青色申告の基礎知識

青色申告の期限はいつまで?2017年(平成29年)分の確定申告の提出期間&提出方法

アイキャッチ


確定申告は毎年提出期間が決まっており、期限に遅れると延滞税や無申告加算税などのペナルティが課されたり、青色申告特別控除65万円を受けられなかったりと、さまざまな不利益が生じます。「期限を守ること」「正確に確定申告を終えること」は非常に大切です。
2017年(平成29年)分の確定申告の提出期限と、実際の提出方法などについてしっかり確認しましょう。

目次

平成29年(2017年)分の確定申告の提出期間は?

2017年(平成29年)分の確定申告の提出期間は、2018年(平成30年)2月16日(金)〜3月15日(木)です。青色申告者は確定申告期間内に2017年1月1日~12月31日までの売上等を計算して確定申告書にまとめ、自身の所轄税務署に提出しなければなりません。
郵送の場合は、3月15日付の消印があれば期限内の提出とみなされます。

青色申告の申請手続きはいつまでに行えばいい?

青色申告を行うには、原則、青色申告で申告を行う事業年度の3月15日までに「青色申告の承認申請書」を提出する必要があります。つまり、2019年(平成31年)分から青色申告したい場合は、2019年3月15日までに申請書を提出しなければならないことになります。「青色申告の承認申請書」の提出先は、確定申告書類の提出先と同じく、納税地の所轄税務署です。

ただし、新規に開業した場合は開業の日から2ヵ月以内、青色申告を行っていた事業者が亡くなって家業を相続した場合は相続開始を知った日から所定の日数など、青色申告の承認申請書の提出期限が原則と異なるケースもあります。自分がどの区分に該当するのか確認しつつ申請を行いましょう。

参考:
[手続名]所得税の青色申告承認申請手続|申告所得税関係|国税庁

ちなみに、青色申告の承認申請書は以下、国税庁のホームページからダウンロードできます。税務署に取りに行く時間がない人は、こちらを活用してください。

青色申告の承認申請書

なお、青色申告の承認申請書を提出しても、税務署からの返信、つまり「承認の通知」がありません。書類を提出した年の12月31日から翌年初頭までに非承認の通知がなければ、青色申告者として承認されたと各自で判断していいでしょう。一度、青色申告者になったあとは、承認の取り消しなどが行われない限り、毎年継続して青色申告を行うことが可能です。

青色申告の提出方法は3種類

青色申告には以下のような提出方法があります。自分のやりやすい方法で、確定申告期間内に書類を提出するよう心掛けましょう。

・所轄税務署に持っていく
自身の納税地の税務署(所轄税務署)に足を運び、直接、確定申告書類を提出する方法です。納税地とは、生活拠点、自宅もしくは事務所の所在地を指します。自分の所轄税務署がどこにあたるのかわからない場合は、国税庁の検索ページを活用するか、最寄りの税務署に電話等で問い合わせてみるといいでしょう。

国税局・税務署を調べる|国税庁概要・採用|国税庁

・所轄税務署に郵送する
源泉徴収票などの添付書類を含む確定申告書類一式を、所轄税務署に郵送します。書類に不備があった場合のリスクを考慮して、確定申告期間の前半(2月末)までに書類を送付しておくと安心です。

・e-Taxで申告する
e-Tax(イータックス)とは、オンライン上で国税の申告を行うことができる納税システムのこと。e-Taxを利用すれば、自宅にいながら手続きを終えられます。ただし、e-Taxを利用するにはマイナンバーカード等の電子証明書やICカードリーダライタ、推奨環境を満たしたパソコンなどを準備する必要があります。

e-Taxでの詳しい申請方法についてはこちら。
e-Taxと「確定申告書等作成コーナー」を利用して、確定申告をする方法とは?

期間内に確定申告しなかった場合のペナルティとは?

期間内に確定申告が間に合わなかった場合は、「期限後申告」を行うことになります。期限後申告では、以下のペナルティを受ける可能性があります。

・無申告加算税や延滞税が課せられる
無申告加算税は、確定申告の期限を過ぎても申告しなかった(無申告だった)ことに対する罰金です。2016年(平成28年)分以降の場合、納税すべき所得税額のうち50万円までは10%、50万円を超える部分は15%を上乗せした額を支払う必要があります。ただし、税務署の調査を受けるまえに自主的に期限後申告を行った場合は、5%を上乗せした金額に減額されます。加えて、確定申告期限日から税金を納めた日までの日数に応じて「延滞税」がかかります。

延滞税の計算方法|申告・納税手続|国税庁

・青色申告特別控除65万円が受けられなくなる
青色申告のメリットのひとつに、最高65万円の青色申告特別控除がありますが、期限後に申告を行った場合は65万円の控除は受けられず、10万円控除となります。控除が減ることで納めるべき税金が大幅に増えたり、還付金が減ってしまったりする可能性もあります。

・2年連続の期限後申告は青色申告が取り消される
2年連続で期限後申告をすると、青色申告の承認が取り消されます。なぜなら青色申告制度は、複式簿記による記帳などの義務を果たし、税法を正しく守っている納税者に特典を提供するための制度だからです。

まとめ

2017年(平成29年)分の確定申告における、青色申告の提出期間や提出方法などについてご紹介しました。青色申告は手間がかかる面もありますが、期限内に申告を済ませることで多くの特典を受けることができます。税務署や税理士のサポートを受けながら、期限内の申告を心掛けてください。

青色申告ソフト freee


青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識