副業の基礎知識

複業とは?副業との違いやどんな働き方なのかを解説

複業という言葉、そして考え方をご存知でしょうか。働き方が多様化するにしたがって、複数の仕事をかけもちする複業家が増えています。仕事を複数持つことで、それぞれの仕事に良い影響を与え、収入のベースも一つにしぼられない点が魅力です。
本業のかたわら、空き時間や休日に行う「副業」とは違った働き方で、よりプロフェッショナル意識、時間管理能力が求められます。
今回の記事では、複業の定義から実際に複業をしている方の事例までをお伝えしていきます。

複業とは?副業との違いやどんな働き方なのかを解説

目次

複業と副業の違いとは

複業と同じ読み方に「副業」があり、はっきりとした区別がついていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。まずはこの2つの違いについて見ていきましょう。

副業とは?

副業とは、本業以外の仕事で収入を得ることです。雇用形態によってアルバイト、在宅ビジネス、内職などに分類されます。

これまで、日本では副業を原則として禁止する会社が多く、厚生労働省が定める「モデル就業規則」にも「原則禁止」との記載がありました。しかし、2018年1月、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成し、「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除。これを受け、副業を解禁する会社が少しずつ増えてきました。

複業とは?

複業とは字が表すとおり複数の仕事を持つことです。
副業と比較して、収入、要する時間、労力が大きく、限りなく本業に近い仕事といえるでしょう。本業を複数持っているとイメージしてもいいかもしれません。

本業の片手間で行うことが多い副業には、大きな責任が伴わないことも多いですが、複業の場合は限りなく本業に近く、プロ意識も高く持つ必要があります。

複業をする人が増えている?

ランサーズが2015年から実施している「フリーランス実態調査 2018年版」では、複業系パラレルワーカーの人口は290万人。2015年の人口は92万人だったので実に3倍に増加しています。

ちなみに、ランサーズが定義する複業系パラレルワーカーは「雇用形態に関係なく2社以上の企業と契約ベースで仕事をこなすワーカー」。自分のスキルや特技をいかしてフレキシブルなライフスタイルを実践するワーカーです。

実際に複業をしている方の事例

会計ソフトのfreeeが運営するパラキャリでは、企業に所属しながら自分の会社を経営する方や、肩書き・専門分野を複数持っている方など、複業家の方々へのインタビューを行なっています。こちらのメディアのインタビューから、複業の事例をいくつかご紹介します。

女優×フリーライター×スナックのチーママ、元アイドルのセカンドキャリア

女優として10代から数多くの連ドラやCMで活躍し、20歳でアイドルに転身。SDN48のメンバーとして活動した経歴を持つ大木亜希子さん。SDN48解散後は会社員生活を経て、現在は女優にフリーライター、そしてスナックのチーママという二足ならぬ三足のワラジを履いた生活を送っています。

女優×フリーライター×スナックのチーママ、元アイドルのセカンドキャリア

会社員×ライター×ママ トリプルキャリアに突入したロフトワーク石川真弓さん

株式会社ロフトワークに籍を置く石川真弓さんは、同社の正社員として働きながら、週に1日はフリーランスのライターとしても活動。本業と並行してもう一つの仕事を持つパラレルキャリアを、すでに4年以上に渡り実践しています。さらに2017年1月には第一子を出産。「子育て」という3つめの役割が加わり「トリプルキャリア」となりました。

会社員×ライター×ママ トリプルキャリアに突入したロフトワーク石川真弓さん

新しい知見・成長を求めて3社で働くエンジニア

freeeには正社員で働く傍ら、副業をしている社員がいます。その中の一人が、松崎啓治さん。freeeでエンジニアとして人事労務freeeの開発に関わるほか、ほかの会社からも案件を引き受けています。同じ職種の副業だからこそ気を付けているべき点や複業を始めた理由についてのインタビューです。

新しい知見・成長を求めて3社で働くエンジニア

複業のメリット

これまでみてきたように、複業をする方は増えており、その働き方は人それぞれ大きく異なります。しかし、いずれの働き方にも共通するメリット、デメリットがあります。ここからは、複業のメリットについてみていきましょう。まず、複業をするメリットには以下のようなものが挙げられます。

複数の仕事を経験できる

第一のメリットは、複数の仕事を経験できることです。先ほどの松崎さんの事例でもありましたが、一社に勤めていると自分のスキルの伸び悩みや知識の広がりに限界を感じることがあります。そういった課題を、複業で解決できることがあります。

