会計の基礎知識

損益分岐点とは

損益分岐点とは

「会社が採算を取れている」とは、どのような状態をいうのでしょうか。
会社には、売上高(儲け)があって、そのために費用を使って、利益を出します。採算が取れているとは、この利益がゼロ、よくいわれるトントンの状態です。
この「利益がゼロ」のトントンの状態の売上高を、損益分岐点といいます。

ここでは、損益分岐点の基礎知識とともに、利用方法を解説していきたいと思います。

目次

損益分岐点とは

損益分岐点とは、管理会計上の概念の一つです。会社は利益を出すことが目標ですので、利益が出ているかどうかを計算するには、単純に売上高に対して、かかった費用を差し引けばよいのです。

利益=売上高-費用

損益分岐点は、この利益がプラスマイナスゼロになる点を指します。すなわち、売上高と費用がちょうど同じ額になる点です。経営状態としては、とりあえず会社を維持できるという目安になります。

よって、損益分岐点は、決算書や財務諸表を分析する上で基本的な方法の一つでもあります。損益分岐点を超えていれば利益が出ている黒字状態であること、反対に損益分岐点を下回っていれば利益が出ず会社は赤字状態であるということになります。

損益分岐点の計算方法

具体的に損益分岐点を求めるにはどうしたらよいか考えてみましょう。
ものすごく簡単に考えると、例えば、毎月かかる費用が1,000万円、それに対して1,000万円の売上高があれば、損益ゼロになります。 しかし、売上高1,000万円を上げるには、原材料費や製造費などの費用が必要です。
では、毎月会社を維持するための費用が1,000万円かかる会社は、どれだけ売上高を上げれば、損益ゼロになるのでしょうか。

そこで一般的には、損益分岐点は以下の様に計算式が存在します。

損益分岐点=固定費÷(1-変動費/売上高)

この計算式の各項目を考えることで、損益分岐点の計算方法を紐解いてみましょう。

「固定費」とは、売上高に関わらず決まって生じる費用のことです。
例えば、会社の家賃、人件費、水道光熱費、固定資産税、福利厚生のための保険料などもこれに含まれます。
「変動費」とは、売上高によって金額が増減する費用のことです。
例えば、製造業であれば原材料費、小売業であれば商品の仕入れにかかった費用ということになります。

損益分岐点は、売上高で固定費と変動費をまかなえればよい訳ですから、
売上高=固定費+変動費となります。
売上高が上がると、通常であれば変動費も上がります。この比率を変動比率といいます。上がった変動費は売上高に変動比率をかければ求められますので、
変動費=売上高×変動費率となり、
売上高=固定費+(売上高×変動費率)

ということになります。

これを一次方程式として整理すると
売上高=固定費+(売上高×変動比率)
売上高-(売上高×変動比率)=固定費

左辺の式を売上高でくくると
売上高×(1-変動比率)=固定費
変動比率は変動費÷売上高なので
売上高×(1-変動費/売上高)=固定費
左辺を売上高にすると
売上高=固定費÷(1-変動費/売上高)
つまりは、
損益分岐点=固定費÷(1-変動費/売上高)ということになります。

わかりづらい場合は、2段階で考えてみて下さい。
例えば、1台200万円の機械を1カ月にx台売った時に、損益分岐点yとなる売上高はいくらかを計算するとします。原材料費は機械1台を作るのに100万円、固定費は毎月1,000万円とします。

売上高は、y=200×x
それにかかる費用は、y=(100×x)+1,000ですから、
200×x=(100×x)+1,000
よってx=10となり10台売れば損益ゼロになり、
損益分岐点yは、2,000万円ということになります。

損益分岐点の見方

損益分岐点を利用して経営状況を見ようとした時、単純に固定費もしくは変動費どちらかを抑えることができれば、損益分岐点も下げることはできます。
変動費は、売上高を上げようとすればするほど上がっていくのが通常ですので、簡単に抑えることは難しいでしょう。

そこで固定費を抑えることを考えます。しかし、固定費の内訳には人件費や会社の維持費も含まれます。よって、安易に下げることで商品の品質や営業能力の低下を招く恐れもあるので、注意が必要です。

そこでもう一つ、「損益分岐点比率」という考え方があります。
損益分岐点比率=損益分岐点売上高/実際の売上高×100(%)
この比率は低い程、収益性が高いことを示しています。

例えば、損益分岐点売上高が2,000万円、実際の売上高が4,000万円としましょう。
損益分岐点比率=2,000/4,000×100=50%
となり、仮に売上高が50%(半分)に減少しても、赤字にはならないことを示しています。
この比率をもとに、売上高の増減のバランスと費用のバランスを考えていくことができます。

まとめ

損益分岐点は、赤字にならないための最低限の売上高目標であるといえます。借入金がある場合は、借入金の元金返済額は費用とならないため、上記の計算算式で損益分岐点をトントンで設定してしまうとお金が足りなくなってしまいます。
損益分岐点や損益分岐点比率を下げるためには、安易に固定費を下げるだけでなく、固定費と変動費の面から、削減できる項目と、向上させなければならない項目を検討する必要があるでしょう。これらを具体的にしていくことで、会社のさらなる利益の向上を目指していくことが大切です。

経理をもっとラクにするために、会計freeeを活用しましょう

会計freeeを使えば、日々の経理業務に使う時間を大幅に短縮できます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

「自動で経理」で日々の帳簿付けを手軽に

銀行口座やクレジットカードを同期することにより、利用履歴を取り込めます。

取り込んだ明細は、「自動で経理」という機能を使ってカンタンに帳簿付けできます。収入・支出の登録はもちろん、売掛金や買掛金の消し込み、資金の移動なども記帳できます。

経営層にもわかりやすく伝わるレポートもかんたんに

「資金繰りレポート」では、今後のお金の出入りを踏まえた上で、資金ショートを起こさないか確認できます。直接法のキャッシュ・フロー計算書作成にも活用できます。

会計freeeの資金繰りレポート機能

「損益レポート」を使えば、

  • ある部門の損益状況を時系列で確認する
  • 費用・収益の発生状況をグラフから確認する
  • 利益水準が高い月は何月だったのか
などを確認できます。

会計freeeの損益レポート機能

決算関連の書類作成にも対応

損益計算書と貸借対照表が即座に作成できます。

会計freeeの貸借対照表・損益計算書出力イメージ

ほかにも効率的な経理を実現するために数多くの機能があります。

  • 仕訳帳・総勘定元帳のCSV/PDF出力
  • 見積書/請求書/納品書の発行
  • 入金確認や消込、帳簿への反映
  • 支払管理や振込ファイルの自動作成
  • 証憑管理(電子帳簿保存対応)etc...


今すぐ会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!

バックオフィス基礎知識