会計の基礎知識

小さな会社の経理としてうまく業務をこなすには?

小さな会社の経理としてうまく業務をこなすには?

経理業務については、業種や業態によって多少の違いや特徴はあるにしても、基本的な業務についてはほとんど同じだという印象があるかと思います。
ところが、従業員数が10名前後である小規模の会社の場合は、経理業務を行う上で気をつけるべきポイントが変わってきます。

そこで今回は、小規模の会社における経理業務のポイントについて解説します。

目次

会社における経理の役割

会社において経理が担っている役割はいくつかありますが、やはり「お金の管理」がメインと言えるでしょう。
人によっては「経理担当は細くてやりにくい」という愚痴をこぼすケースもありますが、これは細かいのではなく「正確」なのです。会社のお金を直接扱うことが多い経理業務は、社内のどの部署よりも正確性が求められます。

そのため、経費精算書や交通費精算書についても不備がないか慎重にチェックをします。経理は社内のお金についてのチェック機能としての役割も担っているのです。

特に小規模な会社になると、経費精算がルーズになりやすく、経費ではないものまで経費で落とそうとすることもあるようです。そのような場合は、経理担当がしっかりとチェックして管理していく必要があるでしょう。

大企業と中小企業における経理業務の違い

経理業務については、中身の根幹部分はどの会社も大きくは変わらないでしょう。
ただ、実際の運用方法となってくると違いが出てきます。
中小企業の経理業務については、次の点に気をつけて運用すると良いでしょう。

人員について

中小企業の場合、直接的な売り上げの見込めない経理部門については、できる限り人件費を割きたくないと考える傾向があります。

例えば、従業員数が10名前後の会社の場合であれば、経理担当は経営者が兼務していたり、1名しかいないというケースも少なくないでしょう。
かつては小規模な会社でも、経理の業務量については膨大だったため、複数の人員を配置しなければならないというケースもありました。

ですが、昨今の会計ソフトの普及によって、経費精算書や領収書などのアナログデータを、手入力によってデジタル化する作業が不要となったため、業務量が大幅に削減されました。これにより、小規模の会社であれば、経理担当が1名でも経理業務に支障が出ることはほとんどなくなったのです。

但し、経理担当があまりにも少ないと、万が一欠員が出た際に一時的に回らなくなる危険性がありますので、引き継ぎ期間に余裕を持つよう配慮するか、日頃から経営者自身も経理業務をチェックする癖をつける必要があるでしょう。

中小企業会計要領の導入

中小企業の経理業務については、「中小企業の会計に関する基本要領」に従って運用すると業務がより円滑に進みます。この基本要領は、中小企業の実態に合わせてつくられたもので、中小企業庁のホームページから閲覧することが可能です。

義務ではありませんが、基本要領に従って経理業務を運用すると、金融機関や取引先などからの評価良くなると言われています。
将来的に、融資を受けたりする可能性がある場合は、今のうちから基本要領に沿った運用を導入することが望ましいでしょう。

習得しておきたいスキル

小規模の会社の経理については、担当者の人数が少ない分、少数精鋭であることが重要になってきます。

では、具体的にどのようなスキルを習得しておくことが望ましいのでしょうか。

簿記

経理を担当するのであれば、もはや必須と言っても良いのが簿記です。
簿記は現金出納帳や総勘定元帳などの基本的なものから、貸借対照表や損益計算書、決算書などを作成するための知識を習得することができます。

会計ソフト

小規模な会社であればあるほど、経理業務については会計ソフトを導入して効率化していく必要があります。
会計ソフトは基本的な使い方については大きく違わないので、どの会計ソフトでもある程度使いこなせるだけのスキルが理想です。

資料作成

経理業務と言えど、数字や帳票類を処理するだけが業務ではありません。
それらの情報をもとにして、事業計画書や中長期計画書を作成するスキルも求められます。
経理部門は、経営視点で経営計画を提案できる数少ないセクションなので、PowerPointなどを使用した資料作成などのスキルを習得しておくと良いでしょう。

コミュニケーションの方法

小規模な会社の経理担当は、経営者と直接やり取りをする機会が多くなります。経営者は経理担当から報告を受けた数字や資料をもとにして、今後の経営計画を考えます。
ですから、経理担当の経営者に対するコミュニケーションスキルはとても重要になってきます。

例えば、キャッシュフロー(資金繰り)が厳しい状況において、
「お金がないのでなんとかしてください」
と資料を見ながら説明されたら、経営者の心中としては穏やかではないでしょう。
そこで、
「今月はこれだけキャッシュがショートしていますが、この部分の出費を抑えれば来月は持ち直せると思いますがどうでしょうか」
というように、経理担当としての見解を添えて報告することで、経営者としては冷静な判断がしやすくなります。
小規模の会社の経営者は、経営者自身の判断で経営方針が決まるため、折衝するケースが多い経理担当のコミュニケーションスキルはとても重要であると言えます。

経理をもっとラクにするために、会計freeeを活用しましょう

会計freeeを使えば、日々の経理業務に使う時間を大幅に短縮できます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

「自動で経理」で日々の帳簿付けを手軽に

銀行口座やクレジットカードを同期することにより、利用履歴を取り込めます。

取り込んだ明細は、「自動で経理」という機能を使ってカンタンに帳簿付けできます。収入・支出の登録はもちろん、売掛金や買掛金の消し込み、資金の移動なども記帳できます。

経営層にもわかりやすく伝わるレポートもかんたんに

「資金繰りレポート」では、今後のお金の出入りを踏まえた上で、資金ショートを起こさないか確認できます。直接法のキャッシュ・フロー計算書作成にも活用できます。

会計freeeの資金繰りレポート機能

「損益レポート」を使えば、

  • ある部門の損益状況を時系列で確認する
  • 費用・収益の発生状況をグラフから確認する
  • 利益水準が高い月は何月だったのか
などを確認できます。

会計freeeの損益レポート機能

決算関連の書類作成にも対応

損益計算書と貸借対照表が即座に作成できます。

会計freeeの貸借対照表・損益計算書出力イメージ

ほかにも効率的な経理を実現するために数多くの機能があります。

  • 仕訳帳・総勘定元帳のCSV/PDF出力
  • 見積書/請求書/納品書の発行
  • 入金確認や消込、帳簿への反映
  • 支払管理や振込ファイルの自動作成
  • 証憑管理(電子帳簿保存対応)etc...


今すぐ会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

まとめ

小規模の会社の経理業務は、その他の会社に比べ注意すべき点や、改善できる部分が若干異なってきます。自社の規模にあった改善を行うことで、より大きな効果を得ることができるでしょう。

クラウド会計ソフト freee

決算書は初めてでも簡単に作成できます。自動化させると日々の経理にかける時間は大きく削減されます。

バックオフィス基礎知識