.開業前後の広告・宣伝

かかりつけ医がいない場合、今は多くの人がインターネットで病院を探します。
このため、ホームページの整備は必須です。

病院のコンセプトや、院内の雰囲気、先生の人柄、得意としてる診療分野などの情報は必ず載せるようにしましょう。
診療予約もネットから出来ると便利ですし、住所や地図、電話番号、メールなどわかりやすく記載することが重要です。
可能でしたら、病院の雰囲気をあらわすデザイン面も吟味しましょう。

高齢者の方が多い地域でしたら、新聞に折込チラシを入れるなど紙媒体を利用した宣伝も効果的です。

また、最近では開業前に内覧会を実施する病院も増えてきました。
実施する場合にはどのようなコンセプトの病院なのかをしっかりと説明出来るようにしておきましょう。
開催日は狙う患者層の方々が来やすい曜日や時間などを考慮すると効果的です。

その他、開業前には地元の有力者や患者層になりそうな団体(内科医だったら老人会、小児科だったらPTAなど)の方に挨拶を済ませておくと、新規患者獲得につなげやすくなります。

5.開業医として独立するために必要な申請・届出

先に述べた以外にも、開業医になるためには諸官庁へ様々な書類を提出する義務があります。
例えば保健所へは診療所開設届、厚生局へは保険医療機関指定申請書、税務署へは個人事業の開廃業等届出書(開業届)…。

ここに挙げたのはほんの一例に過ぎません。また、開業するまでには膨大な事務処理も必要となってきます。

6.必要な届出をすぐに提出するには?

出来れば申請・届出などの事務処理は、手っ取り早く済ませたいものです。
しかし、先生の中にはこのような事務処理が苦手、そもそも事務処理に時間を割いていられないという方もいるのではないでしょうか?

そこでおすすめしたいのが「開業freee」です。

開業freee

開業freee」を使用すれば、画面の内容に沿って簡単な質問に答えていくだけで、以下の書類を自動作成することが可能です。

・開業・廃業等届出書(開業届け)
・青色申告承認申請書(青色申告を行う場合)
・青色事業専従者給与に関する届出書(家族に給与を支払うか、家族への給与を経費にする場合)
・給与支払事務所等の開設届出(給与を支払う場合)
・源泉所得税に納期の特例の承認に関する申請書(給与を支払う場合)

ステップに沿って必要事項を記入!


「準備」「作成」「提出」の3ステップで完了!

開業freeeのステップは、準備・作成・提出の3ステップ。
何を書いたらいいか迷いがちな項目(例えば、職業・仕事の種類)も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけです。

設問に答えていくだけで書類ができあがります。

また、ご自身の事業にぴったりな確定申告の種類をシュミレーションし、選ぶこともできます。

image9

「書類を確認する」ボタンを押すと、あなたに必要な書類が控えも含めて自動でPDFに出力されます。
その際、1ページ目には提出先の税務署への宛名も記載されていますので、切り取って封筒に貼りつければすぐに郵送することができます

image12

まとめ

いかがでしょう。開業までに考えなくてはいけないことは無数にあります。
便利なツールを使い、手早く済ませられることは済ませてしまうのが、開業までのちょっとした近道です。

また、開業医として成功するためには、事前に様々な視点から開業したい病院について考える必要があります。
しっかりと分析を行ってから開業しましょう。

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

知識総合トップへ戻る