青色申告の基礎知識

サラリーマンの妻が青色申告しても、扶養家族でいられるか?

フリーランスの人やアフィリエイト収入がある人などは、収入が増えてくると、税制上の控除や優遇をねらって「青色申告をしようか」と考えるようになります。ただし、サラリーマンの妻の場合、「青色申告をしても夫の扶養でいられるか」というころが悩みのタネでしょう。ここでは青色申告と扶養の関係についてご回答します。

青色申告者だと夫の扶養に入れない?

結論からいうと、「青色申告者」=「夫の扶養に入れない」とは限りません。なぜなら、会社員の配偶者が扶養に入れるかどうかは、配偶者の所得が扶養家族になれる所得基準よりも多いか少ないかが重要だからです。つまり、青色申告をした結果、所得が基準よりも多ければ夫の扶養からはずれ、基準以下であれば夫の扶養でいられます。それでは、どういう所得基準があるかについてご説明します。

所得税法上の扶養

所得税法上の扶養とは、簡単にいうと「配偶者控除」(38万円。70歳以上は48万円)を受けられるかどうかです。配偶者控除の対象になるための要件は以下の4つすべてを満たすことです。

①民法上の配偶者であること(内縁関係の人は対象外です)
②その年の12月31日時点に納税者と生計を一にしていること
③その年の合計所得金額が38万円以下(給与所得のみの場合は給与収入が103万円以下)
④青色申告者の事業専従者として給与の支払を受けていない、または白色申告者の事業専従者でないこと

①②はふつうの主婦なら当てはまりますし、④は夫がサラリーマンで青色申告も白色申告もしていないならまず問題ありません。あとは③の所得ということになります。パート主婦の場合によく話題になる「103万円の壁」です。

「給与所得のみの場合は103万円以下」となる理由は、給与所得には給与所得控除があり、実際には
103万円-給与所得控除65万円=38万円(基礎控除)
となるからです。

フリーランスの人や自営業者などの個人事業主にはこの給与所得控除がありません。しかし、青色申告者になれば、青色申告特別控除65万円が受けられます。したがって、パート主婦と同様に、103万円まで稼いでも扶養家族のままでいられます。

配偶者控除 | 国税庁: http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
配偶者特別控除 | 国税庁: https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

社会保険の扶養

いわゆる「130万円の壁」です。所得税法上の「103万円の壁」なら103万円を多少超えて稼いでも141万円未満であれば配偶者特別控除受けることができます。しかし、社会保険の扶養からはずれてしまうと、国民健康保険料と国民年金保険料を自分で支払う必要があります。社会保険の「130万円の壁」は「103万円の壁」よりもはるかに厚く高い壁です。

さて、この社会保険上の被扶養者となるための要件は、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の場合は以下のとおりです。

社会保険の扶養

協会けんぽは、自前では健康保険組合を持てない中小企業の従業員やその家族を対象とした厚生労働省所管の特別法人です。各企業の健康保険組合は協会けんぽとは違い、独自の基準やサービスを提供していますが、重要な点では協会けんぽの基準を準用しています。

年間収入が130万円を超えそうな人や、月の収入が108.333円を超えそうな人は、夫の会社の健康保険組合の被扶養者に関する要件をしっかり確認する必要があります。

会社の扶養手当

従業員が扶養している配偶者や親族に対する扶養手当については法的な基準はないため、会社によって手当の支給要件が異なります。所得税法上の103万円を手当支給の基準にしている会社もあれば、社会保険の130万円を基準にしている会社もあります。もちろん手当そのものがない会社もあります。夫の会社の扶養手当については、手当の有無や支払金額・支払い要件を確認し、支払金額や収入要件に応じて、仕事をセーブするなどの工夫を考えましょう。

「130万の壁」を意識すれば、扶養からは外れない場合も

以上のように、青色申告者になったからといって、必ずしも夫の扶養からはずれるとは限りません。所得が一定基準を満たさなければ夫の扶養家族のままです。
ただし、青色申告特別控除もなく給与所得控除もない個人事業主は、誰にでも適用になる38万円の基礎控除くらいしか所得控除はありません。年間の所得が基礎控除の38万円を超えるようであれば、開業届と青色申告承認申請書を提出して青色申告者になり、65万円の青色申告特別控除を確保すべきでしょう。
一方、社会保険の扶養の方は年間収入130万円未満という定義です。個人事業主の場合は、「収入-必要経費が130万円未満」という解釈が一般的です。青色申告1年生であればまだ「130万円の壁」を意識する必要がある人は少ないかもしれませんが、自分で社会保険料を払ってまで仕事を伸ばしていくべきかどうかという自分のキャリアプランニングやライプランニングに関わることですから、よく考えておきましょう。

まとめ

今までの説明で、「青色申告者」=「夫の扶養に入れない」とは限らず、所得金額によるということがわかっていただけたと思います。なお、注意すべきは「103万円の壁」よりも「130万円の壁」です。「130万円の壁」を超えて働くかどうかについては慎重に考えましょう。

青色申告ソフト freee

青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識