副業の基礎知識

会社員におすすめの副業を紹介!安全に始めるためのポイントについても解説

会社員におすすめの副業を紹介!安全に始めるためのポイントについても解説

副業は、本業とは別に収入を増やしたい人やスキルアップを図りたい人におすすめです。副業でできる仕事の種類はさまざまで、持っているスキルや確保できる時間などの条件によって、向いている仕事は異なります。

たとえば、副業初心者であればデータ入力やデリバリーなどの簡単な仕事が向いていますし、既にスキルがある人はwebデザイナーや動画編集などもおすすめです。

本記事では、副業をはじめたい人が一歩踏み出せるよう、おすすめの副業を40種類と会社員が副業する際に気を付けるべきことについて解説します。

目次

freee会計で確定申告をカンタンに!

freee会計は〇✕形式の質問で確定申告に必要な書類作成をやさしくサポート!口座とのデータ連携によって転記作業も不要になり、入力ミスも大幅に削減します。

会社員における副業の実態

2018年1月に定められた「副業・兼業の促進に関するガイドライン」で副業禁止の規定がされてから、会社員における副業実施への意向は高まっています。しかし、2022年の調査によると、雇用形態が正社員の人で兼業・副業をしている人の割合はわずか9.9%で、ここ数年での増加も見られませんでした。


兼業・副業実施者の割合
出典:株式会社リクルートキャリア「兼業・副業に関する動向調査データ集2022」

また、2022年の段階では半数を超える企業が兼業・副業を認める人事制度を導入しており、企業の立場から見ても副業が容認されてきています。


兼業・副業を認める人事制度
出典:株式会社リクルートキャリア「兼業・副業に関する動向調査データ集2022」

会社員が副業する際に気を付けるべきこととは

副業を希望する人で、現在会社員として勤めている人は多いでしょう。おすすめの副業を探す前に、会社員が副業する際に気を付けるべき以下の5つを確認してください。

会社員が副業する際に気を付けるべきこと

  • 本業の就業規則を確認する
  • 所得が年間20万円以上になったら確定申告をする
  • 体調とスケジュール管理をしっかり行う
  • 条件が過剰に良すぎる副業には注意する
  • きちんと業務契約を結ぶ

本業の就業規則を確認する

本業の労働時間外であれば、副業しても社会的にも法律的にも問題はありません。また昨今は、副業を解禁している会社も増えてきました。しかし、就業規則に副業禁止と記載している会社も少なくはありません。

副業が禁止されていることを知らずに、副業をしてしまい後々トラブルになるのを避けるために、本業の就業規則は確認しておくようにしましょう。

副業をしたことで会社からの評価が下がってしまうなどの影響は考えられます。副業を検討している人は、会社の就業規定を確認し、会社に副業が発覚しないように対策を取ることも重要です。

【関連記事】
副業がバレるのはどんなとき? バレるケースとバレないようにする対策方法を解説

所得が年間20万円以上になったら確定申告をする

副業の所得が20万円以上になったら、確定申告をするようにしましょう。所得とは、副業の収入から必要経費を差し引いた金額です。

通常会社員は年末調整という形で会社が所得税の申告を代行してくれますが、副業の収入は自分で確定申告をして税務署に申告しなくてはなりません。

確定申告をしない、または申告期限が過ぎてから申告をすると、無申告加算税や延滞税などが本来支払う所得税に加算されてしまいます。

【関連記事】
副業所得が20万円以上なら確定申告は必要?申告しなかった場合のペナルティについても解説

体調とスケジュール管理をしっかり行う

副業はあくまでも本業の空き時間に行う仕事です。本業の就業時間に副業の仕事をして業務を疎かにしてしまったり、体調を崩したりしないような自己管理が大切です。

特にはじめて副業する人はキャパオーバーになりがちなので、副業をする際には仕事の優先順位と重要度を考慮し、無理のない範囲でスケジュールを組みましょう。本業と副業のバランスがうまく取れるようになると、収入を大幅に増やせる期待が高まります。

条件が過剰に良すぎる副業には安全に注意する

近年、SNSやクラウドソーシングサイトで多くの副業案件が募集されています。しかし、中には「空いた時間にスマホポチポチするだけで月収10万円」「未経験でも月10万円稼げる」などといった謳い文句で、仕事を募集している怪しい案件も存在します。

既にスキルがある場合は別ですが、副業でいきなり簡単に月収10万円ほど稼ぐことはまずできません。これらの甘い謳い文句は、マルチ商法だったり個人情報を抜き取ったりする目的がある可能性が高いため、注意してください。

