副業の基礎知識

副業とは?複業・兼業の違い、代表的な副業をご紹介

2018年は「副業元年」と言われ、副業解禁の流れが高まっています。本業以外に仕事を持つとはどういうことなのでしょうか?副業を始める前に、そもそも副業とはなんなのか、副業をする上での注意点についてご紹介します。

在宅でできる副業とは?未経験から専門職までご紹介

目次

副業とは?

副業とは、本業以外の仕事で収入を得ることを指します。兼業・サイドビジネスとも呼ばれ、雇用形態によってアルバイト、在宅ビジネス、内職などに分類されます。

日本では明確に法律で副業が禁止されているわけではなく、就業後の時間の使い方は個人の自由です。このため、株式投資で利益を出したり、友人の引っ越しの手伝いで報酬をもらった、などのケースが懲戒の対象になることはありません。

2018年1月、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成し、「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除しました。

これまでは労働者の遵守事項に「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定がありましたが、これを削除し新たに「副業・兼業」という章を設けて以下のような条文を追記したのです。

第14章 副業・兼業
(副業・兼業)
第67条 労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。

2 労働者は、前項の業務に従事するにあたっては、事前に、会社に所定の届出を行うものとする。

3 第1項の業務に従事することにより、次の各号のいずれかに該当する場合には、会社は、これを禁止又は制限することができる。

① 労務提供上の支障がある場合
② 企業秘密が漏洩する場合
③ 会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合
④ 競業により、企業の利益を害する場合

これを受け、副業を解禁する会社が少しずつ増えてきました。
しかし、就業規則で副業を厳禁としている会社もあれば許可制の会社もあります。トラブルを防ぐためにも就業規則は必ず確認しましょう。

複業・兼業との違いとは?

副業と似た言葉に複業が挙げられます。字が表すとおり「複数の仕事を持つこと」です。 副業は、収入、要する時間、労力が本業と比べると少ないという特徴があります。また、副業には大きな責任が伴わないことも多く、いつ止めても特に咎められることはありません。
それに対して複業は、本業を複数持っているというイメージです。かける時間や労力は限りなく本業に近く、プロ意識も高く持つ必要があります。

兼業とは本業以外の事業を持つことです。複業にやや近い概念ですが、会社に勤務しながら自分でも事業を経営し、本格的に商売を営みます。

代表的な副業とは?

副業には様々な種類があります。ライター業務、投資、ネット販売、短期アルバイト、別の会社で社員として勤務するダブルワーク、起業など……ここでは、いくつか代表的な副業についてご紹介していきます。

物販の副業

ハンドメイドの作品を販売する副業。主婦の方や一度仕事を離れて子育てに専念していらっしゃった方などに多いようです。minne(ミンネ)では、ハンドメイドの商品・作品をアプリを通して簡単に販売することができます。

また、熟練してきたら講師として作り方を教える副業もあり、利益率はさらに高くなるでしょう。
メルカリやネットオークションで不用品を販売する、もしくは安く仕入れて販売する方法も副業のひとつ。ただし、梱包費用や商品掲載の手間、入札者とのやり取りなど意外と煩雑なので注意が必要です。

民泊など自分が持つ資産を副業にする

自宅の部屋が余っている、使っていない物件がある方には、民泊がおすすめです。Airbnbなどの仲介サイトに登録することで、簡単に旅行予約を取ることができます。

2018年6月から民泊新法が施行され、民泊を始めるためには届け出が必要になりましたが、ご自身が持つ資産を有効活用して収入を得ることができるでしょう。

民泊の他にも、部屋を倉庫として貸し出す副業や、駐車場を貸し出す副業など、自分が持つ資産を有効活用した副業が可能です。

短期アルバイトで副業

土日や就業後の時間を活用したアルバイトの副業です。タウンワークの「副業・WワークOKバイト」からは、地域別に副業・WワークOKのバイトを探すことができます。

平日に仕事があるサラリーマンの場合、副業の時間帯はおのずと夜もしくは休日のいずれかになるでしょう。夜にできるバイトには、清掃や警備、ネットカフェ、ビジネスホテルのフロントなどがあります。
また土日や休日でしたら、イベントスタッフや試験監督ものアルバイトもあるでしょう。

