副業の基礎知識

副業でフリーランスになるメリット、注意点とは

2018年6月に働き方改革関連法案が成立しました。今後、ますます働き方について考える機会が増えそうです。特に「多様な働き方」について議論する過程で、「副業」への注目が集まっています。
副業は、個人にも企業にも多くのメリットがあります。個人にとってはスキルアップや満足度の向上、会社にとっては労働力の確保と優秀な社員の流出防止、社内の活性化など…。短期バイトもあれば、本格的にフリーランスとして副業している方もいらっしゃいます。

今回の記事では、副業とフリーランスについて詳しくご紹介していきます。働き方について考えを深めるきっかけにしていただけたらと思います。

目次

開業freeeバナー

副業とフリーランスの関係とは

副業を解禁する企業も徐々に増え、会社員として働きながらフリーランスとして働く人も増加してきました。副業としてフリーランスの仕事をしたい場合、どうすれば良いのでしょうか。

フリーランスとは

副業とフリーランスの関係について考える前に、そもそもフリーランスとはどんな人を指すのかをご紹介します。フリーランスとは、会社や組織などに所属せず、仕事ごとに契約をするプロフェッショナルを指します。代表的な職種にはライターやカメラマン、デザイナー、プログラマーなどがあり、最近ではマーケターや広報などビジネス系の職種も増えてきました。このことから、自分の才覚・スキルで仕事をしている人と言ってもいいでしょう。

2018年1月30日の日本経済新聞の記事によると、フリーランス(freelance)の語源は中世ヨーロッパにまでさかのぼります。フリー(free)は自由、ランス(lance)は騎兵が使う槍の意味。かつて「フリーランス」は主君を持たず、自由契約にもとづいて戦う騎士を意味していました。特定の会社・組織に属さない自営業・個人事業主を指すこの呼び名には、たくましい槍兵の意味が込められているのです。

副業フリーランスとは

ランサーズが2015年から実施している『フリーランス実態調査2018年版』によると、2018年にフリーランスの経済規模は20兆円を突破しました。これは日本全体の給与支払い額の10%を占めており、無視できない規模に成長していると言っていいでしょう。

また、ランサーズが定義するフリーランスは「副業系」「自営業系」「複業系」「自由業系」の4種類。その中でもっとも人数が多く、経済規模も大きいのが「副業フリーランス」です。副業フリーランスは、企業に常時雇用されながらも終業後や休日を活用してフリーランスとして活動している人のことをいいます。副業フリーランスは454万人にものぼり、経済規模はこの4年で3倍、8兆円に近い規模になりました。

副業フリーランスのメリットとは

なぜこんなにも副業フリーランスの規模が拡大しているのでしょう。それには、副業でフリーランスになることの大きなメリットが関係しています。

副業フリーランスのメリット1:収入がアップする

副業が注目を集める前から、「副業」といえば収入アップが魅力でした。特に本業での給与が伸びない場合、副業をすることで月に数万円でも収入をアップさせることができます。

副業フリーランスのメリット2:スキルアップに繋がる

また、一社にずっと勤め上げているとその会社独自のルールややり方は身につきますが、それが他の会社で通用するとは限りません。副業で普段と異なる人・取引先と仕事をすることによって、気づきや学びを得ることができます。

転職が一般的になった現代では、定年までずっと同じ会社に勤めるとは限りません。万が一、転職や退職の必要から会社を辞める場合、他の会社で通用する人にならなければ非常に危険です。副業をすることでビジネススキルやコミュニケーションスキルを向上させるのは、リスクヘッジにもなるでしょう。

副業フリーランスのメリット3:働き方への満足度が上がる

フリーランス実態調査2018年版』によると、フリーランスで働く人の仕事に対する満足度は、ノンフリーランスに比べて高い数値を示しています。特に、「自由である」は73%、「仕事に熱心である」の項目では60%もの人が前向きな回答をしています。

これは、働き手だけではなく雇用側としてもプラスになります。仕事に対する満足度が上がることで、本業にも良い影響を与えるでしょう。会社によっては、副業での繋がりやスキルを本業に活かしている社員もいるそうです。満足度が上がることで、離職率が低下したという事例もあります。

副業フリーランスの注意点

このように大きなメリットがある副業フリーランスですが、デメリットや注意点もあります。

副業フリーランスの注意点1:本業を優先すること

副業とフリーランスには様々な違いがありますが、その一つに「働き方」があります。
専業フリーランスの場合、契約内容にもよりますが、納期と質を担保できていれば仕事の時間は自由に決められます。

一方で、会社員の副業はあくまで「副」業。本業があってこそのものです。このため、副業は本業で定められた時間以外に行うことが大原則です。

副業が認められている会社でも副業をする条件として「時間や業務内容が本業に影響がない範囲で行うこと」と就業規則に定められているところがほとんどでしょう。

副業フリーランスの注意点2:自己管理能力が問われる

副業をするということは、余暇の時間を削って働くということでもあります。このため、身体を壊さないか、ストレスはたまらないかなど、自己管理を今まで以上にする必要があるでしょう。

副業を始めたために身体を壊してしまい本業に影響が出ては本末転倒です。また、本業が忙しくなったからと、途中で副業を投げ出すわけにもいきません。副業を始める前に、本当に始めても大丈夫か自分の仕事スタイルや生活スタイルを一度見直してみましょう。

副業フリーランスの注意点3:所得が20万円を超えたら確定申告

最後は税金面での注意点です。副業の所得が年間20万円を超えたら確定申告をする必要があります。確定申告とは、1月1日から12月31日までの所得を計算・申告し、納税する作業です。

所得とは、総収入から諸経費を差し引いた金額です。30万円分稼いでも経費に20万円かかっていたら所得は10万円になるので確定申告の必要はありません。副業がうまくいって稼いだ場合、もしかしたら本業の分に加えて納税義務が発生するかもしれません。

もし副業したらどれくらいの税金がかかる?

すでに副業している方やこれから副業を考えていらっしゃる場合は、ご自身の所得税・住民税・社会保険料がいくらになるのか把握する必要があります。

また、同じ副業でも白色申告と青色申告の場合で大きく納税額が異なることもありますので、確定申告の際に慌てないためにも、一度無料診断をしてみるのが良いでしょう。確定申告ソフトのfreeeが無料で提供する「副業の税額診断」では、最短1分・登録不要で税額を診断することができます。

副業の税額診断イメージ図

あなたの年収、副業の見込み年収、経費の割合を入れるだけで…

診断結果イメージ図

納税額と青色申告・白色申告を簡単比較!

副業の税額診断はこちらから

まとめ

医療の進化などにより「人生100年時代」が到来すると言われています。一方で、会社の寿命は短命化していくと言われており、そうなると働き方も一つのキャリアを全うするのが難しくなるでしょう。

世界的なベストセラー『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略』で、著者のリンダ・グラットン氏は「副業・兼業・起業が身近なものになってくる」と語っており、副業・兼業・複業(パラレルキャリア)は今後のキャリアを考える上で非常に重要になるでしょう。

今回の記事を参考に、ぜひ副業フリーランスとしての活動を始めてみてください。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

バックオフィス基礎知識