業務契約を結ぶ

副業で仕事をする際、契約を結ばずに口約束で仕事を依頼されることもありますが、きちんと業務契約を結ぶようにしましょう。万が一契約を結ばずに仕事をしてしまうと、報酬未払いや音信不通などのトラブルがあった際に解決できません。

契約書を交わしていれば、書面に記載されていない依頼を回避できます。また不当な事象が発生した場合には法的手段を取ることも可能です。そのため、副業で仕事を請け負う際にはきちんと契約書を交わし、不利な条件が記載されていないか確認しましょう。

はじめての副業で契約書の確認に不安がある人は、契約関係のサポートも受けられるクラウドソーシングサイトの利用がおすすめです。ただし、報酬の支払い時に手数料が引かれる点にはご注意ください。

会社員におすすめの副業とは

会社員におすすめの副業は、6種類あります。

  • 民泊経営
  • コインランドリー経営
  • コインパーキング経営
  • コワーキングスペース経営
  • セミナー講師
  • NFT系副業

民泊経営

民泊経営とは、所有している宿泊スペースを貸し出す副業で、既に空き家や空き部屋を所有している人はすぐにはじめられます。宿泊スペースを所有していない場合でも、新しく賃貸することで用意できます。

民泊経営では、Airbnb・STAY JAPAN・エアトリ民泊といった民泊登録サービスを利用するのがおすすめで、初心者の方でも簡単に集客できます。

また、民泊新法の規定により、民泊経営をはじめる際には届出をしなければいけません。届出は各都道府県の自治体にて行い、必ず許可を得てから副業を開始しましょう。

民泊経営は本業との両立が比較的容易で、登録すれば予約を待つだけで良いため、収益を出しやすいことがメリットです。

コインランドリー経営

コインランドリー経営は、無人で稼働させられることから、本業を持つ会社員にもおすすめの副業です。最初に土地や設備を整えられれば、低いランニングコストで時間もかけずに経営できる特徴があります。

ただし、店舗の改修・駐車場の確保・マシンの設置など、約4,000〜5,000万円の初期費用がかかります。コインランドリーの営業を開始するまでに時間もお金も多く発生するので、ある程度の余裕がなければできません。

また、無人経営でトラブルが起こる場合も考えられるため、トラブル時の対応も事前に準備する必要があります。このようにハードルがやや高めのコインランドリー経営による副業ですが、上手くいけば月に50万円以上を安定的に稼げるため、大きな副収入を得たい人におすすめです。

コインパーキング経営

コインパーキング経営は、土地と設備を整えれば無人でも収益が得られる特徴があるため、コインランドリー経営と似ています。ただし、コインパーキング経営にかかる初期費用は、駐車場と料金支払いシステムを整えるくらいなので、約500万円前後と安く抑えられることがメリットです。

コインパーキング経営で重要なのは、安定的な利用者を獲得できる立地を見極めることです。交通量や人の流れ具合などを考慮して、収益が見込める適した立地を選ぶましょう。

はじめてコインパーキング経営をする人で運営に自信がない場合は、タイムパーキング・タイムズ24・三井のリパークといったパートナー会社と提携することがおすすめです。

手数料は引かれますが、ブランド力や駐車場経営の実績があるため、安心して任せられます。また、自宅の駐車場をそのまま貸し出せるakippaのようなサービスを利用することもおすすめです。

コワーキングスペース経営

コワーキングスペース経営は、空き部屋や賃貸した部屋を作業部屋として貸し出す副業です。ニーズに合わせて安定的な利用者を獲得できれば十分な副収入が得られるだけでなく、多くの人との交流ができる特徴があります。

コワーキングスペース経営をするには、貸し出す部屋とそのデザインや設備投資が必要になるので、約100〜1,000万円ほどの初期費用がかかります。ランニングコストは、月の賃貸・光熱費や導入しているウォーターサーバーなどの設備料金で済みますが、経営にかかるコストは高めです。

ただし、自治体によっては地域活性化のためにコワーキングスペースを開業する人に向けた事業再構築補助金などの制度を設けているところもあります。コワーキングスペース経営をめざす人は、開業する自治体の補助金・助成金制度にも目を向けてみましょう。

セミナー講師

セミナー講師は、企業や個人が主催しているセミナーに講師として参加することで、報酬がもらえる副業です。セミナー講師の仕事はSNSや募集サイトなどさまざまなところで募集されており、オフラインだけでなくzoomなどを使用したオンライン開催のセミナーもあるので、全国どこにいても講師の仕事ができます。

はじめてセミナー講師をする人はなかなか仕事の受注は大変ですが、ストアカ・講師派遣.net・日本プロフェッショナル講師協会のような、講師派遣サイトに登録することがおすすめです。

