青色申告の基礎知識

「帳簿のつけ方がわからない!」困った時は青色申告会を活用しよう

青色申告とは、「複式簿記方式」での申告が義務づけられるかわりに、青色申告の特典である、様々な控除が受けられるようになる納税制度のことです。このページでは、青色申告をしたい事業者の強い味方である「青色申告会」についてご紹介しましょう。

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

青色申告会とは

青色申告会とは、青色申告の提出方法や帳簿のつけ方などの指導を行っている納税者団体のことです。昭和25年にはじめて青色申告の受付が開始されて以来、行政と協力しながら日本の公平な税制を支えてきました。

○青色申告会はどんな人が運営しているの?

青色申告会は、実際に青色申告を行っている小規模事業者(納税者)を中心に構成されています。会の運営費は青色申告会の利用者が支払う会費や指導料などによってまかなわれており、役員やスタッフもボランティアで活動するなど、営利目的ではない点が特徴です。

○青色申告会はどこにあるの?

青色申告会は日本全国にあり、それぞれ管轄地域が異なります。青色申告会を利用する場合は、まず自分の納税地(住まいのある地域)を担当している青色申告会を調べることから始めましょう。「全国青色申告会総連合」ホームページにある窓口検索を使えば、住所などから地元の青色申告会を検索することができます。

青色申告会のサポートを受けるには?

全国にある青色申告会の多くは会員制であり、サポートの利用には入会金・年会費・記帳指導料といった利用料金がかかります。必要になる費用や価格帯は会ごとに異なりますが、以下の価格帯がおよその相場といえるでしょう。


・入会金:0~2,000円前後
・会 費:月額1,000~2,000円前後、年額15,000~25,000円前後
(入会時期によって年額が割引になるケースもあり)

入会前に各青色申告会のホームページ等で確認しておくと安心ですね。

○入会は繁忙期以外がおすすめ

青色申告会への入会は、基本的にいつでも可能です。 しかし、確定申告シーズンである1~3月は青色申告会の繁忙期であり、入会手続きに時間がかかる可能性があります。また、1~3月は記帳の指導希望者も多く、なかなか予約が取りにくい事態も予想されます。

よって、青色申告に慣れないうちは年内の入会がおすすめです。早めに入会することにより、十分な入会説明や、下記に記載するサービスをより受けやすくなるでしょう。

青色申告会に入会するとどんなサービスを受けられる?

青色申告会に入会すると、以下のようなメリットがあります。

○記帳や決算の指導を受けられる

帳簿のつけ方や申告の仕方など、青色申告に必要な基礎知識の指導を受けられます。複式簿記がまったくわからない場合でも、個人のペースやスキルにあわせて学べる点がメリットです。地元の個人事業者が指導員として相談に乗ってくれるところも魅力といえます。

○「小規模企業共済」などへの加入のサポートを受けられる

小規模企業共済とは、小規模事業者の所謂「退職金」を積み立てる制度です。小規模事業者が事業をやめた時や、役員から退いた時などに、これまでの掛金と事由に応じた共済金を受け取ることができます。青色申告会は小規模企業共済の委託団体であり、加入手続きの受付も行っています。

○記帳代行

年会費等とは別に料金がかかりますが、青色申告に欠かせない「日々の記帳」を代行してもらえます。青色申告会によっては実施していない場合や、すでに定員が埋まっている場合もあるため、事前の確認が必要です。また、代行にかかる費用は仕分数などによって異なります。定員の確認とあわせて、各青色申告会に見積もりをお願いするとよいでしょう。

他にもある!青色申告会のメリット

その他、青色申告会会員にはさまざまな特典が設けられています。

○福利厚生

青色申告会では、会員の生活をサポートするさまざまな制度を設けています。たとえば「全青色共済」「疾病入院補償」等の共済制度は、リーズナブルな掛金で手広い保障を受けられると評判です。その他、融資制度の斡旋や健康診断の実施など、各会によってさまざまな支援が用意されています。入会の際は、どんな福利厚生があるのかを確認してみるといいかもしれませんね。

○経営相談も可能

青色申告会では、税務申告以外の悩み(法律相談や経営上の相談)も随時受け付けています。税理士やファイナンシャルプランナーの紹介を受けられることもあるので、事業にお悩みの方は積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

○異業種交流

各青色申告会では、会員を対象とする講習会や研修旅行が定期的に実施されるケースも珍しくありません。集会への参加をきっかけにして、地元のコミュニティと交流をはかったり、人脈を広げたりすることもできるでしょう。

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは自動で確定申告書を作成してくれるので、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

おわりに

青色申告会の概要についてご紹介しました。青色申告は敷居が高いように思われがちですが、青色申告会等の支援を受けることで、初心者でも申告をスムーズに進めやすくなります。困った時はぜひ活用してみてくださいね。

青色申告ソフト freee


青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識