青色申告の基礎知識

帳簿や領収書等の保存義務

申告が終わったからといって、領収書等、確定申告に使った書類を捨ててはいけません。
今回の記事では、青色申告・確定申告をする個人事業主が、保存しておく義務のあるものとその保存期間をまとめておきます。

目次

帳簿や領収書等の保存義務

保存義務があるものと、その保存期間は?

以下に、簡単に保存義務がある書類とその保存期間をまとめます。

書類 保存期間
帳簿 7年
決算関係書類
現金預金取引等関係書類 7年(前々年分所得300万円以下の場合は、5年)
その他書類 5年


保存が必要な4種類の書類

では、保存が必要な4種類の書類に関して詳細をみていきましょう。

帳簿:7年
青色申告承認申請書を提出した際に、◯をつけた帳簿です。具体的には、仕訳帳、総勘定元帳等です。

決算関係書類:7年
青色申告決算書で作成した損益計算書、貸借対照表です。

現金預金取引等関係書類:7年or5年
通帳等のことです。

その他の書類:5年
請求書、領収書等のことです。

いかがでしょう。保存義務がある書類はこのように4種類あり、それぞれ保存期間が異なります。今回の記事を参考にしっかりと必要書類を保存しましょう。

開業フリー
会計フリー
知識総合トップへ戻る