セミナー1回あたりの時間は約60〜90分ほどで、単価は1〜3万円ほどとさまざまです。最初のうちは低い単価になることが多いですが、そもそも人に教えることが好きだったり、これまで専門的なスキルを磨いてきたりする人には、セミナー講師が向いています。

NFT系副業

NFTとは非代替性トークンと呼ばれるもので、自身のNFT作品をNFTマーケットプレイスで販売することで利益が得られます。ブロックチェーンを活用した最新のIT技術で、NFTは今特に注目が集まっています。

NFT系の副業には、NFTゲーム・NFTアート・仮想通貨取引などがあり、これらをCoincheckや楽天NFTのようなマーケットプレイスで売買する仕組みの副業です。

NFTはまだあまり一般的に広く浸透していないため取りかかりにくいかもしれませんが、実は誰にでもはじめられる副業の一つです。今後さらに市場が盛り上がりを見せることが予想されるため、今のうちからはじめてみると良いでしょう。

本業のすきま時間にできるおすすめの副業

本業のすきま時間にできる副業としておすすめなのが、以下の4種類です。

  • アフィリエイト
  • Web広告
  • ネットショップ
  • フリマアプリ

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分が運営しているブログ・ホームページ・メールマガジン・SNSなどで商品を紹介し、ユーザーが広告主の商品ページに遷移して商品を購入すると、報酬が発生する成果報酬型広告です。

アフィリエイトを始めるには、ブログやSNSなどの紹介する媒体を用意する必要があります。ブログやホームページなどは自分で作成することも可能ですが、livedoorブログやはてなブログのようなブログサービスなら、誰でも簡単に自身のページを解説できます。

SNSのフォロワーが多い人は、多くのユーザーに紹介ページを見てもらえるため、TwitterやInstagramにアフィリエイト広告を掲載するのがおすすめです。

また、アフィリエイトで収益を出すためには、読者に購入したいと思わせる文章力や企画力、この人がおすすめするなら購入しようと思わせるセルフプロモーションが重要です。運営をはじめた頃はアクセス数も少ないため、月1,000円未満の報酬になることが大半ですが、アクセス数が上がると10,000円以上稼ぐこともできます。

これからアフィリエイトを始めたい人は、無料で開始することができるA8.net・Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトを利用するのがおすすめです。

Web広告

Web広告は、Google Adsenseなどが配信する企業の広告用バナーなどを自身のブログやホームページに掲載し、クリックやインプレッションが発生することで報酬が得られる副業です。

Web広告で報酬を得るためには、自身が運営しているブログやホームページのアクセス数が重要になります。アクセス数を増やすにはSEO対策をしたり、SNSを駆使してユーザーを集めるマーケティング能力が必要です。

これらのスキルは本業でも活かせることが多いため、お金を稼ぐだけではなく、自身のスキルアップにもつながります。

また、Web広告を開始するには、ブログやホームページを作成する必要があります。自分で作成するのが難しい場合は、はてなブログやlivedoorブログなどのブログサービスを利用すると、広告の設置も比較的容易にできます。

これからWeb広告を始めたい人は、Googleが提供しているGoogle Adsenseや、マイクロアドが提供するMicroAdに登録しましょう。

ネットショップ

ネットショップで行う副業は、自分でネットショップを開設して商品を販売することで報酬が得られる仕組みです。

ネットショップは、必要な情報を入力するだけで誰でも簡単に開設できるため、比較的はじめやすいことが特徴です。商品を登録したら、購入や問い合わせが来るまで作業が発生しないので、本業が忙しい会社員にも向いています。

ただし、ネットショップでは商品を直接見たり触ったりできないため、多くの商品情報や写真を掲載することが重要で、売上を伸ばすためには以下のように継続的な工夫が必要です。

  • SNSで魅力を発信し、自分のファンを獲得する
  • 魅力的に写る商品画像を掲載する
  • 商品を欲しいと思ってもらえる紹介をする

これからネットショップで副業をしたい人は、BASEやSTORESなどのネットショップ作成サービスを活用しましょう。開業届を提出している場合は、Amazonや楽天などのECモールに出店する方法もおすすめです。

フリマアプリ

フリマアプリは、不要になった洋服や家具などを出品して販売するサービスです。商品の写真をスマホで撮影をして、アプリ上から必要項目を入力するだけで簡単に出品できます。

購入率を高めるために商品の平均価格を考慮した値段設定や、ほかの出品者よりも魅力的に商品を見せる努力が必要ですが、比較的手軽な副業といえるでしょう。

ただし、配送を自分で行う手間は発生してしまいます。平均報酬は月に10,000円前後ですが、フリマアプリは出品者と価格交渉が行われるカルチャーがあることに留意しましょう。

