副業の基礎知識

在宅でできる副業とは?未経験から専門職までご紹介

最終更新日:2021/02/02

在宅でできる副業とは?未経験から専門職までご紹介

通勤の必要がなく、自宅にいながら自分のペースでできる在宅の副業は、会社員の方にとっても、小さなお子さんがいらっしゃる主婦の方にとっても魅力的ではないでしょうか。

副業で大切なことは、本業に影響が出ないようにすきま時間をうまく活用することです。また、収入額によっては確定申告が必要になる場合があります。

この記事では、未経験からでも始められる仕事や専門知識を活かした仕事まで、在宅でできる副業の代表例を紹介します。また、副業を始める際に知っておくべき注意点なども詳しく解説します。

目次

在宅でできる副業のメリット

副業をすることで本業の給与とは別に収入を増やすことは最大の魅力です。未経験でもできる簡単な作業だと報酬が安いことが多いですが、時間給ではないのでやればやるだけ収入は増やすことができます。

在宅でできる副業はクラウドソーシングサイトを活用した仕事が多く、PCとネット環境があればすぐに開始できます。就業時間がなく、空いた時間を使って作業をすすめることができるので、副業が初めての方も挑戦しやすいでしょう。

在宅の副業だとしても、普通の仕事選びと同じく、自分の特性に合った副業を選ぶことが大切です。在宅の副業の多くは、一人でコツコツと作業を進めなければならないものが多いため、自分に合った仕事でなければ続けるのが難しいためです。

未経験でもできる在宅の副業

まずは、未経験でもできる在宅の副業についてご紹介します。前述のとおり、未経験でもOKの場合は報酬単価や時給は低めに設定されていることが多いです。

ポイントサイトを活用したポイ活

ポイ活とは、ポイントサイトを利用してポイントを貯める活動のことをいいます。貯まったポイントで日用品などを購入したり、現金や電子マネーに交換ができます。

企業がポイントサイトに掲載した広告からサービスを利用することでポイント還元される仕組みになっており、ネットショッピングやクレジットカードの発行など日常生活のあらゆる場面でポイ活をすることができます。

スマホでも簡単に始められるので、通勤時間などのすきま時間を有効活用できます。

アンケートモニター

消費者向けのサービスや商品を開発している企業は、ニーズを把握するためにアンケートモニターサイトを利用して市場調査を行います。そのアンケートモニターサイトに登録してアンケートや調査に参加することで謝礼をもらうことができます。

アンケートモニターサイトに登録するだけで始めることができ、スキルなども不要です。

フリマアプリ

メルカリなどのフリマアプリで不用品を販売し収入を得ることができます。衣類や家電などの不用品を販売して得た収入は非課税になるので確定申告の必要がありません。

※営利目的で販売している場合や、30万円以上する美術品などを販売した場合は確定申告の対象となります。
参考:e-GOV 法令検索「所得税法 第九条

誰でもスマホで簡単に出品ができるため、出品数はとても多いです。商品の写真を見栄え良く撮ったり、商品の状態について詳しく書いたりと、売れるための努力が必要です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、企業がインターネットを介して不特定多数の人に業務を委託することです。クラウドソーシングサイトのランサーズクラウドワークスに登録して、募集案件に応募すると、企業側でスキル面などを参考に応募者の中から選定します。

報酬額が高額な案件は専門的なスキルや経験が求められます。スキルを求めない文字起こしやデータ入力などの簡単な作業は募集こそ多いですが、未経験でも始められる作業が多いため、報酬額は安価なことが多いです。ですが、PCとネット環境が整っていれば在宅でも作業がでハードルは低いので、副業を初挑戦する方やすきま時間を有効活用したい主婦の方にもおすすめです。

未経験で在宅の副業を始める場合はすぐに大きな収入を見込むのではなく、まずは経験を積むことを第一に考えることがおすすめです。

専門知識を活かした在宅での副業

デザイン、プログラミング、ライティング、語学など、専門のスキルをお持ちの場合は単価を高めに設定して在宅で副業をすることができるでしょう。

Webライター

サイト上のコラムやメディアコンテンツ、商品の紹介などを書く仕事です。文字数で単価が決まっているため、長い文章になるほど報酬も高くなります。ライターになるための資格などはありませんが、文章力のほかに、検索順位で上位に表示されるためにSEOの知識や情報収集スキルなどが必要です。

未経験の方でライターを目指したい方は、口コミなどの文章が短い案件から挑戦してみるとよいでしょう。

Webデザイナー

Webデザイナーは需要が高く、さまざまな仕事があります。また、在宅でできる副業の中でも高単価な案件が多く、単発的な案件でも一定の報酬額は見込めます。

今まで携わった作品やサイトなどをまとめたポートフォリオがあると、自分のスキルをアピールでき、報酬交渉などにも役立ちます。Webデザイナーとして副業を検討している方は準備しておくとよいでしょう。

写真販売

写真販売はプロカメラマンでなくても、写真販売サイトで自分の作品を販売することができます。写真の売上の一部が撮影者の報酬となります。

趣味で写真を撮っている人におすすめの副業です。撮影するものによっては外に出る必要もありますが、販売サイトへの出品作業などは全て在宅でできます。また、データとしてずっと蓄積されるので、在庫を抱えることなく、出品数を増やし続けることができます。

翻訳

ライティングの一種に翻訳の副業もあります。記事の翻訳だけではなく、動画の日本語訳や観光パンフレットの翻訳など、副業の内容は多岐にわたります。専門性が高いほど報酬が高くなる傾向があります。語学力に自信のある方や資格のある方は副業におすすめです。

株・FXなどの投資

投資や経済・外貨に興味がある方、資金に余裕がある方は、株やFXも副業としておすすめです。ただし、株や為替は経済や世界の動きを常にチェックしていなくてはいけないため、継続的な勉強と情報収集が必要になります。

在宅で副業を行う際の注意点

会社員の方は「副業の所得が1年間で20万円を超えた場合」は確定申告をする必要があります。所得とは「売上-経費」のことです。例えば、売上が25万円あり、経費に3万円かかった場合、所得は差し引き22万円ですので確定申告の必要があります。

主婦の方の場合、年収103万円以下であれば確定申告の必要はありません。これには扶養控除が関わってくるので、詳細は「確定申告をする必要はある?結婚して専業主婦になった場合は」をご確認ください。

確定申告には青色申告と白色申告があり、節税効果が高い青色申告がおすすめです。場合によっては、還付金という形で確定申告後にまとまったお金が還ってくるケースもあります。

なお、青色申告を選択したい場合は、事前に青色申告承認申請書と開業届の提出が必要です。また、青色申告する場合も、白色申告する場合も、帳簿付けや経理作業が必要になります。

初めて確定申告される方は以下の記事も参考にしてください。

【関連記事】
【初めての確定申告(2021年提出)】確定申告とは?やり方や期限、スマホ対応について

もし副業したらどれくらいの税金がかかる?

すでに副業をしている方や、これから副業をしようと考えている方は、所得税や住民税、社会保険料がいくらになるのかを把握しておく必要があります。

また、同じ副業でも白色申告と青色申告の場合で納税額が大きく異なることもありますので、確定申告の際に慌てないためにも、一度無料診断をしてみるのが良いでしょう。確定申告ソフトのfreeeでは、登録不要で最短1分で税額を診断できる「副業の税額診断」を無料で提供しています。

副業の税額診断イメージ図

あなたの年収、副業の見込み年収、経費の割合を入力します。

診断結果イメージ図

納税額と青色申告・白色申告を簡単比較!副業をした場合の所得税や住民税、社会保険料が実際にいくらになるのかを確認することができます。