クレジットカードの基礎知識

法人カードの審査に通過するには?経営者・個人事業主におすすめのカード

法人カードの審査に通過するためには、どうすればいいのでしょう。一般的に、会社を辞めて独立するとクレジットカードなどの与信審査に通りにくくなると言われます。独立を考えている方は、クレジットカードだけではなく住宅ローンなども会社に在籍中に組むほどです。

では、事業用のクレジットカードである法人カードの場合はどうなのでしょう。法人カードには様々なメリットがありますので、事業のスムーズな運営のためにもできれば1枚は持っておきたいところです。こちらの記事では、法人カードの審査について詳しくご紹介していきます。

法人カードの審査に通過するには?経営者・個人事業主におすすめのカード

目次

法人カードの審査に申し込む前に

一般的に、法人カードの審査では設立の期間や決算状況が考慮されると言われています。会社や個人事業を設立して間もない場合は、まだ決算の資料はありません。
法人カードの審査に申し込む前に、以下の項目をチェックしておきましょう。

過去にクレジットカードの支払い遅延がないか

法人カードの審査の際は、会社の信用だけではなく個人の信用についてもチェックされます。このため、これまでクレジットカードの支払い遅延の有無やキャッシング残高が残っていないかなどが重要になることります。

開業届の提出をしているかどうか

もしあなたが個人事業主であれば、必ず税務署に開業届を提出しましょう。法人とは異なり、個人事業には登記制度がありません。開業届を提出しなくても罰則が課されることはありませんが、開業届を提出することで社会的な信用が増します。

開業届について調べたり、届出を手に入れるのが面倒な方は、開業freeeの利用がお勧めです。開業freeeは無料で利用できるサービスで、ステップに沿って情報を入力するだけで正確に開業届の記入が完了します。他にも、あなたの事業形態に沿って提出が必要な届出も出力できます。

固定電話を用意する

クレジットカードによっては、申し込みの際に固定電話の番号記入が必須のケースもあります。このため、クレジットカード審査を少しでも有利にするために固定電話やIP電話を引く方もいらっしゃいます。
なおfreeeカードは、固定電話の入力が不要です。

確定申告をする

法人カードの審査では、場合によっては納税証明書などの書類を提出する必要があります。確定申告をきちんと行い、納税していることは信用につながるだけでなく、収入証明にもなります。必ず確定申告をしましょう。

法人カードと審査のパターン

法人カードの審査には2つのパターンがあると言われています。

一つは法人自体の経営状態を審査対象とするパターンで、赤字法人だと発行が難しくなります。しかし、このタイプの法人カード審査に通過するということは、経営が安定しているということでもあり、審査に通れば社会的な信用につながるというメリットがあります。
もう一つは個人の信用力を審査対象とするタイプです。前者と比較すると審査が甘く、赤字法人でも発行可能です。

このように、同じ法人カードであっても審査タイプが異なるため、複数のカードに申し込んでみるといいかもしれません。

法人カード比較のポイント

法人カードの審査について理解したら、さっそく申し込みをしてみましょう。法人カードには様々な種類があるため、どのカードに申し込んだら良いか悩むかもしれません。

法人カードを選ぶにあたっては、いくつか比較のポイントがあります。
まず1つ目は年会費です。クレジットカードの年会費は経費処理できますが、カードによっては数万円の年会費がかかります。年会費分を回収できるポイント還元やサービス利用の魅力(海外旅行保険やラウンジ利用、限度額など)がないのであれば、年会費無料のカードを選ぶことをお勧めします。

比較のポイントの2つ目は限度額です。利用限度額が柔軟なカードであれば、突発的な出費にも対応でき、安心して利用できます。後述しますが、法人カードは経理の効率化だけではなく資金繰りにも活用できます。このため、限度額の柔軟性はとても重要です。

3つ目は、ポイント還元率です。法人カードを使うことでポイントやマイルが貯まります。ゴールドカードやプラチナカードの場合は還元率も高く、商品券や航空券と交換して利用している方も。法人として処理する経費はかなりの額になるはずです。出来るだけ還元率の高いカードを選びましょう。

おすすめの法人カード(ビジネスカード)

