青色申告の基礎知識

所得税の青色申告承認申請書の書き方

青色申告をするために提出しなければならない書類があることをご存知でしょうか。「開業届」と「所得税の青色申告承認申請書」です。今回の記事では「所得税の青色申告承認申請書」の書き方についてご紹介していきます。なお、ステップに沿って情報を入力するだけで「開業届」も「所得税の青色申告承認申請書」も簡単に作成できる方法もありますので、そちらもあわせてご紹介していきます。

目次

所得税の青色申告承認申請書とは?

所得税の青色申告承認申請書とは、青色申告をするために必要な届けでです。これを出さないと、10万円の控除を受けることすらできないので必ず提出しましょう。

提出期限は、以下の通りです。

1. 新規開業の場合:開業日から2か月以内
2. 白色申告から切り替える人:青色申告をしようとする年の3月15日

2の切り替えの方に関しては、2018年3月の確定申告において青色申告をするためには2017年3月までに届け出を出しておく必要があります。
まだ青色申告の届け出を出していない方は、今回(2017年分、2018年3月の確定申告)は白色申告をすることになります。来年こそは、青色申告をするためにも、3月15日までに青色申告承認申請書を提出しておきましょう。

なお、のちほど詳しくご説明しますが、所得税の青色申告承認申請書は、下記から無料で作成できます。

リンク:個人事業主の開業手続き・開業届の作成が無料 | 開業 freee


所得税の青色申告承認申請書の書き方

青色承認

①所得の種類を記入。小売業、製造業、農業、各種サービス業など通常の場合は、事業所得。

②65万円控除を受けたい人は”複式簿記”を選ぶ。簡易簿記を選ぶと10万円控除になる。

③65万円控除の場合は、基本的に現金出納帳、売掛帳、買掛帳、固定資産台帳、預金出納帳、総勘定元帳、仕訳帳。(業種によって異なる場合もあり。)10万円控除の場合は、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳(業種によって異なる場合もあり。)

簡単に必要書類を準備する方法

上記の説明を見ながら書類を書くこともできますが、おすすめは無料の開業freeeを使って、簡単に、最速で書類を作成する方法です。必要事項に沿って情報を入力していくだけで、所得税の青色申告承認申請書だけではなく、開業届など開業に必要な書類を一式一括で作成することができます。

まとめ

いかがでしょう。無料のツールを活用することで、煩雑に感じていた作業を一気に簡単にすることができます。スムーズに青色申告をスタートすることができましたら、日々の記帳や確定申告作業も会計freeeを使ってぜひスマートにすすめてくださいね。なかにはスマートフォンだけで確定申告を完了した方もいるほど簡単なので、ぜひご活用ください。

開業フリー
会計フリー
知識総合トップへ戻る