クレジットカードの基礎知識

個人事業主におすすめのカードとは?開業後に作れるクレジットカードも

個人事業主やフリーランスになるとクレジットカードの審査に通りにくくなると一般的に言われています。しかし、個人事業主・フリーランス向けのビジネスカードも多く発行されており、上手に活用することで経理作業の効率化などに繋がります。
こちらの記事では、開業後に作れる、個人事業主におすすめのクレジットカードと活用方法について詳しくご紹介していきます。

個人事業主におすすめのカードとは?開業後に作れるクレジットカードも

目次

個人事業主とクレジットカード

個人事業主やフリーランスとして独立をすると、会社員の時と比較してクレジットカードの審査に通りにくくなると言われています。

例えば、学生や主婦の方と、複数のベンチャー企業を経営する方が同じクレジットカードに申し込み、後者は審査に通らなかったという話もあるほどです。会社員と比較して、フリーランス・個人事業主・起業家は収入が安定していないという印象があるのか、クレジットカードや住宅ローンの審査で苦戦する方も少なくないようです。

下記のようなケースに当てはまる場合は、会社を退職する前に個人のクレジットカードを作ることをお勧めします。クレジットカードを作る際は本人確認も行われるため、有休休暇を消化する前に作る方が良いでしょう。

  • 在職中から個人事業主として活動を始めている方(独立を視野に入れている)
  • 会社を退職し、個人事業を開業しようとしている方

個人事業主とビジネスカード

個人を対象としたクレジットカードの他、法人や個人事業の銀行口座を引き落とし先にする「ビジネスカード」もあります。ビジネスカードは、法人カードやコーポレートカードとも呼ばれ、事業の経費決済の使用を目的としています。

個人でクレジットカードを持っている場合、「わざわざビジネスカードを作る必要はないのでは?」と思うかもしれません。しかし、個人事業主がビジネスカードを持つことで様々なメリットがあります。

個人事業主がカードを活用するポイント①経理の効率化

個人事業主がビジネスカードを持つ最大のメリットは、経理の効率化といっても過言ではないでしょう。最近の会計ソフトはクレジットカードや銀行口座と連携しており、取引明細を自動で取り込む機能があります。このため、一つ一つ領収書などを確認しながらて入力をする必要がなく、登録漏れも防ぐことができます。

クレジットカードの明細を振り返ってみると、自分が思っている以上に事業に関わる経費精算をカードで行なっていた、ということは少なくありません。例えば、サーバーやドメイン、デザインソフトやオンラインでの備品購入などです。店頭で決済をした場合は領収書がもらえますが、オンライン決済の場合はメール送付や自分でダウンロードの必要があり、必ずしも領収書が手元に届くとは限りません。事業用の決済を全て一枚のカードにまとめ、会計ソフトと連動させることで、経理を効率化できるでしょう。

個人事業主にはデビッドカードもおすすめ

個人事業主には、デビッドカードもおすすめです。クレジットカードは支払いを先送りするという特徴がありますが、デビッドカードは即時決済で口座からすぐにお金が引き落としされます。クレジットカードのようにネットショッピングにも使用することも可能です。

例えば、ジャパンネット銀行が発行するJNB Visaデビットカードは、審査不要で最短5日デ発行されます。会計ソフトのfreeeとも連携可能で、使った明細は自動で会計ソフトに取り込むことが可能です。
クレジットカードを持つことに抵抗がある方は、まずはデビッドカードから申し込んでみてはいかがでしょう。

個人事業主がカードを活用するポイント②ポイントや特典の利用

クレジットカード会社は、各社さまざまなポイントサービスや特典を提供しています。クレジットカードで決済をすると利用額に応じてポイントがたまり、たまったポイントは現金や商品券と交換することや、航空会社のマイルと交換することも可能です。

また、空港ラウンジが利用できたり、カードによってはコワーキングスペースやスポーツジムを割引利用できるものもあります。

カードによって提供するサービスやポイント還元率は異なりますので、ビジネスカードを選ぶ際の参考にしてみてください。

個人事業主がカードを活用するポイント③資金繰り対策として

個人事業主がカードを活用するポイントの一つに「資金繰り対策」が挙げられます。一般的に、ビジネスカードは個人のクレジットカードよりも限度額が高いと言われています。

突発で機材が必要な場合や、仕入れが必要な際、手元に現金が不足している場合でもクレジットカードを活用すれば一括で支払うことができ、支払い自体も先延ばしすることができます。

このように、クレジットカードは資金繰り対策の一つとしても非常に重要です。

個人事業主におすすめのカード3選

ここからは、個人事業主におすすめのクレジットカードをご紹介していきます。クレジットカードを選ぶ際は、カードブランドや年会費、限度額、ポイント還元率やカード独自の特典をチェックするといいでしょう。利用している会計ソフトと連携できるかどうかもチェックポイントの一つです。

