会計の基礎知識

知っておくと便利な「貸借対照表」と「損益計算書」の深いつながり

期末決算の時期になると、頭を痛めるのが、「貸借対照表」と「損益計算書」という2つの計算書をどう作成するかです。 この2つの表の数字からその会社の経営状態を判断することになるため、決算処理担当者は、その内容について事前によく理解しておく必要があります。

別々の書類と思われがちなこの2つの決算表ですが、実はあるキーワードによってお互いがつながっています。そのあるキーワードとはいったい何なのでしょうか。 また、それぞれの書類におけることばの定義や、それぞれの表に記載されている数字の見方などについて丁寧に解説します。

貸借対照表と損益計算の定義をおさらい

まずは、それぞれの計算書の定義から考えてみましょう。

貸借対照表

貸借対照表

貸借対照表とは、会社のプラスの財産(資産)とマイナスの財産(負債)のバランスをまとめたデータ表のことです。
つまり、会社の財政状態(主に資産と負債)がどういう状態にあるのかを表している計算書といえます。よく(B/S)とも表記されますが、これは英語ではバランスシート(Balance Sheet)と呼ばれるためです。

貸借対照表についてさらに詳しく知りたい方は、「貸借対照表とは。作成前に知っておきたい基礎知識」をご覧ください。

損益計算書

損益計算書

損益計算書とは、その名の通り会社の損益計算を行った計算書のことをいいます。損益計算書を読むことで、会社の業績がどうなっているのかがわかります。

損益計算は収益・費用・利益の3つの要素から成り立っており、 プロフィット(Profit)&ロスステイトメント(Loss statement)略して(P/L)とも呼ばれています。

貸借対照表は会社のある時点の財政状態を表していて、損益計算書は会社の「一定期間」における業績を示しています。わかりやすくいうと、会社の財務状況を「点」で見るのが貸借対照表で、「線」として見るのが「損益計算書」です。これら2つの計算書は物理的には別々の計算書ですが、あるキーワードによってつながっています。

損益計算書についてさらに詳しく知りたい方は、「損益計算書でよく使われる勘定科目」をご覧ください。

貸借対照表と損益計算書をつなぐ、「当期純利益」と「利益剰余金」の関係

「当期純利益」と「利益剰余金」の関係

「貸借対照表」と「損益計算書」は、損益計算書の最後の項目でもある「当期純利益」でつながっています。

損益計算書のデータは会社が営業している限り、売り上げや経費によって日々変化します。同様に貸借対照表も、売り上げがあれば資産が増えますし、借入金があれば負債が増えます。つまり、損益計算書も貸借対照表も日々データが変化するものなのです。 両者はどの時点においても「当期純利益」によって内容がつながっています。

この「当期純利益」は貸借対照表では「利益剰余金」を構成します。 「利益剰余金」とは、貸借対照表の「純資産の部(旧資本の部)」に位置します。「利益準備金」と「その他利益剰余金」の2つから構成されていますが、「当期純利益」の蓄積が「その他利益剰余金」となります。

「損益計算書」で計算される1年間の利益「当期純利益」は、株主へ一定の割合で分配されます。その後、残った利益が「当期末処分利益」と呼ばれ、蓄積されていきます。それが、貸借対照表にある「利益剰余金(その他利益剰余金)」となるのです。

貸借対照表と損益計算を活用するための数字の見方

「貸借対照表」はある時点におけるその会社の財政状態を表す「診断書」であるのに対し、「損益計算書」は一定期間における収益と費用を表すその会社の「成績表」ともいえるでしょう。
では、それぞれのデータのどの部分を見れば良いのでしょうか。

まず、「貸借対照表」で見ていきましょう。 「貸借対照表」からは、会社がある一定期間における「資産の集め方」および「お金の使い方」について読み取ることができます。

また、「損益計算書」については、「当期純利益(純利益)」の項目がポイントです。項目を見る際に過去のデータと照らし合わせることで、より正確に、会社のこれまでの業績推移を把握できます。さらに、「売上高」が増加しているか、「売上総利益」が伸びているか、過去のデータと照らし合わせることで、その会社の業績が上下する原因がどこにあるのかが見えてきます。

まとめ

このように、「貸借対照表」と「損益計算書」から、その会社の経営状態が明らかになります。収益に対する費用の割合や、預金と借入の状態などは、貸借対照表と損益計算書でよくわかりますし、過去のデータと比較することにより、その会社の経営状態が浮き彫りになります。

また、「貸借対照表」と「損益計算書」における「利益」は必ず一致するものですが、数値が一致しない場合は、しっかりと双方の記載を行っていないか、帳簿が他にある可能性があると思われてしまいます。 このような疑いをかけられないようにするためにも、「貸借対照表」と「損益計算書」は確実に記載していくことが必要といえるでしょう。

経理をもっとラクにするために、会計freeeを活用しましょう

会計freeeを使えば、日々の経理業務に使う時間を大幅に短縮できます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

「自動で経理」で日々の帳簿付けを手軽に

銀行口座やクレジットカードを同期することにより、利用履歴を取り込めます。

取り込んだ明細は、「自動で経理」という機能を使ってカンタンに帳簿付けできます。収入・支出の登録はもちろん、売掛金や買掛金の消し込み、資金の移動なども記帳できます。

経営層にもわかりやすく伝わるレポートもかんたんに

「資金繰りレポート」では、今後のお金の出入りを踏まえた上で、資金ショートを起こさないか確認できます。直接法のキャッシュ・フロー計算書作成にも活用できます。

会計freeeの資金繰りレポート機能

「損益レポート」を使えば、

  • ある部門の損益状況を時系列で確認する
  • 費用・収益の発生状況をグラフから確認する
  • 利益水準が高い月は何月だったのか
などを確認できます。

会計freeeの損益レポート機能

決算関連の書類作成にも対応

損益計算書と貸借対照表が即座に作成できます。

会計freeeの貸借対照表・損益計算書出力イメージ

ほかにも効率的な経理を実現するために数多くの機能があります。

  • 仕訳帳・総勘定元帳のCSV/PDF出力
  • 見積書/請求書/納品書の発行
  • 入金確認や消込、帳簿への反映
  • 支払管理や振込ファイルの自動作成
  • 証憑管理(電子帳簿保存対応)etc...


今すぐ会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

クラウド会計ソフト freee

決算書は初めてでも簡単に作成できます。自動化させると日々の経理にかける時間は大きく削減されます。

バックオフィス基礎知識