会計の基礎知識

資金繰りとは

資金繰りとは

資金繰りは会社を安定的に運営していくためには、とても重要な要素です。資金繰りの基本的な仕組みを理解することで、余裕を持った経営ができるようになります。

ここでは、資金繰りの基本や必要となる知識について解説します。

目次

資金繰りとは

資金繰りとは、単純にいえば資金の流れの管理です。
売上として現金の入金があり、仕入れや経費の支払いとして現金での支払いを管理していくことです。資金としては、現金預金また有価証券など支払いとしてすぐに利用できるものとなります。

すぐに解約することができない定期預金や貸付金、また売掛金などはすぐに支払いとして利用できないため資産とはなりますが、資金にはなりません。
当然ですが、自社ビルはその他の不動産、または設備などは現金化するために時間がかかるため、資産となっても資金とはなりません。

資金繰りが上手くいかないと、従業員に支払うための給与や取引先への支払いが滞ってしまうことになり、最悪の場合には帳簿上では黒字となっていても倒産の危機に陥ってしまいます。

資金繰りが悪化する原因

資金繰りが悪化するとは、支払いをするための資金が減少し、間もなく資金不足となる状況です。間もなくといっても1カ月程度ではなく、一般的には3カ月が目途となります。3カ月以内に資金不足となってしまうのであれば資金繰りが悪化しているといえ、3カ月以上支払いに耐えうるのであれば資金繰りは安定しているといえます。

資金繰りの悪化の原因はいくつかありますが、最大の要因として赤字経営が続くことで資金不足に陥ってしまうことです。毎年の赤字が1,000万円とすると、単純に1,000万円の資金が減少していることとなります。毎月の売上利益があがり資金繰りが上手くいっていれば、資金不足になることはありません。

毎月の利益がでているからといっても過剰な商品在庫を持ったり、過剰な設備投資をしたりすると資金繰りが悪化してしまうことになります。無理な仕入れや設備投資は資金繰りを考えたうえでしていく必要があります。

売上の急激な減少や増加も資金繰りを悪化してしまいます。売上の減少は資金の入金減少となるため資金不足につながります。早急に売上の確保または固定費用の圧縮、場合によっては資産の一部売却も検討していきましょう。

売上の増加は利益につながり、通常であれば資金繰りがよくなると思われます。毎月の売上が1,000万円程度の会社に1億円の注文が入ったとしたら大きな利益がでることが予想されます。売上原価が50%であれば単純に5,000万円の売上利益となります。
帳簿上では大きな利益がでますが、注意しなければならないのは取引先の支払方法です。

一般個人であれば現金取引が基本となりますが、取引先が企業であれば手形での支払いや売掛金で商品を販売することも多くなります。仕入代金となる5,000万円の支払いが先にくるようになると、1億円の入金まで資金不足となります。

新規の取引先で大きな注文が入った場合にはできる限り現金取引をしてもらうことや、支払期日が早くくるように交渉していくことが大切です。大きな売上があがったとしても、万一支払いがされなければ貸し倒れとなり資金繰りが急激に悪化してしまいます。貸し倒れが増加すると倒産の危機も考えられるため、交渉がまとまらなければ大きな注文であっても断ることも検討しましょう。

資金繰りを管理する方法

資金繰りを管理するためには資金繰り表を作成してみましょう。ただ資金繰り表を作成するうえで、確認しておくべきポイントがあります。まず営業収支がプラスとなっているかどうかです。支払月のずれなどの特別要因ではなく、経常的にマイナスになっている場合には単純にそのビジネスが上手くいっていないといえます。

また現金預金の残高が月平均の支払いの3カ月分あるかどうかです。3カ月の支払分の現金預金があれば、一先ず資金繰りは安定しているといえます。
借入金の返済がある場合には営業収支の範囲内かどうかも確認しておきましょう。営業収支で返済できていれば安定してやっていけます。

最後に過剰な設備投資をしていないかどうかを確認します。
売上を安定または増加するためには人件費を含む設備投資をしていく必要がありますが、その支払いにより資金繰りが悪化するのであれば本末転倒だといえます。長期の資金繰りをシミュレーションしておく必要があります。

資金繰り表の作成基準として現金の入出金を基本とします。
現金が入ることと出ることだけを表の記載とするため売上があがっても入金とならなければ記載はせず、仕入れをしても支払いがなければ記載をしないこととします。資金繰りとは毎月のお金の入出金の管理となります。

より安定した資金繰りのためにすべきこと

資金繰りを安定させるためには、売上をしっかりあげて営業利益を確保していくいことが大前提となります。そのうえで売上を早期に現金化できるように交渉をしていくこと、過剰な商品在庫を持たないこと、過剰な設備投資をしないことを心掛けることです。

また資金繰り管理表を作成して短期から長期においてのシミュレーションをしていくことも有効です。

まとめ

「勘定合って銭足らず」という格言がありますが、これはまさに黒字であってもお金が足りない資金不足の状況を意味しています。企業は利益を出していくことが目的ですが、資金繰りが悪化してしまうことで倒産に陥ってしまう可能性があります。利益を出していくとともに資金繰りをしっかり見直していきましょう。

経理をもっとラクにするために、会計freeeを活用しましょう

会計freeeを使えば、日々の経理業務に使う時間を大幅に短縮できます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

「自動で経理」で日々の帳簿付けを手軽に

銀行口座やクレジットカードを同期することにより、利用履歴を取り込めます。

取り込んだ明細は、「自動で経理」という機能を使ってカンタンに帳簿付けできます。収入・支出の登録はもちろん、売掛金や買掛金の消し込み、資金の移動なども記帳できます。

経営層にもわかりやすく伝わるレポートもかんたんに

「資金繰りレポート」では、今後のお金の出入りを踏まえた上で、資金ショートを起こさないか確認できます。直接法のキャッシュ・フロー計算書作成にも活用できます。

会計freeeの資金繰りレポート機能

「損益レポート」を使えば、

  • ある部門の損益状況を時系列で確認する
  • 費用・収益の発生状況をグラフから確認する
  • 利益水準が高い月は何月だったのか
などを確認できます。

会計freeeの損益レポート機能

決算関連の書類作成にも対応

損益計算書と貸借対照表が即座に作成できます。

会計freeeの貸借対照表・損益計算書出力イメージ

ほかにも効率的な経理を実現するために数多くの機能があります。

  • 仕訳帳・総勘定元帳のCSV/PDF出力
  • 見積書/請求書/納品書の発行
  • 入金確認や消込、帳簿への反映
  • 支払管理や振込ファイルの自動作成
  • 証憑管理(電子帳簿保存対応)etc...


今すぐ会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!

バックオフィス基礎知識