会計の基礎知識

決算資料で見かける「ROA」と「ROE」とは

決算資料で見かける「ROA」と「ROE」とは

 決算書を読んでいると「ROA」や「ROE」といった言葉が頻繁に出てくるかもしれません。よく似た言葉ですが、それぞれ意味するところは異なっています。
この記事では、ROAとROEの概要や計算方法について解説します。

目次

ROA(総資本利益率)とは

 ROA(Return On Assets)とは、企業がどれだけの資本を用いて、どれだけの利益を獲得したかを示す指標です。中小企業にとっては特に有効な経営目標であり、総合的な収益性の指標と言えます。

 ROA(Return On Assets)は、日本語に訳せば「投下資本に対する利益」という意味合いになります。ROAが高いということは、その企業が資本に対し効率良く利益を上げていることを示すものとなります。ROA向上を経営目標とする場合は、「より少ない資本でより多くの利益を獲得する」ということがその本質となります。
アメリカでは、このROAまたはROEが企業の収益性を判定するための基本的で重要な基準として用いられています。

 ROAの数値を向上させる要件には、費用やコストの削減による利益率の改善、総資産回転率の上昇や売上高の増加などがあります。

 ROAの数値にはおおよその目安が存在しますが、資産の保有状況や業種など、企業ごとに異なる要素によって数値は変動するため、絶対的な数値は存在しません。
大手上場企業か中小企業か、小規模企業や個人事業かなど企業の規模によっても数値の目安は大きく異なります。

ROA(総資本利益率)の計算方法

 「総資本経常利益率=経常利益/平均総資本(平均総資産)×100(%)」
上の式は、売上高経常利益率×総資本回転率=のようにも分解できます。

 上記の計算式の分子は経常利益となっているため「総資本経常利益率」の算出方法と表記していますが、営業利益や当期純利益を分子として計算し、「総資本営業利益率」や「総資本当期純利益率」を算出することもできます。分子は、分析したい内容によって使い分けることができるのです。
たとえば、中小企業が自社の本業での実力を分析したい場合は、分子を営業利益にする。
株式投資の指標として用いたい場合は、分子を当期純利益にする。
総合的な企業分析を行いたい場合には、分子を経常利益にする。などです。

ROE(自己資本利益率)とは

 ROE(Return On Equity)とは、企業の自己資本に対する当期純利益の割合を示す指標で、資本をどれほど効率的に運用して利益を獲得したかを表しています。

 企業は、株主資本(自己資本)と他人資本(負債)を運用して事業を行います。
それによって利益を得ると、他人資本には利子を支払い、税金を差し引いて最後に残った利益が株主に帰属することになります。つまりROEは、株主の持ち分である株主資本がどれほど利益を上げているかという投資収益率を表すことになるのです。
ROEが高いことは、経営者が株主に対する受託責任を勤勉かつ正当に果たしていることの表明ともなります。
アメリカでは、機関投資家でもある株主らが早い時期からROEを重視しており、企業の経営効率を判断する重要な材料と見なしていたことから、現在では最も重要視される財務指標となっています。

 ROEを向上させるためには、売上高当期純利益率・総資本回転率・財務レバレッジなどの向上が必要となります。
売上高当期純利益率を上げるためには、売上高を維持しつつも費用やコストを削減していくことが必要です。
総資本回転率を上げるには、販売戦略の変更などによって売上高を増加させる、または不要な財産を圧縮することで総資本を減少させることができます。
財務レバレッジを上げるには、借り入れを増やすか資本を減少させることになります。
しかし、どの方法も少なからずリスクがあるため、よく考慮して行うことが大切です。

 ちなみに、日本企業全体のROE平均数値はアメリカの半分ほどとなっています。
借り入れを大幅に増やして資本を増やすことで大きな売上高や利益を上げ、ROE向上を狙う傾向がアメリカには見られます。しかしこの場合は、想定よりも利益が上げらなかった場合に返済が滞り、倒産してしまうリスクが高くなります。

一方、日本は基本的に借り入れに対しては慎重であり、基本的に貯蓄を奨励します。負債を増やすリスクを冒してまで大きな利益を取ろうとする企業は少数派となっています。
民族性の一面として、それなりの利益と安定した配当があるならば企業も株主も満足するという、いわば「ローリスク・ローリターン」を歓迎する保守的な文化であることが、ROEが低い一因とされています。

ROE(自己資本利益率)の計算方法

 自己資本利益率=当期純利益/自己資本×100(%)
売上高当期純利益率×総資産回転率×財務レバレッジ=とも分解できます。

ROAとROEの違い

 ROAとROEは概念や計算も似ているように感じますが、次のような違いがあります。

 ROA・・・企業の総資産に対する収益性を示す
 ROE・・・株主が出資した資金(株主資本・純資産)に対しての収益性を示す

 ROAでは、自己資本か他人資本かに関わらず、企業の保有するすべての資産を合計した総資産で計算される指標です。

 対してROEは、株主から委託されている資金をどれだけ効率的に活用しているのかを示す指標です。収益性を計算する対象となる資金の範囲が違う、ということになります。

まとめ

 ROAは、企業の総資本に対する収益性を表し、ROEは株主資本である純資産に対する収益性を表す指標です。ROAは、数値が高いほど資本を効率良く運用していることになり、ROEも、数値が高いほど株主への配当能力が高いことになります。

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!

バックオフィス基礎知識