青色申告の基礎知識

青色申告をするなら理解しておきたい!貸借対照表の書き方とは

青色申告をする際、指定様式で「貸借対照表」の記載が必要な場合と不要な場合があります。最大65万円の特別控除の適用条件をみたすには、12月31日時点の貸借対照表等の作成が義務付けられているため、普段から相応の準備が必要です。具体的にはどのようにしていったらよいか、順を追って確認していきましょう。

青色申告には控除額により2種類ある!両者の違いとは

青色申告制度には事業者にとって様々な特典がありますが、そのなかでも有名なのが「青色申告特別控除」です。特別控除の金額は、最大で65万円と10万円の2種類に分かれています。

最大65万円の特別控除を受けるには、事業所得や事業的規模の不動産所得があり、貸借対照表と損益計算書を確定申告の期限内に提出することが条件となっています。一方、最大10万円の特別控除を受けるには比較的条件は緩和されるため、貸借対照表の提出は不要となり、普段の帳簿作成も簡易的に済ませることが可能です。

具体的に、確定申告で提出すべき書類「所得税青色申告決算書(一般用)」を例にとり確認すると、両者の違いは明らかです。すなわち、最大65万円の特別控除を希望するのであれば「所得税青色申告決算書」の全ページをもれなく記載しなければなりません。しかし、最大10万円の特別控除が受けられればよしとするのであれば、本様式のうち最後のページにある「貸借対照表(資産負債調)」の記入は省略できます。

貸借対照表を作成するための事前準備と方法

貸借対照表とは、期末時点における自分の商売の「資産」「負債」「資本」の残高を示す会計決算書類のひとつです。前年度の期末時点で作成した貸借対照表の各勘定科目の金額と当年度のそれらを比較すれば、資産や負債などの増減が分かる仕組みとなっています。

資産勘定の合計額と、負債勘定と資本勘定の総合計額が同額となれば、貸借対照表が正しく作成できている目安となります。以下、どのようにして貸借対照表を作成していったらよいか、事前準備も含めて紹介していきましょう。

事前準備

資産勘定、負債勘定、資産勘定に含めるべき項目とその金額を把握し、それぞれ勘定科目別に分類していきます。なお、資産勘定の中でも、1年以内に換金できる可能性が高いものは「流動資産」、換金性が低いものは「固定資産」に振り分けられます。同様に、負債勘定の中でも1年以内に返済可能な負債は「流動負債」、1年超の長期の負債は「固定負債」に分類するルールとなっています。なお、各項目を構成する勘定科目の具体例は以下のとおりです。

  • ・流動資産:現金、預金、売掛金、受取手形、棚卸資産など
  • ・固定資産:土地、建物、投資有価証券、車両運搬具など
  • ・流動負債:買掛金、支払手形、未払金、短期借入金など
  • ・固定負債:長期借入金、社債など
  • ・資本:資本金、資本剰余金、利益剰余金

貸借対照表の作成方法

国税庁によれば、最大65万円の青色申告特別控除を受けるためには「正規の簿記」、すなわち複式簿記の原則に基づき、貸借対照表を作成する必要があります。事前準備により、各勘定科目に含まれるべき項目と金額を整理したら、それぞれの合計額を計算し、貸借対照表の作成例に準ずるひな形に合わせて記入していきましょう。

なお、各勘定科目の合計金額がマイナスとなっているようであれば、借方と貸方を逆にしてしまうなど、仕訳作成時の誤りの可能性が考えられます。間違いの原因だと考えられる勘定科目が関連する仕訳について、その内容を遡って検証する必要があります。

作成方法で不明な点があれば、国税庁の「貸借対照表作成の手引き」を参考とするのもおすすめです。

提出様式への転記

当期末時点における貸借対照表が完成したら、確定申告時に提出する様式の期末欄に各勘定科目の金額を記入していきます。また、同様に前期末時点の貸借対照表を参照しながら、期首欄の金額についても記入して作成完了となります。

会計帳簿と貸借対照表の違い、互いの関係性は?

会計帳簿は、日々の事業活動に伴う各取引を記録するための帳簿です。帳簿の中には、収益や費用、資産・負債・資産の増減に関連する項目がすべて記入されています。一方、貸借対照表は、会計データのうち、資産や負債・資本に関する項目(勘定科目)のみを合計した表です。ちなみに、収益および費用項目は、貸借対照表には含まれず、損益計算書に反映されることとなります。損益計算書または貸借対照表を作成するために必要な元データが、すべて会計帳簿に記載されているという関係性となっています。 会計帳簿は、「主要簿」と「補助簿」から構成され、記載すべき内容によって、いくつかの種類に分かれています。例えば、すべての仕訳を取引ごとに記載する帳簿が「仕訳帳」、現金など勘定科目別に仕訳を整理する帳簿が「総勘定元帳」で、ともに主要簿と称される代表的な帳簿です。 なお、仕訳を作成するためのデータは、入金伝票や出金伝票、振替伝票より入手します。一方、補助簿は、現金出納帳や当座預金出納帳といった各種「補助記入帳」か、売掛金元帳や商品有高帳などの各種「補助元帳」のいずれかに分類されます。補助簿は、その名の通り、主要簿の明細データを記入する会計帳簿となります。

まとめ

毎年、貸借対照表を用意するためには、仕訳や会計帳簿を正確に作成することから始まります。複式簿記の知識がほとんどなくても、貸借対照表の作成ができる会計ソフトなどが市販されているので、有効に活用してみるのも一案です。青色申告で65万円の特別控除を受けられるよう、スケジュールには余裕を持って準備を進めていきましょう。

青色申告ソフト「freee」

青色申告ソフトfreeeなら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

青色申告ソフト freee

青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識