青色申告の基礎知識

青色申告と白色申告の違い

確定申告には種類があることをご存知でしょうか。大きく分けると青色申告と白色申告の2つです。今回の記事では、この2つの違いについて説明します。

青色申告と白色申告の違い

目次

青色申告と白色申告って?

確定申告をする場合は、青色申告もしくは白色申告を選択する必要があります。青色申告の方が少し手続きや記帳などの作業が煩雑ですが、その分、税制面で大きな特典を享受することが可能です。

必要な届出 記帳の方法 税制上のメリット
白色申告 なし 単式簿記 なし
青色申告(10万円控除) 開業届、青色申告承認申請書 単式簿記 青色申告特別控除10万円、青色事業専従者給与、赤字3年間繰越など
青色申告(65万円控除) 開業届、青色申告承認申請書 複式簿記、損益計算書、貸借対照表の提出 青色申告特別控除65万円、青色事業専従者給与、赤字3年間繰越など


手続きの面での違いは、以下の2つです。

・青色申告には、事前に届け出が必要
・帳簿の付け方

青色申告には届け出が必要

青色申告をするには、まずは届け出が必要です。この届け出には提出期限があります。期限は以下の通りです。

・新規開業の場合:開業日から2か月以内
・白色申告から切り替える人:青色申告をしようとする年の3月15日(つまり、確定申告の期限の一年前。例えば、2015年3月の確定申告において青色申告をするためには2014年3月までに届け出を出しておく必要があります。)

まだ青色申告の届け出を出していない方は、今年は白色申告をすることになります。来年こそは、青色申告をするためにも、3月15日までに青色申告承認申請書を提出しておきましょう。

帳簿の付け方も違う

青色申告と白色申告では、帳簿の付け方も異なります。白色申告では、単式簿記による記帳で済みます。青色申告では、2つの記帳方法があります。

・単式簿記…白色申告と同様、単式で帳簿をつけるものです。この場合、10万円の控除が受けられます。
・複式簿記で記帳をするものです。この場合、65万円の控除が受けられます。

単式簿記と複式簿記では、単式簿記の方が簡単にできます。しかし、複式簿記による記帳も、会計ソフトを活用すれば簡単にできるようになっているので、その差はほぼないと言って等しいでしょう。

まとめ

いかがでしょう?これまでみてきたように、青色申告と白色申告には、税制面で大きな違いがあります。65万円もの控除が受けられることは、大きな節税効果となるでしょう。提出書類や日々の帳簿付けをハードルと感じている方も多いですが、無料の開業freeeを活用すれば青色申告に必要な書類を自動で、簡単に作成することができます。さらに、会計freeeを活用すれば、日々の帳簿付けも驚くほど簡単に行うことが可能です。クラウドサービスを活用して、効率よく確定申告を行いましょう。

青色申告ソフト freee

青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識