上記の法人カードの選び方を踏まえた上で、おすすめの法人カードをいくつかご紹介します。会計ソフトのfreeeと各クレジットカードブランドが提携して作られた法人カードで、Webから簡単に申し込みが完結したり、経理・バックオフィス業務をサポートするサービスが付帯しています。申し込み前に入会可能か診断できるなど、法人・個人事業主に特化して作られている点が特徴です。

freee MasterCardライト

freee MasterCardライト

ライフカード株式会社が発行する事業用クレジットカード。国際ブランドはMasterCard。
年会費無料のfreee MasterCardライトと、年会費2,000円(初年度無料)のfreee MasterCardライト ゴールドがあります。

いずれの場合も、申し込みはWebで完結し、最短4営業日で発行可能。決算書がなくても代表者の本人確認資料だけで申し込みでき、入会可能か事前に診断をすることも可能です。利用限度額はともに30~300万円、「クラウド会計ソフト freee」2,000円分ディスカウントクーポンや税理士・会計士などへの無料相談特典が付帯します。

ゴールドカードには、海外・国内旅行保険や国内空港ラウンジの無料利用サービスが付帯。ライトカードにはポイントはつきませんが、ゴールドカードは1,000円につき1ポイントが貯まり、1,000ポイントでJCBギフト券5,000円分と交換可能です。

freee VISAカード

freee VISAカード

三井住友カードが発行する法人カード。カードブランドは、シェアNo.1国際ブランドのVISA。

freee VISAクラシックカードの年会費は初年度無料、次年度以降も前年度の利用額が50万円以上など条件を満たせば無料になります。freee VISAゴールドカードの年会費は初年度無料、2年目以降は10,000円ですが、クラシックカード同様に条件を満たせば最大6,000円引きに。こちらも決算書が不要となっており、代表者の本人確認資料だけで申し込み可能です。

利用限度額は50万円~150万円、「クラウド会計ソフト freee」2,000円分ディスカウントクーポンや税理士・会計士などへの無料相談特典に加え、国内外数千ヶ所の福利厚生サービスを割引料金で使えるなどの付帯サービスを提供しています。

ゴールドカードには、海外・国内旅行保険や国内空港ラウンジの無料利用サービスが付帯。ゴールドカードは1,000円につき1ポイントが貯まる。Apple Payや電子マネー「ID」も利用可能です。

freeeセゾンプラチナ ビジネスカード

freeeセゾンプラチナ ビジネスカード

セゾンカードとアメリカン・エキスプレスが提携・発行する、法人利用に対応したプラチナカード。年会費は20,000円ですが、年間200万円以上のショッピング利用で翌年度年会費が10,000円に優遇されます。

特筆すべき点は、会計freeeのデータ活用によって利用可能額が柔軟に設定可能な点。高額な広告宣伝費、サーバー費用、法人税の支払いなどにも対応可能です。

24時間365日対応のコンシェルジュサービス、1,200ヵ所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティパスが無料など、付帯サービスも充実。カードの利用で貯まる「永久不滅ポイント」には有効期限がなく、航空会社のマイルにも交換可能です。

法人カード(ビジネスカード)と資金繰り

これまでご紹介してきたように、経営者や個人事業主が法人カードを利用するメリットは非常に大きいと言えます。

特に、資金繰りを考えた際、法人カードを持っておいて損はありません。ただし、カードによって限度額には幅があるため、法人カード以外の資金繰りの方法についても知っておく必要があります。

資金繰り・資金調達をサポート

この記事をご覧になっている方は、普段から資金繰りの状況についてチェックなさっているでしょうか。会計freeeのユーザーアンケートによると、定期的に資金状況についてチェックしている方は約50%、確認の方法は預金残高通帳です。

キャッシュは企業存続の命綱です。キャッシュフローや今後の資金繰り予測などは会社経営の重要な要素の一つであり、資金調達は企業継続・繁栄の重要な手段です。
ただし、資金繰りや資金調達は難しい、よくわからない。そう思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、freeeでは資金繰り・資金調達をスムーズにおこなうためのサービスを提供しています。

資金調達freee:複数の金融商品を簡単に比較・申込ができる

資金を調達したいが、なにが自社に適した調達手段なのか、借入できる商品なのかがわからないという経営者の大きな悩み。最終的には税理士の言う通りにするがこれで良かったのか?と不安がつきまといます。
資金調達freeeでは、いくつかの質問に答えれば複数の資金調達手段から、自社に最適な商品を比較できる形で紹介。サービスは即日利用が可能で、そのままオンラインで申し込みまでが可能になります。