報酬(売上)は、出品した商品が購入されたあと、アプリ上で振込申請を行うと登録した銀行口座に現金が振り込まれます。はじめてフリマアプリを利用する人は、メルカリ・ラクマ・PayPayフリマを使うのがおすすめです。

初心者でも始めやすいスキル不要の副業

スキル不要で初心者でも始めやすい副業は、以下の5種類です。

  • データ入力
  • ネットショップの出品代行
  • 配達・デリバリーパートナー
  • 覆面調査(ミステリーホッパー)
  • 単発・短期アルバイト

データ入力

データ入力は、主に顧客データ・商品データ・セミナーなどで集めた手書きのアンケートなどを、エクセルなどのソフトに入力する仕事です。タイピングができたほうがより多くの案件をこなせますが、特にスキルを求められることはありません。

入力完了までの期限が決められていることがほとんどですが、比較的自分のペースで作業することができるため、会社員にもおすすめの副業です。

仕事の単価はあまり高くはありませんが、働いた時間分の報酬をもらえる時給制だけではなく、入力文字数などに変動する成果報酬制を採用している案件もあります。働き方次第で1万円から5万円程度の報酬を得ることが可能です。

データ入力の副業をしたい人は、クラウドワークス・ランサーズ・shuftiなどに登録し、案件を探しましょう。

【関連記事】
在宅の副業で人気!データ入力のお仕事とは?収入、時間、必要なスキルを解説

ネットショップの出品代行

メルカリなどをはじめとした、近年ネットショッピング市場が拡大しており、ネットショップを開設する企業も増加しました。それに伴って、ネットショップの出品作業を委託する案件も増えています。

出品代行の作業内容は、発注元が指定した商品画像・商品名・商品説明などをネットショップの管理画面に登録するものです。登録内容は自分で考える必要がなく、ほとんどの場合が提供された情報をそのまま転記するだけなので、パソコン操作ができれば誰でも簡単にできます。

データ入力と同様にスキルを必要としない業務となるので、単価はそこまで高くはありません。ただし、作業時間にもよりますが、数をこなすことで1万円から5万円程度の報酬を得ることができます。スムーズに作業が進められるようになれば、作業負荷も軽くなるため、会社員でも始めやすい副業といえます。

データ入力の副業をしたい人は、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスに登録して探してみましょう。

配達・デリバリーパートナー

新型コロナウイルス感染症により、フードデリバリーの需要が高まっています。自転車やバイクなどの移動手段を用意すれば、空いた時間にいつでも働けます。 土日の空いた時間や平日の本業終了後など働く時間を自分で選べるので、会社員でも副業として気軽に始めやすいです。

フードデリバリーで得られる報酬は配達件数によりますが、時給1,000円から2,000円程度です。配達・フードデリバリーの副業をしたい人は、Uber Eats・Wolt・menu・出前館などに登録してみましょう。

【関連記事】
軽貨物ドライバーとして働くには?仕事内容や働くための要件について解説

覆面調査(ミステリーホッパー)

覆面調査(ミステリーホッパー)とは、一般の消費者としてサービスの利用をしたり飲食店のレポートをしたりして、発注元へ提出する仕事です。提出されたレポートは、自社店舗のサービスの質を向上させるなどの目的に使用されます。

報酬は金銭ではなく、調査した飲食店の飲食費が半額になるようなケースが多く、調査内容によって報酬の内容も変わってくるため、事前に確認するようにしましょう。土日やランチ時間でできるため、本業が忙しい会社員でもすきま時間を有効に使えます。

覆面調査の副業をしたいという人は、スマモニやファンくるなどのサービスに登録しはじめましょう。

単発・短期アルバイト

単発・短期アルバイトの案件は、現在多く出回っています。土日や朝・夜の時間だけ働ける仕事もあるため、比較的はじめやすい副業です。

単発・短期アルバイトには、時給式で店舗のスタッフとして働く仕事もあれば、内職・在宅ワークのような成果報酬型の仕事もあります。働いた分だけ稼げる仕組みなので、体力と時間がある人にとっては稼ぎやすいでしょう。

単発・短期アルバイトをはじめるには、Timeeやバイトルなどのアルバイト募集サイトで案件を探すことがおすすめです。

スキルを生かした在宅でもできるおすすめの副業

資格やスキルを必要としている副業は、報酬額も高額なケースが多くおすすめです。具体的には、以下のような仕事があります。

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • プログラマー
  • 動画編集
  • 翻訳
  • スキル販売

Webライター

Webライティングの仕事は、Webメディアや企業ブログなどに掲載する記事の執筆をする業務です。クラウドワークスやランサーズなどの、クラウドソーシングで仕事を受注するケースが多く、1文字の単価が決められている文字単価式や1記事ごとに単価が決められている記事単価式で報酬が決まります。

