副業の基礎知識

副業の在宅ワークはどれくらい稼げるの?メリットや注意点も解説

最終更新日:2021/02/02

  
副業の在宅ワークはどれくらい稼げるの?人気の理由と注意点も

自宅にいながら、空き時間を活用してできる在宅ワーク。パソコンとインターネット環境があればできる仕事が多く、中にはスマホだけでできてしまうものもあります。時間も場所も問わずにできるため、隙間時間を利用して収入の足しにしたい方や、自宅で働きたい主婦の方に人気の働き方です。

今回の記事では、副業の在宅ワークの概要から、案件別の収入、在宅ワークをする上での注意点などを解説します。   

目次

在宅ワークとは?

在宅ワークとは、発注者から委託を受け、自宅で成果物の作成やサービスの提供を行う働き方をさします。具体的には、下記のような仕事があります。

<在宅でできる副業例>

  • 文書、データ入力
  • 設計、製図
  • デザイン
  • Webサイト制作
  • プログラミング
  • ライティング
  • 翻訳
  • リサーチ、分析

注文者と請負契約を結んで直接取引をする場合もあれば、ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトを通じて取引をするケースもあります。

副業の在宅ワークのメリットとは

副業で在宅ワークをするメリットには、主に以下のことが挙げられます。

<副業在宅ワークのメリット>

  • 自宅にいながら仕事ができる
  • PCとネット環境が整っていればできる仕事が多い
  • 自分のペースで好きな時間に作業ができる
  • 子育て、介護などをしながらでも作業ができる
  • 配偶者が転勤しても影響がない
  • 煩わしい人間関係がない

副業の在宅ワークは、本業や家事のすきま時間を利用して収入を増やせるのが最大の魅力です。会社員の方だけでなく、子育てや介護で忙しい主婦の方にも人気が高まっています。また、基本的に必要なものはPCとネット環境のみなので出費がなく、始められるのも魅力のひとつです。

在宅副業の仕事は納期を設けられることが大半です。期限を過ぎないようにスケジュールの管理や作業時間の確保は怠らないようにしておきましょう。

副業の在宅ワーク、報酬の目安は?

在宅ワークは仕事内容で報酬額が大きく変わります。基本的にはプロジェクト単位で報酬額が事前に決まっている場合と時給換算で稼働時間によって報酬額が変動する場合があります。

以下は在宅でできる副業の金額相場です。

仕事内容 単価・報酬額
データ入力 単純なコピー・ペースト作業:1件1,000円〜
データ収集・入力:1件2,000円〜
文字起こし 60分 2,000円〜
時間や話し手の人数によって変動
ライティング 1文字0.5円〜
既存記事の修正作業:1件400円〜
Webデザイン 店舗ロゴやチラシの作成:10,000円〜
動画編集:5,000円〜
企業HPの作成:20,000円〜
企業規模によって変動

Webデザインなどの専門知識やスキルを要する業種は需要が高く、報酬額も高い案件が多いです。また、依頼する企業の規模によってはホームページ作成で報酬100,000円以上の案件もあります。完成度の高さやスキルが認められれば、継続して依頼されることも多く、副業としてかなり収入アップが見込めます。

ほかにも在宅でできる副業を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】
在宅でできる副業とは?未経験から専門職までご紹介

副業を始める前に知っておくべき注意点

副業の在宅ワークを始める際は以下のことに気をつけるようにしましょう。

本業で副業が許可されているか確認する

まずは、自身の勤める会社が副業を許可しているのかを確認しましょう。会社によっては届出が必要な場合もあります。   

また、副業を開始してからは体調管理やスケジュール調整を徹底して本業に影響が出ないようにすることが大切です。

参考:厚生労働省「副業・兼業の促進に関するガイドライン

所得が年間20万円を超えたら確定申告が必要

会社員の方で「副業の所得が1年間で20万円を超えた場合」は確定申告をする必要があります。所得とは「売上-経費」のことです。例えば売上が100万円あったとしても、経費に85万円かかっていれば所得は差し引き15万円になるので、確定申告は不要です。

在宅ワークの場合、経費がかからない案件が多いです。自身の所得を把握して、必要であれば忘れずに確定申告をしましょう。

確定申告について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】
【初めての確定申告(2021年提出)】確定申告とは?やり方や期限、スマホ対応について

もし副業したらどれくらいの税金がかかる?

すでに副業をしている方や、これから副業をしようと考えている方は、所得税や住民税、社会保険料がいくらになるのかを把握しておく必要があります。

また、同じ副業でも白色申告と青色申告の場合で納税額が大きく異なることもありますので、確定申告の際に慌てないためにも、一度無料診断をしてみるのが良いでしょう。確定申告ソフトのfreeeでは、登録不要で最短1分で税額を診断できる「副業の税額診断」を無料で提供しています。

副業の税額診断イメージ図

あなたの年収、副業の見込み年収、経費の割合を入力します。

診断結果イメージ図

納税額と青色申告・白色申告を簡単比較!副業をした場合の所得税や住民税、社会保険料が実際にいくらになるのかを確認することができます。

まとめ

自宅にいながら、隙間時間やスキルを活用してできる在宅ワーク。収入の足しにしたい方や、これからのキャリアに活かしたい方には、とても魅力的な働き方です。
しかし副業で在宅ワークをする場合、どれくらいの時間をかけて、どれくらいの収入があるのかどうかをあらかじめ把握しておくことが大切です。
儲けた金額によっては、確定申告が必要なこともありますし、オーバーワークになってしまったら体調を崩してしまう可能性もあります。
今回の記事を参考に、副業の在宅ワークをスタートしてみてくださいね。