開業の基礎知識

屋号って何?個人事業主の屋号について徹底解説!

Brand Copyright Name Draft Graphic Concept

確定申告などいろいろな書類で、記載することがある個人事業主の屋号。
実を言うと、屋号について正確に理解できていない人はたくさんいます。ここではそんな屋号について徹底解説します。

目次

屋号って何?

まずは屋号とは何かを見ていきましょう。屋号とは個人事業を始める際の名前のことです。
法人の場合、法人と代表者は別人格であるため、必ず「○○株式会社」という会社名があります。
個人事業主の場合も同じで、仕事をするときの名前を別に決めている場合はそれが屋号になります。法人は会社名、個人事業主や屋号です。例えば、お店をしている場合はそのお店の名前が屋号になります。

屋号は必ずつけないといけないのか

確定申告などいろいろな書類で、屋号を記載する箇所が多くあります。屋号を記載する箇所があるので、屋号は必ずつけなくてはいけないと考えたり、屋号がないのでどうしたら良いか迷ったりする人も多くいるようです。
では、屋号は必ずつけなければならないのでしょうか。答えは、「必ずしも屋号をつける必要はない」です。お店を経営したりや事務所を開いている場合は、お店の名前や事務所名が屋号になります。ただ、フリーランスやアフリエイト収入などを事業にしている場合で、屋号がない場合は必要ありません。書類に記載する屋号は、あくまで参考程度と思ってください。

屋号の付け方

上記で屋号とは何かを見てきました。ここからは屋号を付ける場合のポイントなどを見ていきましょう。

1.お店を経営している場合

お店を経営している場合は、そのお店の名前を屋号にするのが一般的です。ただし、お店の名前以外を屋号にすることもできます。異なる商品を売っているお店を複数経営している場合などは、お店の名前がそれぞれで違うことも多いです。その場合どちらか1つの店名を屋号にするとややこしくなるので、お店の名前以外の屋号を決めて使うこともあります。

2.医院や事務所を開いている場合

医院や事務所を開いている場合も、屋号は医院名や事務所名にする場合が多いです。○○医院(病院)や○○事務所などですね。医院や事務所も、お店と同様に医院名や事務所名以外を屋号にしても全く問題ありません。


3.フリーランスの場合

会社に所属していない独立したライターやプログラマーなどのフリーランスの場合は、本名で仕事をしていることが多いので、屋号がない場合も多いです。特に屋号を決めなければならないことはないので、問題ありません。ペンネームなど本名以外を使って仕事をしている場合は、そのペンネームが屋号になります。また女性の方で結婚後、旧姓を使ってフリーランスの仕事などをしている場合は、その旧姓を屋号とする場合も多いです。

4.その他

①どのような屋号がいい?
屋号は仕事で使う名前であって、確定申告などの書類に記載するために決めるものではありません。個人の思いや考えがあるので、一概にこのような屋号が良いとは言えませんが、迷っている場合は、屋号を見ただけで仕事内容がわかるものが良いでしょう。
また、みんなに覚えてもらいやすい名前の方が良いですね。地域名などを入れて地域密着型のお店にするなど、会社の経営方針なども加味して屋号を決めましょう。

②屋号にアルファベットや数字を使ってもいい?
屋号には特にきまりがあるわけではないので、アルファベットや数字を使っても問題はありません。むしろ覚えやすい名前になり、経営に有利に働くこともあります。

③他と似たような屋号にしてもいい?
多少似ている程度であれば問題ありません。同じ商品を販売していたり、同じような仕事をしていたりすると、屋号が似てしまうことは常に起こり得るからです。一般的に法人にくらべて個人事業のほうが、商号や商標などで問題になることは少ないといわれます。ただし、世間一般に知られている製品や会社名に近い名前は避けた方が良いでしょう。

④屋号の長さにきまりはある?
屋号の長さにきまりはありませんが、あまり長すぎないようにしましょう。長すぎても簡単に略しやすいものであれば問題ありませんが、長くなると屋号が覚えにくかったり、発音しにくい、またはSNSなどで書きにくくなったりするので不利なことも多いです。また、屋号の印鑑などを作る際も、バランス等が悪くなることがあるので注意しましょう。

屋号を記載する書類

ここでは屋号を記載する書類についてご紹介します。
屋号を記載する書類で多いのが、請求書や領収書です。お客様や得意先などに請求書や領収書を渡す際には、屋号を記載します。屋号が記載されたゴム印などを押す場合も多いです。また、銀行などの金融機関から融資を受ける場合にも申込書などに屋号を記載します。 税務署に提出する書類で代表的なものは所得税確定申告書です。第一表や第二表、収支内訳書または青色申告決算書に屋号を記載する欄があります。開業したことを税務署に届け出する「開業届」にも屋号を記載する箇所があります。
開業届が屋号を記載する最初の書類になる場合も多いのですが、事業を始める人は「開業届」なんて書いたことないという人ばかりです。そんなとき便利なのが「開業freee」。「開業freee」は、簡単な質問に答えるだけで、すぐに必要な書類を自動で作成できます。屋号も所定の欄にきちんと記載されます。しかも費用は無料です。開業して「開業届」を作成するときは、ぜひ「開業freee」をご活用ください。

まとめ

今回は個人事業主の屋号についてご紹介しました。これから屋号を決めようと考えている方は、はぜひ今回の記事を参考に自分に合った屋号を付けてくださいね。

開業フリー
会計フリー
知識総合トップへ戻る