Webライティングの発注内容は、Googleなどの検索エンジンで検索上位に上げることを目的としていることがほとんどであるため、SEOについて知識を身につけておきましょう。

また、Webライティングの仕事は学習コストが低く、終業後や土日を利用して作業できるため、会社員にもおすすめの副業です。専門的な記事の執筆になると1文字単価が高くなるため、自身のスキルを活かした案件を選ぶことで報酬も高くなります。

Webデザイナー

Webデザイナーは、コーディングやプログラミングを行わず、デザインのみを請け負う仕事です。プログラミングよりも学習コストが低いため、未経験の会社員でも比較的チャレンジしやすい領域です。

近年では、コーディングなどを必要としない、ノーコードによるホームページ制作も一般的になってきました。そのため、プログラミングスキルがないWebデザイナーだけでホームページを制作できるため、活動の幅が広がってきています。

Webデザインだけの報酬は、数万円から数十万円ほどですが、ノーコードでホームページ制作まで行うと100万円規模の報酬を得ることも可能です。Webデザインの仕事は知人からの紹介などでも受けられますが、クラウドワークスなどのクラウドソーシングからも受注できるため、まずは登録しておきましょう。

プログラマー(プログラミング)

プログラマーは、企業から依頼されたシステムを開発する仕事です。プログラマーの需要は高く副業でも携われる仕事は多いですが、開発言語によって案件にばらつきがあります。

プログラマーは需要も報酬も高い仕事ですが、学習コストが高いことや、開発したシステムに問題が発生した際の解決力や経験が必要となるため、現役プログラマーの会社員以外には手を出しにくい副業です。

また、報酬は時給で決められていることが多く、平均単価は1時間3,000円前後です。人脈がない場合でもシューマツワーカーなどのマッチングサイトに登録しておくと、比較的簡単に仕事を受注できます。

動画編集

SNSやYouTubeを利用した動画マーケティングを行う企業が多くなったことで、動画編集者の需要も高まっています。

動画編集の案件は、すでに編集された動画にテロップを入れるだけの業務から、素材をもらって一本の動画を完成させる業務まで幅広いです。ほかにも、イラストを使用したアニメーション動画などの作成や、動画撮影から携わる仕事などもあります。

テロップを入れるのみなどの単純な業務は報酬も安価ですが、動画時間が長いものやアニメーション動画の作成など、専門スキルがより必要になる案件ほど報酬は高くなります。

動画編集は、ほとんどのケースで納期が決められており、作業時間が長くなる場合もあるため、依頼内容をよく確認して本業に影響が出ないようなスケジュール管理も必要です。

動画編集の仕事を探すなら、クラウドソーシングを利用するのがおすすめです。また、オリジナル動画を自分で作成してSNSで発信することで、企業から直接依頼をもらえる可能性もあります。

翻訳

翻訳は、自身の語学力を生かせる副業で、求人サイトやクラウドソーシングから案件を探せます。翻訳の内容は英語だけではなく、中国語やフランス語など幅広い仕事があります。

翻訳による報酬は時給単価が3,000円以上の案件も多く、既に語学力がある人は稼げやすいことがメリットです。ただし、これまでの実績などを求められる場合が多いため、語学力はあっても翻訳の仕事が未経験の人には難しいかもしれません。

また、求人サイトで募集されている翻訳業務は在宅勤務が不可だったり、勤務時間が定められていたりするなど、ダブルワークに向かない募集もあります。

最初は単価が少し落ちてしまうかもしれませんが、クラウドワークスなどのクラウドソーシングを利用して、実績を作ることがおすすめです。

スキル販売

スキル販売とは、自分の特技やスキルを売買できるサービスに登録して販売できる副業です。たとえば、デザイナーは名刺やチラシのデザイン、エンジニアはホームページ制作、イラストレーターであればキャラクターデザインなど、自分が得意としているスキルを出品できます。

ただし、同じスキルを出品している人もいるので、購入してもらうために自分の魅力を伝えるためのポートフォリオなどで、実績紹介をする必要があります。

会社員の場合、依頼内容によってはスケジュールがタイトになってしまうこともあるため、本業へ影響が出ないように注意が必要です。これからスキル販売をしたい人は、ココナラやクラウドワークスで販売してみましょう。

趣味を生かしたおすすめの副業

自分の趣味を生かして報酬が得られる副業には、以下の6種類があります。

  • 写真/動画販売
  • イラストレーター
  • SNS(インフルエンサー)
  • ライブ配信・ストリーマー
  • オリジナルグッズの販売
  • 農業・酪農