また、単純に本業とは異なる仕事をするのが楽しい、というのもあるでしょう。

それぞれの仕事が良い影響を与え合う

本業とは異なるコミュニティに属することで、新たな人脈ができたり、全く新しいアイデアが生まれることもあります。
複数の仕事を持つことで、人生が豊かになったと感じる方もいらっしゃるようです。

リスクヘッジになる

先行きが不透明な時代だからこそ、仕事を複数持つことがリスクヘッジに繋がることもあります。万が一、勤め先が倒産してしまった場合や、一つの職種のニーズが大幅に下がったとしても、複数の仕事を持つことで、収入を分散することができます。

複業のデメリット

次に、複業のデメリットについてみていきましょう。

一つの仕事へのコミットメント度が低い

複数の仕事を持つ場合、その分かけられる労力や時間も分散されます。それが良い方向に働くこともありますが、一つの仕事にもっと熱中したい場合には、中途半端に感じてしまうようです。

自己管理能力が求められる

仕事を複数持つ場合には、一つ一つの仕事のバランスを取る必要があります。前述した、一つの仕事へのコミットメント度にも関係がありますが、どの仕事にどれくらい労力を割くか、自分自身で調整する必要があります。

複業を認めている会社が少ない

複業の考え方は少しずつ浸透してきていますが、それでもまだ複業を認める会社は多くありません。このため、複業をするためにはフリーランスにならないといけないケースもあるようです。会社員を続けながら複業したい場合は、複業OKな会社を探し出す必要があります。

フリーランスの複業家になるなら

会社が複業を認めていない場合、フリーランスとして独立し、複数の会社と業務委託という形で契約をする方法もあります。
実際に、Wantedlyなどの求人サイトでは、正社員募集だけではなく、業務委託の募集が多数あります。

正社員と比べるとフリーランスは保障が少ないのでは?という声に答えて、最近ではクラウドソーシングサイトのランサーズでが、Freelance Basicsという制度を作り、正社員と同様の待遇をフリーランスがを受けられる仕組みを作ろうとしています。

まずは副業から始めるのもあり

複業を認めていない会社も多いですが、最近は副業は認められるようになってきました。このため、まずは副業からはじめてみるのはいかがでしょう。
副業としてお金になりそうと感じたら、少しずつそれを大きくしていき、本業に近づけるのです。実際に、副業で始めたことが本業になった方も少なくありません。

確定申告はいくらから必要?

副業がOKだったとしても、事前に確定申告に関して知っておく必要もあります。現在お勤めの会社が副業NGの場合も、転職などで会社が変わる可能性もあります。副業に興味をお持ちの方は、確定申告について知っておいて損はありません。

まず、確定申告とは、ご自身の所得を計算し、税務署に納税額を自己申告する作業です。
会社員の方で「副業の所得が1年間で20万円を超えた場合」は確定申告をする必要があります。所得とは「売上-経費」のことです。売上が100万円あったとしても、経費に85万円かかっていれば所得は差し引き15万円になるので、確定申告は不要です。

もし副業したらどれくらいの税金がかかる?

すでに副業している方やこれから副業を考えていらっしゃる場合は、ご自身の所得税・住民税・社会保険料がいくらになるのか把握する必要があります。

また、同じ副業でも白色申告と青色申告の場合で大きく納税額が異なることもありますので、確定申告の際に慌てないためにも、一度無料診断をしてみるのが良いでしょう。確定申告ソフトのfreeeが無料で提供する「副業の税額診断」では、最短1分・登録不要で税額を診断することができます。

副業の税額診断イメージ図

あなたの年収、副業の見込み年収、経費の割合を入れるだけで…

診断結果イメージ図

納税額と青色申告・白色申告を簡単比較!

副業の税額診断はこちらから

まとめ

今回の記事では、複業と副業の違いについてや、複業のメリット・デメリットについてご紹介しました。複業のニーズは確実に増えており、柔軟な働き方の一つとして注目を集めています。今後、副業もしくは複業を考えていらっしゃる方は、実際にどんな働き方なのかや、税金のことについて知っておいて損はありません。

今回の記事を参考に、働き方だけではなく、複業家・副業家の方が知っておきたい税金の知識についても、把握しておきましょう。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

バックオフィス基礎知識