スキルを活かした副業

ご自身が持つスキルを活かした副業もメジャーです。ワンコインマーケットのココナラでは、様々な分野でご自身のスキルを販売することができます。また、クラウドソーシングサイトのランサーズクラウドワークスにも、自宅にいながらできるライティングやデータ入力などの仕事がたくさん掲載されています。

ボランティアもある意味では副業のようなものです。ご自身が本当にやりたいことであれば、今すぐには利益にならなくても経験を積むことで、何年か後に仕事になることもあるでしょう。

副業禁止の会社でも許容される可能性が高い副業

副業解禁の流れができているとはいえ、依然として副業を禁止する会社は少なくありません。しかし、許容される可能性が高い副業もいくつかあります。

株式投資、FXなどの投資

株式投資、FXなどの投資による副業…特に外国為替の場合は就業後にマーケットが動くケースもあり、体力の消耗も少ないため、本業に支障を与える可能性が低いです。
このため、以前から「投資でお小遣い稼ぎをした」、「資産を増やした」という会社員の方は少なくありません。

ブログ・アフィリエイトサイト運営で副業

ブログやアフィリエイトサイトを運営することで収益を得る副業もメジャーです。特定のテーマで記事を書き、アクセスを集めることができれば、広告収入を得ることができます。

広告には大きく分けて2種類あります。ブログに自動で広告を配信してくれるGoogleアドセンスと、アフィリエイトです。アフィリエイトには、AmazonアソシエイトA8.netリンクシェアなどのASPと呼ばれるサービスがあり、商品を紹介したリンクもしくはバナー経由で注文があると、数十円〜数万円の収益が入ります。

副業をするときの注意点

これまで副業の定義や、代表的な副業についてご紹介してきましたが、副業OKだったとしても、いくつか知っておかなければならない副業の注意点があります。

機密漏洩のリスク

転職する場合も「競合他社への転職は禁止」としている会社もあるほど、機密情報の漏洩に企業は敏感です。特に技術者の方は注意する必要があるでしょう。

機密は漏らさないと本人は言っても、社内での信頼や業務にも支障がでる可能性があります。本業の同僚や上司と気持ちよく仕事をするためにも、本業の競合にあたる会社とは副業をしないことをおすすめします。

また、競合にあたらない会社であったとしても、本業の機密を漏らすようなことは倫理的に許されないでしょう。

所得が20万円を超えた場合は確定申告が必要

サラリーマンの方でも、「副業の所得が1年間で20万円を超えた場合」は確定申告をする必要があります。所得とは「売上-経費」のことです。売上が100万円あったとしても、経費に85万円かかっていれば所得は差し引き15万円になるので、確定申告は不要です。

確定申告には青色申告と白色申告があり、節税効果が高い青色申告がおすすめです。場合によっては、還付金という形で確定申告後にまとまったお金が還ってくるケースもあります。

なお、青色申告を選択したい場合は、事前に青色申告承認申請書と開業届の提出が必要です。また、青色申告する場合も、白色申告する場合も、帳簿付けや経理作業が必要になります。

もし副業したらどれくらいの税金がかかる?

すでに副業している方やこれから副業を考えていらっしゃる場合は、ご自身の所得税・住民税・社会保険料がいくらになるのか把握する必要があります。

また、同じ副業でも白色申告と青色申告の場合で大きく納税額が異なることもありますので、確定申告の際に慌てないためにも、一度無料診断をしてみるのが良いでしょう。確定申告ソフトのfreeeが無料で提供する「副業の税額診断」では、最短1分・登録不要で税額を診断することができます。

副業の税額診断イメージ図

あなたの年収、副業の見込み年収、経費の割合を入れるだけで…

診断結果イメージ図

納税額と青色申告・白色申告を簡単比較!

副業の税額診断はこちらから

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

バックオフィス基礎知識