写真/動画販売

自分が撮影した写真や動画の素材をストックフォトサービスで販売すれば、副業として報酬が得られます。ストックフォトはプロカメラマンだけではなく、趣味で写真撮影をしている人でも利用できます。

ストックフォトは、写真や動画のサイズに応じた金額が設定されており、売上から手数料を差し引いた金額が報酬になる仕組みです。

確実に報酬を増やせる副業とはいえませんが、趣味を副業にしたいと考えている場合は、時間や働く頻度などを自分でコントロールできるため、会社員でも少ない負担ではじめられます。

ストックフォトで高い報酬を得るためには、ニーズのある写真を撮影することと掲載数が重要です。最初から高い報酬が得られる可能性は低いですが、ストックが貯まることで毎月安定した報酬をめざせます。

イラストレーター

イラストレーターは、SKIMAやココナラなどのマッチングプラットフォームに登録して、購入者の要望に沿ったイラストを描くことで報酬が得られます。プロのイラストレーターでなくてもイラストの需要は高いため、趣味の延長で報酬を得られるのがメリットです。

また、マッチングプラットフォーム以外にもTwitterやInstagramで自身の作品を公開していると、直接イラスト発注が来る場合もあります。イラストを描くのに時間があまりかからない場合は、会社員でもすきま時間に利益が得られます。

SNS(インフルエンサー)

SNSで影響力のあるアカウントになるのは、芸能人や著名人だけではありません。一般の会社員・主婦・学生などの人でもインフルエンサーになることは可能です。

たとえば、趣味・料理レシピ・カフェやグルメの紹介など、ジャンルに特化した投稿をすることでコアなファンがフォローしてくれます。ファンやフォロワーが多いアカウントになると、投稿するジャンルに関連した企業からPR依頼がくることがあります。

PRの依頼をもらうには、企業とインフルエンサーをマッチングするAndBuzzやSPIRITなどのサービスに登録して、声をかけてもらう確率を高めることがおすすめです。ただし、フォロワーが増えないと収益を得られず、コツコツとSNSを更新してまずはフォロワー獲得することが重要です。

また、会社員の場合は身分をどの程度明かすかにも注意が必要になります。身分を明かす場合は、事前に会社の就業規則や副業に関するルールについて確認しましょう。

ライブ配信・You Tube配信・ストリーマー

ライブ配信やYou Tube配信の副業は、動画閲覧数に応じた広告費や、動画を観たリスナーからの投げ銭やギフトが報酬となります。ただし、ライブ配信で報酬を得るには、たくさんのリスナーに動画を観てもらう必要があるため、最初から報酬を得るのは難しいかもしれません。

しかし、人気ライバーになることで、本業以上の報酬を得られる可能性もあります。人気ライバーになるためには、日々の配信でファンを増やしたり、流行の話題を独自の視点で配信したりする差別化が必要です。

ライブ配信で報酬を得たい人は、YouTube・17LIVE・LIVEMUNEなどに登録して配信してみましょう。なお、会社員でライブ配信・ストリーマーになりたい人は、身分の公表の範囲について必ず事前に確認しましょう。

オリジナルグッズの販売

SUZURIやclubTなどのサービスを利用して、Tシャツ・帽子・スマホケースなどのオリジナルグッズを販売して売れると、報酬が得られます。グッズ購入時に注文数分を生産して直接購入者へ配送してくれる仕組みのため、在庫を持つ必要がなく配送する手間を省けるメリットがあります。

このように、オリジナルグッズ販売は業務負荷のリスクが低いため、会社員でもはじめやすい副業といえます。ただし、オリジナルグッズを販売している人は多くいるので、高い報酬を得るにはマーケティング力も必要です。

ブログ

ブログの購読課金モデルを利用することで、ブロガーとして副業収入を得ることが可能です。読者が定期的に支払いをすることで、独占的なコンテンツや特典にアクセスできるのがメリットです。

ブログのファンを獲得できれば、安定的に収入を得ることができます。また料金設定も自分で選ぶことができるのもメリットです。オリジナル性の高いコンテンツや専門性の高いコンテンツが求められるので、収益化するまでに時間がかかる可能性があります。

農業・酪農

農業や酪農は労働力不足の背景から、近年副業として広がりはじめています。各自治体が協力してくれることが特徴で、基本的に副業は禁止の公務員でも農業・酪農は例外的にはじめられます。

毎日世話をする必要があり多くの時間や体力が求められますが、美味しい作物ができれば高い利益が得られることがメリットです。特に知り合いに農家がいる人や農業が盛んな地域にお住まいの人は、農業・酪農で副業するのはおすすめです。

