青色申告の基礎知識

初心者必見。簿記ができない人でも青色申告ソフトは使える?

「青色申告を行いたいけど、簿記の知識がない」。そんな人にお勧めしたいのが、簿記未経験者の日々の記帳をサポートしてくれる「会計ソフト」です。このページでは、青色申告に役立つ会計ソフトについてご紹介しましょう。

会計ソフトとは

会計ソフトとは、日々の記帳や集計を補佐してくれるソフトウェアのことです。 複式簿記による帳簿の作成や、銀行明細などの取引データの取込、控除額の計算など、確定申告に欠かせない情報を整理するプログラムが組まれています。

○簿記の知識がなくても使える?

会計ソフトの多くは、簿記の知識を持たない人でもスムーズに申告できるように、確定申告書類の自動作成などの機能が充実しています。また、クラウド型会計ソフト(詳しくは後述)の中には、インターネットを経由して取引明細を自動読込するものもあり、税務処理にかかる時間と手間を大きくカットしてくれるところが魅力です。

まとめると、会計ソフトには以下のような機能があります。 (ソフトによっては対応していないサービスも有り)


・確定申告書Bや収支内訳書など、確定申告書に必要な書類の自動作成
・帳簿の自動作成
・仕訳の自動読込
・業績のレポート作成
・オンラインの納税システム「e-Tax」に対応した申告データの作成

では、会計ソフトについてもう少し詳しく見てみましょう。

「クラウド型」「インストール型」って?

会計ソフトには主に、クラウド型とインストール型があります。それぞれのメリットとデメリットについて見てみましょう。

○クラウド型

クラウド型会計ソフトは、オンライン上で記帳や書類作成を行うソフトです。インターネット上のシステムにログインして作業を行うという特性上、ソフトウェアのインストールが不要である点が特徴といえます。 その他、以下のようなメリットがあります。


・パソコンやタブレットなど、インターネットに接続されている様々な端末からアクセス可能
・アップデート等の手間をかけることなく、最新の税制に沿ったソフトウェアを使用できる
・オンラインチャットなど、運営元からのサポートが充実しているケースが多い

一方クラウド型のデメリットは、インターネット環境がなければ作業できないことや、月額もしくは年額のランニングコストがかかることです。また、クラウド型はログインIDとパスワードさえ分かれば誰でもアカウントにアクセスできるため、情報漏洩が起こらないようにID等の管理が必要になります。

○インストール型

インストール型会計ソフトでは、ソフトウェアをインストールした端末で記帳等を行います。特定の端末で会計情報を管理するため、情報漏洩のリスクが低い点がメリットです。

ただし「特定の端末でしか作業できない」という特徴により、クラウド型とくらべてアクセシビリティーにやや欠ける点がデメリットといえます。法改正ごとにソフトのバージョンアップが必要になるケースもあるので、青色申告に比較的慣れている方向けのタイプといえるでしょう。

どんな会計ソフトを選べばいい?

昨今はさまざまなソフトウェアメーカーが青色申告の会計ソフトを発売しています。 はじめて会計ソフトを購入する際は、以下のポイントを参考にしてみてください。

○国内シェアの高いソフトを選ぶ

国内シェアの高いソフトは使用者が多いため、操作方法のマニュアルや口コミを確認しやすいという特徴があります。また、税理士や青色申告会のスタッフなど、税の相談先となる人がソフト愛用者であるケースも多く、操作方法の助言を直接得やすいところもメリットといえるでしょう。

ちなみに会計ソフトの多くは、無料体験版の配信や初年度無料キャンペーンの実施などが行われています。実際に使用感を確かめたあとで、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

○青色申告会の会計ソフトを使ってみる

青色申告会は、青色申告の税制度が施行されて以来、政府と連携しながら公平な税制を支えてきました。そんな長年のノウハウを生かして、青色申告会は平成13年より会員専用の会計ソフトの販売も行っています。青色申告会の利用を考えている場合は、一度体験版をダウンロードしてみるといいかもしれませんね。

○簿記初心者なら税務署や税理士に相談しよう

各税務署や税理士会では、納税者の「税に関する相談」を受け付けています。確定申告についてわからないことがあれば、早めの相談を心がけましょう。

青色申告ソフトfreee

青色申告ソフトfreeeなら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

知識総合トップへ戻る