例えば、会計ソフトのfreeeも各クレジットカードブランドと提携してビジネスカードを提供しています。Webから簡単に申し込みが完結でき、経理・バックオフィス業務をサポートするサービスが付帯しています。申し込み前に入会可能か診断できる点も魅力です。以下に、おすすめのカードを3つご紹介させていただきます。

freee MasterCardライト

freee MasterCardライト

ライフカード株式会社が発行する事業用クレジットカード。国際ブランドはMasterCard。
年会費無料のfreee MasterCardライトと、年会費2,000円(初年度無料)のfreee MasterCardライト ゴールドがあります。

いずれの場合も、申し込みはWebで完結し、最短4営業日で発行可能。決算書がなくても代表者の本人確認資料だけで申し込みでき、入会可能か事前に診断をすることも可能です。利用限度額はともに30~300万円、「クラウド会計ソフト freee」2,000円分ディスカウントクーポンや税理士・会計士などへの無料相談特典が付帯します。

ゴールドカードには、海外・国内旅行保険や国内空港ラウンジの無料利用サービスが付帯。ライトカードにはポイントはつきませんが、ゴールドカードは1,000円につき1ポイントが貯まり、1,000ポイントでJCBギフト券5,000円分と交換可能です。

freee VISAカード

freee VISAカード

三井住友カードが発行する法人カード。カードブランドは、シェアNo.1国際ブランドのVISA。

freee VISAクラシックカードの年会費は初年度無料、次年度以降も前年度の利用額が50万円以上など条件を満たせば無料になります。freee VISAゴールドカードの年会費は初年度無料、2年目以降は10,000円ですが、クラシックカード同様に条件を満たせば最大6,000円引きに。こちらも決算書が不要となっており、代表者の本人確認資料だけで申し込み可能です。

利用限度額は50万円~150万円、「クラウド会計ソフト freee」2,000円分ディスカウントクーポンや税理士・会計士などへの無料相談特典に加え、国内外数千ヶ所の福利厚生サービスを割引料金で使えるなどの付帯サービスを提供しています。

ゴールドカードには、海外・国内旅行保険や国内空港ラウンジの無料利用サービスが付帯。ゴールドカードは1,000円につき1ポイントが貯まる。Apple Payや電子マネー「ID」も利用可能です。

freeeセゾンプラチナ ビジネスカード

freeeセゾンプラチナ ビジネスカード

セゾンカードとアメリカン・エキスプレスが提携・発行する、法人利用に対応したプラチナカード。年会費は20,000円ですが、年間200万円以上のショッピング利用で翌年度年会費が10,000円に優遇されます。

特筆すべき点は、会計freeeのデータ活用によって利用可能額が柔軟に設定可能な点。高額な広告宣伝費、サーバー費用、法人税の支払いなどにも対応可能です。

24時間365日対応のコンシェルジュサービス、1,200ヵ所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティパスが無料など、付帯サービスも充実。カードの利用で貯まる「永久不滅ポイント」には有効期限がなく、航空会社のマイルにも交換可能です。


いかがでしょう。これまでご紹介してきたように、個人事業主はビジネスカードを持っておいて損はありません。

経理の効率化だけではなく、前述したように資金繰りを考えた場合も非常に有効です。ただし、カードによって限度額には幅があるため、カード以外の資金繰りの方法についても知っておくとさらに良いでしょう。ここから先は、中小企業や個人事業主の経営者の方に向けた資金繰りの知識についてご紹介します。

資金繰り・資金調達をサポート

この記事をご覧になっている方は、普段から資金繰りの状況についてチェックなさっているでしょうか。会計freeeのユーザーアンケートによると、定期的に資金状況についてチェックしている方は約50%、確認の方法は預金残高通帳です。

キャッシュは企業存続の命綱です。キャッシュフローや今後の資金繰り予測などは会社経営の重要な要素の一つであり、資金調達は企業継続・繁栄の重要な手段です。
ただし、資金繰りや資金調達は難しい、よくわからない。そう思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、freeeでは資金繰り・資金調達をスムーズにおこなうためのサービスを提供しています。

資金調達freee:複数の金融商品を簡単に比較・申込ができる

資金を調達したいが、なにが自社に適した調達手段なのか、借入できる商品なのかがわからないという経営者の大きな悩み。最終的には税理士の言う通りにするがこれで良かったのか?と不安がつきまといます。
資金調達freeeでは、いくつかの質問に答えれば複数の資金調達手段から、自社に最適な商品を比較できる形で紹介。サービスは即日利用が可能で、そのままオンラインで申し込みまでが可能になります。

資金調達freee画面

まとめ

事業を運営・拡大していく上で資金繰りに関する問題は避けて通れない道です。また、なかなか相談相手がいない話題でもあります。

資金繰り改善ナビや会計freeeのデータを活用して、事業を効率的に運営していきましょう。

freee カード

freeeカード

年会費無料*、限度額30万円以上**

年会費無料*で、最短4営業日で発行。決算書なしでweb申込みでき、すぐに事業用カードとして活用できます。MasterCard、VISA、AMEXの3ブランドから選べます。
*ゴールドなどは除く
**VISAの最低利用限度額は50万となります。

freeeカード
バックオフィス基礎知識