スマホでできるおすすめの副業

スマホがあれば、通勤時間・昼食の休憩時間・家に帰ってからの空き時間を活用して、気軽に副業ができます。特におすすめなのが、以下の3種類です。

  • アンケートモニター
  • ポイントサイト
  • フリマアプリ

アンケートモニター

アンケートモニターの仕事は、Webサイトやアプリのアンケートモニターサービスに登録されているアンケートに答えることで、報酬を受け取れる仕組みです。

アンケートモニターでポイントを貯めると、電子マネー・ギフト券・現金などに交換できます。アンケートモニターの報酬は月1,000円から5,000円程度が平均で、初心者でもはじめやすく手軽にできる副業ですが、高額報酬は稼ぐことは難しいでしょう。

ポイントサイト

Webサイトやアプリなどのポイントサイトを経由して会員登録やショッピングをすると、ポイントを貯められます。貯まったポイントは、電子マネー・ギフト券・現金に換金できるので、何か買い物やサービスを利用する際にはポイントサイトを確認すると良いでしょう。

ただし、ポイントサイトで得られる報酬の平均は月に10,000円前後であるため、高額な報酬は期待できません。

女性におすすめの副業

女性だからこそできるおすすめの副業には、以下の7種類があります。

  • ベビーシッター
  • ペットシッター
  • ネイリスト
  • 美容モニター
  • コールセンター
  • ハンドメイド作品の販売
  • 家事代行サービス

ベビーシッター

ベビーシッターとは、依頼者の代わりに乳児・幼児・小学生などの子どもを預かる仕事です。幼児の場合は、ミルクや哺乳食を食べさせたり寝かしつけやおむつ交換したりなど、一連のお世話をします。

ベビーシッターの仕事に資格は不要ですが、認定ベビーシッター・保育士・幼稚園教諭・看護師などの資格があると信頼度が上がり、より報酬を得やすくなります。

ベビーシッターの一般的な時給は1,200円程度で、派遣会社やアズママなどのマッチングサイトに登録することで簡単にはじめられます。マッチングサイトを利用する場合は、自分が稼働できる時間帯を設定できるため、会社員が終業後に副業することも可能です。

ペットシッター

ペットシッターは需要が高まっている仕事であるため、動物が好きな女性には大変おすすめの仕事です。ペットシッターの仕事内容は、まず依頼を受けたご家庭にお伺いし、餌やりや散歩など全般的なお世話を行います。

時給はおよそ2,000円〜3,000円ほどで、一般的なアルバイトよりも高い報酬が得られることがメリットです。これからペットシッター副業をはじめる人は、ペットシッターSOSや日本ペットシッターサービスなどに登録し、仕事を獲得しましょう。

ネイリスト

ネイリストは、資格が不要で週末だけ働くこともできるため、女性におすすめの副業です。 働く場所はネイルサロンが一般的ですが、副業でネイリストをしている人の中には、自宅にお客様を招いて行う場合や、お客様の自宅に出張して行う人もいます。

残業などがない職場であれば、終業後に営業することで一定の利益が期待できます。また、ネイルチップを自作して、ネットショップで販売することも可能です。人気のネイリストになれば、副業だけで月収10万円ほどの収入も稼げるでしょう。

美容モニター

美容モニターは、コスメやメイクアップ商品を利用した感想を提出する仕事で、美容への関心が高い女性におすすめの副業です。美容モニターは、美トリ・ファンモニ・ヴィーナスウォーカーのようなモニターサイトに登録することではじめられます。

これらのサイトに登録すれば、多くの美容モニター案件が紹介されているので、まずは気になる案件に応募しましょう。案件に当選すればモニターとして認められ、仕事がもらえる仕組みです。

美容モニター案件の報酬は1つ約数千円程度で、多くの案件をこなすことで得られる収入も増やせます。

コールセンター

コールセンターは正社員以外にも業務委託でできる仕事なので、比較的副業にしやすいことが特徴です。本業と掛け持ちで働いている人も多く、自分の働ける時間にシフトを調整できるメリットがあります。

報酬は基本的に一般的なアルバイトの時給と変わりませんが、自宅でできる案件もあるため空いた時間に取り組みやすいでしょう。また、コミュニケーション力がつく仕事でもあるので、人と話すことが得意な人には向いています。

ハンドメイド作品の販売

自分が作った洋服・アクセサリー・雑貨などのハンドメイド作品は、自分でネットショップを開設して販売できます。minneやCreemaなどのハンドメイド作品を販売するプラットフォームを活用すると、初心者でも購入されやすくなりおすすめです。

さらに、自分のネットショップとInstagramを連携させて、Instagram上で購入までつなげる方法もあります。商品だけではなく、自身がクリエイターとして人気になれば売上は上がりますが、ライバルが多いためマーケティング能力も必要です。

