開業の基礎知識

開業届の職業欄!迷わずに書く方法とは?

occupation_image

開業届にはいくつかの記入項目があります。
ほとんどは簡単に書けるものですが、中には記入に迷うものも。
すぐに開業届を記入・提出し、事業に専念するためにも、迷わずに的確に開業届を完成させたいところです。

そこで今回の記事では、開業届で迷いがちな職業の書き方について説明します。
記事の最後では、項目を選ぶだけで、簡単に開業届が完成する方法をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

開業届のダウンロードと必要事項の記入

開業届の記入項目のご説明に入る前に、お手元に開業届はお持ちでしょうか?
もしまだの方は、国税庁のホームページ([手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続)からダウンロードするか、最寄りの税務署で届をもらいましょう。

以下は、ダウンロードした開業届の画像です。 こちらをもとにご説明を進めていきます。

開業届


色がついている部分に記入が必要ですが、全員にとって必要というわけではありません。
最低限、下記の記載項目を記入すれば大丈夫でしょう。

  • ①納税地
  • ②氏名・電話番号
  • ③生年月日
  • ④個人番号(マイナンバー)
  • ⑤職業
  • ⑥屋号
  • ⑦開業した場所の住所(※住所と同じでもOKです)
  • ⑧所得の種類
  • ⑨開業日
  • ⑩事業の概要

開業届の職業欄と事業内容を迷わず記入する方法

開業届の記入欄で、迷うことが多いのが職業と事業の概要です。
職業欄には自分の職種を記入する必要がありますが、複数の仕事をしていて職種がいくつかある場合(webデザイナーとライターなど)、どう記載したらいいか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?事業内容に関しても同様です。

調べて書くという方法もありますが、おすすめは、開業freeeを使用し、ステップに沿って設問に答え、開業届を自動で作成する方法です。

>>今すぐ開業freeeで開業届や必要届を作成したい方はこちら
>>開業freeeについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ステップに沿って必要事項を記入!


「準備」「作成」「提出」の3ステップで完了!

開業freeeのステップは、準備・作成・提出の3ステップ。
何を書いたらいいか迷いがちな職業、仕事の種類も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけです。
設問に答えていくだけで書類ができあがります。

職業の記入に迷わなくても良いだけではなく、ご自身の事業にぴったりな確定申告の種類をシュミレーションし、選ぶこともできます。

image9

事業内容や確定申告の種類によっては、開業届のほかに提出が必要な書類もいくつかありますが、こちらもステップにそって答えた内容によって、自動で書類が作成されます。

image11

「書類を確認する」ボタンを押すと、あなたに必要な書類が控えも含めて自動でPDFに出力されます。

image12

↓ 今すぐ「開業freee」を試したい方はこちら ↓

banner_rev02_05

その際、1ページ目には提出先の税務署への宛名も記載されていますので、切り取って封筒に貼りつければすぐに郵送することができます

いかがでしょう?迷わずにすぐに開業届を作成したい方に開業freeeはとてもおすすめです。ぜひ活用してみてくださいね。利用料は無料です!

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をした方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

知識総合トップへ戻る