資金調達freee画面


事業用クレジットカード:freeeカード

資金調達、資金繰りの手段として最後にご紹介したいのが事業用クレジットカード(ビジネスカード)です。
「独立する前にクレジットカードを作っておくように」と勧められたことはありませんか?一般的に、個人事業主、フリーランス、経営者などご自身で事業を運営するようになると、クレジットカードの審査に通りにくくなると言われています。

しかし、支払いを先送りする方法としてクレジットカードは有効な手段の一つです。このためfreeeでは、事業をお持ちの方に特化したクレジットカードを提供しています。ブランドはVISA、Master、American Expressといった主要国際ブランドを揃えた豊富なラインナップを揃えており、オンラインからすぐに申し込むことが可能です。


freee MasterCardライト

年会費無料の頼れるカード

freee MasterCardライト
  • 申し込みWeb完結、最短4営業日で発行
  • 銀行口座を開設前でも申し込み可能
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査 入会可能か1秒診断を試してみる
  • 事業に適した高い利用限度額

freee MasterCard ライトゴールド

ライトよりグレードの高いビジネスカード

freee MasterCardライトゴールド
  • 申し込みWeb完結、最短4営業日で発行
  • 銀行口座を開設前でも申し込み可能
  • 年会費2,000円(税抜)
    初年度年会費無料
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査
    入会可能か1秒診断を試してみる
  • ラウンジ利用・付帯保険・ポイント還元対応

freee セゾンプラチナビジネスカード

急成長ビジネスのための1枚

freee セゾンプラチナビジネスカード
  • 最上級のサービスラインナップ
  • ご利用状況に応じた年会費優遇
  • 会計freeeのデータ活用による柔軟な限度額設定
次に遷移する株式会社クレディセゾンのwebページにて申込を完了してから、当該申込にかかるクレジット契約を解約するまでの期間、クレジットカード与信審査および契約締結手続に利用することを目的として、お客様の財務情報、ユーザー情報等が、株式会社クレディセゾンに提供されることに同意します。

freee VISAカード クラシック

法人・個人事業主への賢い選択

freee VISAカード クラシック
  • シェアNo.1国際ブランドのVISA
  • 条件により年会費無料
  • 事業用特典が豊富な三井住友カードが発行
  • 電子マネー、モバイル決済などの便利な機能

freee VISAカード ゴールド

クラシックよりグレードの高いビジネスカード

freee VISAカード ゴールド
  • シェアNo.1国際ブランドのVISA
  • 条件により年会費割引あり
  • 事業用特典が豊富な三井住友カードが発行
  • 電子マネー、モバイル決済などの便利な機能
  • ラウンジ利用・付帯保険・ポイント還元対応

freee MasterCard

高い限度額で年会費無料
法人利用にもおすすめ

freee MasterCard
  • 郵送申込みで最短2週間で発行
  • 法人でも限度額200万円までなら、決算書不要
  • 従業員カード、ETCカードも最大999枚発行
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査
    入会可能か1秒診断を試してみる

freee MasterCard ゴールド

freee MasterCardよりもグレードの高いビジネスカード
法人利用にもおすすめ

freee MasterCard ゴールド
  • 郵送申込みで最短2週間で発行
  • 法人でも限度額200万円までなら、決算書不要
  • 従業員カード、ETCカードも最大999枚発行
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査
    入会可能か1秒診断を試してみる
  • ラウンジ利用・付帯保険・ポイント還元対応

まとめ

事業を運営・拡大していく上で資金繰りに関する問題は避けて通れない道です。また、なかなか相談相手がいない話題でもあります。

資金繰り改善ナビや会計freeeのデータを活用して、事業を効率的に運営していきましょう。

freee カード

freeeカード

年会費無料*、限度額30万円以上**

年会費無料*で、最短4営業日で発行。決算書なしでweb申込みでき、すぐに事業用カードとして活用できます。MasterCard、VISA、AMEXの3ブランドから選べます。
*ゴールドなどは除く
**VISAの最低利用限度額は50万となります。

freeeカード
バックオフィス基礎知識