会社員の場合は終業後に製品制作・マーケティング・宣伝などを行わなければならないため、一定の利益を得るには相当の労力がかかることが想定されます。

家事代行サービス

家事代行サービスとは、依頼者の自宅へ行って依頼内容をもとに家事をする仕事です。家事代行には資格は必要ありませんが、掃除・整理整頓・料理などのスキルが大切になります。

時給は1,000円から2,000円と比較的高額に設定されているため、家事が好きな人で時間が取れる場合は高額報酬が期待できるでしょう。ただし、家事代行サービスの営業時間はほとんどが日中であるため、会社員は土日祝しか働けないケースが多いです。

家事代行の副業をはじめたいという人は、ベアーズやCaSyなどに登録して求人を探してみましょう。

投資によるおすすめの副業

投資は正式には資産運用に該当するため、副業ではありません。副業禁止の会社に勤めていても、資産運用の投資は大丈夫なケースがあります。投資では本業以外の報酬を得られ、以下のような投資の種類がおすすめです。

  • 株式投資
  • 不動産投資
  • FX

株式投資

株式投資とは、上場企業の株式を購入して、配当金や持株を譲渡することで利益を得る資産運用方法です。株式投資は、初期投資として最初に株式の購入が必要ですが、少額投資非課税制度のNISAを利用すれば少額投資も可能で、大きな金額を用意しなくてもはじめられます。

また、NISAは得られた利益の税金を非課税にできるため、はじめて株式投資する人にもおすすめです。しかし、株式は日々変動するため、購入時よりも評価額が落ちてしまうリスクには注意してください。

不動産投資

不動産投資は、購入した物件を第三者に貸し出して家賃収入を得たり、売却時の差額で利益を出したりして資産を増やす投資方法です。

不動産は価格が変動しにくいため、購入時よりも価値が大幅に下がるリスクはまずありません。また、好立地の物件を所有することで、空室のリスクを軽減して安定した報酬を得られるでしょう。

ただし、不動産投資は初期投資が大きく、維持費も必要となってきます。また、借り手がなく空室になると利益は得られないため、リスクを考慮して慎重にはじめる必要があります。

FX

FXは、異なる2つの外国為替を交換して生じる差額で利益を出す投資方法です。スマートフォンで簡単に取引を行えるため、会社員にも気軽にチャレンジしやすいことや、少額投資ができるメリットがあります。

また、FXの特徴として、レバレッジという自分が持つ資金以上の金額を取引できる仕組みがあります。ただし、レバレッジは成功すれば大きな利益を得られますが、もし失敗すると多額の損失を出す可能性があるため注意しましょう。

そのためFXは、しっかりと勉強をしてメリットとデメリットを理解してからはじめましょう。

【関連記事】
FXで損失があっても確定申告は必要?確定申告をする条件やメリットについて解説

まとめ

副業は、自分自身の能力や活用できる時間などの条件を考慮してはじめることがおすすめです。会社員であれば、本業がおろそかにならないようなコインパーキング経営やアフィリエイトのような仕事がおすすめで、スキルがある場合には翻訳やプログラマーとして仕事するのも良いでしょう。

また、女性ならネイリストや美容モニターなどの仕事もはじめられるので、まずは自分に合った副業を見つけることが重要です。ただし、会社の就業規則や確定申告の有無など、事前に確認しておくべき点もあるため、副業をはじめるには準備をしっかりと行ってください。

よくある質問

副業は会社にばれる?

副業禁止の会社で副業をはじめると、会社にばれた時に評価が下がったり処分を受けたりするリスクがあります。ただし、副業禁止の会社で副業がばれても、法律的に違反となるわけではありません。

詳しくは記事内「本業の就業規則を確認する」をご覧ください。

女性におすすめな副業は?

女性におすすめな副業には、ペットシッターやネイリストなどの仕事があります。自分の趣味や経験を活かして働けるため、まずは自分に向いている仕事を探すと良いでしょう。

詳しくは記事内「女性におすすめの副業」をご覧ください。

副業をする際に気を付ける点は?

副業をはじめてする人は、本業がおろそかにならないようなスケジュール管理に気をつけることが重要です。また、年間所得が20万円以上になると確定申告が必要になるなど、多くの点に気をつけなければいけません。

詳しくは記事内「会社員が副業する際に気を付けるべきこととは」をご覧ください。

開業書類はfreee開業でカンタン・無料作成!

freee開業は開業に必要な書類を無料でかんたんに作れるサービスです。必要な項目を埋めるだけなので最短5分で正確な書類が完成します。マイナンバーカードがあればスマホからでも提出が可能!作成から提出までの工数を大幅に削減できます。