クレジットカードの基礎知識

初めて経費用クレジットカードを使うときの支払い方法とコツ

クレジットカードは上手く使えばとても便利なもので、経営へのさまざまなメリットがあります。
でも、初めての場合は、実際にどういう支払いがクレジットカード払いできるのか、どう使うといいのかイメージがつかないかもしれません。
この記事では、クレジットカードの実際の使用例をご紹介します。実際に他の人がクレジットカードをどう使っているのかを参考にして、自身の支払いを見直してみましょう。

初めて経費用クレジットカードを使うときの支払い方法とコツ

目次

クレジットカードがよく使われている場面

会社の各種費用や代金の支払い方法としては、現金・振込・振替・クレジットカードといったものがあります。
三井住友カードの調査によると、クレジットカード払いの割合が多いのは、「接待・交際費」「交通費」「消耗品・製造部品費」「オフィスサプライ」「運送費・梱包材」「出張費」などです。

金額が大きいもの、まとめて購入しているものや社員が個人的に支払う必要があるものなどに、クレジットカードをうまく使っているようです。 ぜひみなさんも効率化できる取引がないか、会社の取引全般を一度振り返ってみてください。

豆腐屋さんでも半分以上クレカ払いにできた?

少額な買い物や飲食業はクレジットカード払いしにくい、小規模店舗はクレジットカード対応してもらえなそう、といったイメージを持っている人は少なくないかもしれません。
でも、最近ではそういう店でもクレジットカード払いできる店が増えてきて、実際に支払う経費の半分以上をクレジットカード決済に変えることができた会社もあります。

たとえば、事業用クレジットカードを導入し、コストも事務作業の時間も大幅に減らせることに成功した豆腐屋さんのケースを参考にしてみると良いかもしれません。

イメージにとらわれず、まずはクレジットカードが使えるかどうか確認してみるとよいでしょう。

会社の備品はクレジットカードを使ってオンラインサイトで購入するのがおすすめです。
ホームセンターやスーパーに行く手間もなく、多くの場合、店舗よりも安い価格で購入することができます。
利用明細が後日まとめて送られてくるので管理も簡単で、レシートや領収書をなくしてしまって経費申請できないというトラブルも防げます。

クレジットカードの便利な機能の注意

クレジットカード払いは、経費支払いに関わる細かな管理や処理を簡便にし、経理業務を効率化してくれる便利な方法です。
現金払いとは違って、支払いを後払いにできるのもキャッシュフロー的にメリットがあります。

また、誰がいつ何にいくら使ったのかという詳細情報が利用明細でまとめて管理できるというのも便利です。
クレジットカードも便利な機能が増え、「iD」付きカードや「QUICPay」のような電子マネー機能が付いたカードも登場し、使える場所も増えてきました。
ただし、そのような機能は明細が分類できないことがあるので注意が必要です。

後でもう一度整理しなければならないのは手間がかかるので、使うのであれば用途を一つに絞って使うのがおすすめです。

freeeカードの紹介

会社の経費を支払うにはいろいろな方法がありますが、面倒な精算処理が不要で経理上使いやすいのはクレジットカードだといえます。
クレジットカードが使える場所は非常に多く、ほとんどすべての経費の支払いを簡便かつスピーディーに行うことができます。
初めてビジネスカードを作るなら、「freeeカード」がおすすめです。
freeeカードは、年会費無料で使えて最低利用限度額も50万円以上とビジネスカードとしての使いやすさを備えています。
発行手続きもとても簡単で、本人確認書類のみでWeb申し込みが可能、最短4営業日でスピーディーに発行されます。
事業者向けの各種特典も多く、便利でお得なビジネスカードです。

▼参考URL:【Freee】freeeカード

事業用クレジットカードで経営を効率化

経費は会社経営上当然かかるものですが、ここに時間や労力をかけていては本業に専念できません。
経理上の問題は、できるだけ簡略化してスマートかつスピーディーに済ませたいものです。
クレジットカード払いにすれば、あれほど面倒だった経費の支払いが驚くほど簡単になります。
経営を効率化したいなら、よいビジネスカードを1枚作りましょう。

freee カード

年会費無料*、限度額 50 万円以上

「起業直後、個人事業主でも、 事業に使えるクレジットカードを」
カード会社と共同開発。決算書なしでWeb申し込みでき、創業時でも使える事業用カード。
*ゴールドなどは除く

バックオフィス基礎知識