会計の基礎知識

会計とファイナンスの違い

会計とファイナンスの違い

 会計とファイナンスという言葉は、セットのように扱われることが多くあります。そのため、意味の違いを理解しにくいと感じる人もいるかもしれません。

この記事では、会計とファイナンスの3つの違いやファイナンスの重要性、日本での浸透状態について解説します。

目次

会計とは

 会計は、アカウンティングとも呼ばれます。
商品やサービスを販売して得た売上から、その売上を生み出すために費やした費用を引いた「利益」を扱うのが企業における会計です。会計で扱うのは、「過去」に得た利益となります。 利益は、会計基準や経営者の判断などによって調整されることがあります。

 会計は大きく分けると、管理会計財務会計の2種類に分類されます。
管理会計を行う意義は、企業内部の業務管理および意思決定を補助することにあります。財務会計を行う意義は、外部の利害関係者に経営成績を開示・報告することにあります。

ファイナンスとは

 ファイナンスとは、企業がどのように資金を調達しどのように運用していくべきかを考える経営学の一分野です。企業においては財務を指すことになり、ものの価値を評価して価格を付けるための知識・技法も示しています。

 M&A(企業の合併買収の総称)に関わるビジネスパーソンの中には、ファイナンスとは巨額の資金が動く取引に関して相手を説得し、納得させ、具体的な行動へと促すための技術であり武器である、と考える人もいます。

 ファイナンスで扱うのは「キャッシュ(現金)」で、企業が「将来」生み出すであろうキャッシュのキャッシュフローを扱います。
会計の時間軸は過去と現在であるのに対し、ファイナンスの時間軸は将来です。また、目的も異なります。会計の目的は「企業の現状把握や外部報告」であるのに対し、ファイナンスの目的は「企業(ビジネス)価値の最大化」です。

 ファイナンスは、投資に関する意思決定にも関係します。投資がなければ一切の利益を得ることはできません。ですから企業の経営活動は、常に投資の連続となります。ファイナンスは、企業価値の最大化のために経営者が行う3つの意思決定の際に役立つものとなります。

1.その対象に投資するべきかどうか(投資の意思決定)

 投資を検討している事業や企業に、それだけの価値があるかどうかを判断する意思決定です。

2.その投資に必要な資金を、どこからどのように調達するか(資金の調達に関する意思決定)

 投資することを決めたなら、必要な資金をどこからどのように調達するかを検討します。
金融機関から融資を受けるのか、株式や社債を発行するのかなど、どの方法が最も企業価値を高めるものとなり得るかをファイナンスにより決定します。

3.株主に対し、得た利益をどのように配分するか(分配に関する意思決定)

 投資によって得られた利益を株主への配当とするのか、それとも再投資に用いるのかを決定します。

ファイナンスの重要性

 会計ももちろん重要ですが、前述の通り会計は過去や現在を分析するものです。
自社についての場合はともかく、業界内のライバルの過去や現在をどんなに分析できたとしても、それは常に生産的なものとなる訳ではないでしょう。

 企業にとっては、「将来」どのようにビジネスを展開していくか、どのような戦略を立てて成長していきたいのかを考える方が、重要度が高いと言えるでしょう。
もちろん将来について考えるためには、会計において基礎的な知識を得、過去と現在を把握することも必要です。それを土台として企業の未来を考慮することは、筋の通ったことと言うことができます。

日本におけるファイナンスの浸透度

 日本にも、ひと昔前から「会計」という概念は存在していました。しかしファイナンスに関しては、近年ようやくその重要性に気が付き始めた、という段階でしょう。

 現在ではさすがに少なくなってきましたが、管理者や経営者でさえも「数字は苦手なので、財務諸表は読めない」と公言していた人は少なくありません。会計のことはよく分からない、でも売上高がそれなりにあれば大丈夫だろう、という非常に大雑把で危険な会計認識が多く見られたのです。

 現代における企業価値とは「将来、キャッシュを生み出すための力が、現在どれほどあるのか」を指すようになっています。管理会計や財務諸表に表示された目先の利益で安心することはできず、現在も投資判断や財務判断などをファイナンスによって行わなければならない時代になっているのです。

 現在と未来のバランスを取っていかなければならない現代の企業において、「ファイナンスは分からない、そもそも基礎である会計も分からない」のでは、重要な局面に面しても何一つ有効な対応ができないということになります。

 社会は今後いよいよグローバル化が進みます。日本企業も、緊急感を持ってファイナンスについての理解を深め、会計認識の点で海外企業と足並みをそろえるよう努める必要があります。

まとめ

 会計とファイナンスの違いは、目的・重要概念・時間軸の3点です。
会計は財政状態の確認および外部への開示を目的とし、過去の利益を扱うものです。ファイナンスは企業価値の最大化を目的とし、未来のキャッシュフローを扱います。

経理をもっとラクにするために、会計freeeを活用しましょう

会計freeeを使えば、日々の経理業務に使う時間を大幅に短縮できます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

「自動で経理」で日々の帳簿付けを手軽に

銀行口座やクレジットカードを同期することにより、利用履歴を取り込めます。

取り込んだ明細は、「自動で経理」という機能を使ってカンタンに帳簿付けできます。収入・支出の登録はもちろん、売掛金や買掛金の消し込み、資金の移動なども記帳できます。

経営層にもわかりやすく伝わるレポートもかんたんに

「資金繰りレポート」では、今後のお金の出入りを踏まえた上で、資金ショートを起こさないか確認できます。直接法のキャッシュ・フロー計算書作成にも活用できます。

会計freeeの資金繰りレポート機能

「損益レポート」を使えば、

  • ある部門の損益状況を時系列で確認する
  • 費用・収益の発生状況をグラフから確認する
  • 利益水準が高い月は何月だったのか
などを確認できます。

会計freeeの損益レポート機能

決算関連の書類作成にも対応

損益計算書と貸借対照表が即座に作成できます。

会計freeeの貸借対照表・損益計算書出力イメージ

ほかにも効率的な経理を実現するために数多くの機能があります。

  • 仕訳帳・総勘定元帳のCSV/PDF出力
  • 見積書/請求書/納品書の発行
  • 入金確認や消込、帳簿への反映
  • 支払管理や振込ファイルの自動作成
  • 証憑管理(電子帳簿保存対応)etc...


今すぐ会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!

バックオフィス基礎知識