会計の基礎知識

経理ソフトとは

 企業の経理業務は作業量が多く、煩雑で手間のかかるものです。そんな経理業務を効率よく行うために誕生したのが、経理ソフトです。
 本記事では、経理ソフトとは何かに加え、普及した背景や形態ごとの特長もご紹介します。

目次

クラウド会計ソフト freee

会計freeeロゴ

決算書は初めてでも簡単に作成できます。自動化させると日々の経理にかける時間は大きく削減されます。

経理ソフトとは

 経理業務において記録・集計する取引情報や金銭の入出金などの情報を、自動的かつ正確に集計・管理してくれるソフトウェアです。

 経理ソフトの誕生は昭和60年代とされています。
初期の経理も、ベースとなる機能は、「仕訳を入力して、決算書を作成する」という経理の本質そのものでした。 経理ソフトが普及していった背景には、パソコンの普及も深く関係しています。

 ひとり1台と言われるほどパソコンが普及し誰もがパソコンを扱うようになったことに加え、比較的安価な経理ソフトが次々と登場したことで、会計の管理も経理ソフトを用いて自社内で行おうという「自計化」が進むことになりました。

クラウド型の経理ソフトの特長

 近年普及しはじめたのが、インストール不要のクラウド型の経理ソフトです。

おもな特長は、以下のようになります。

経理知識が乏しくても活用しやすい

 クラウド型は基本的に、簿記や会計に関する知識に限界がある人に向けて分かりやすく直観的な操作ができるように作られています。専門知識はほぼゼロという人でも経理業務を行うことができますし、どうしても困ってしまった場合にはサポートデスクなどに問い合わせることもできます。

口座情報や取引明細を自動的に仕訳してくれる

 会計処理の効率化において、現金や取引の仕訳は比重が大きい部分です。クラウド型の経理ソフトであれば銀行口座やクレジットカードと情報の連携が可能であり、入出金や取引明細を自動で取り込み仕訳してくれます。

 さらに、これらの情報をもとに財務諸表や確定申告書を自動作成する機能も備えています。日々の業務だけでなく、決算や確定申告の際の書類準備においても業務効率を大幅にアップさせることが期待できます。

財務状況をリアルタイムに把握可能

 入出金や取引を発生時点でリアルタイムに記録・仕訳するため、現時点での財務状況をいつでもリアルタイムに把握できます。

バージョンアップや更新が自動

 企業の会計に関わる税制改正は、毎年施行されています。またバージョンアップも定期的に行わなければなりません。それに合わせて、経理ソフトは常に最新のものにしておく必要があるのです。

 インストール型の場合、バージョンアップや更新作業は手動です。しかしクラウド型であればこれらはすべて自動で行われており、いつでも最新のシステムを利用できます。

ネット環境さえあれば、様々なデバイスで使用可能

 データをクラウドサーバー上に保管するため、インターネット環境さえあればどこでもアクセスできます。データの紛失や、突発的な事象によるデータの破損のリスクがありません。

ソフトの仕様にもよりますが、スマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスでアクセス可能なことも特長と言えます。

インストール(スタンドアロン)型の経理ソフトの特長

 従来のインストール型ソフトの特長は、以下のようになります。

1.ネット環境に依存していない

 バージョンアップ時など、まれにインターネットに接続する必要が生じますが、普段の処理はオフラインで可能です。

2.セキュリティー面での安心

  クラウド型にありがちなのは、インターネットを介しているため情報漏洩や不正アクセスが起きるのではないかという、セキュリティー面での不安です。

インストール型の場合はインターネットを介さないだけでなく、インストールされている端末でのみ操作が可能なため、このようなリスクは極めて低くなります。

3.動作がスムーズ

 インターネットを介さないため、ネット環境の良し悪しにソフトの操作性が左右されません。いつでも動作が速く、接続不良などでストレスを覚えることはありません。

4.月額費用が不要

 インストール型は購入後の月額費用は不要です。ただし毎年のバージョンアップ時や、消費税や固定資産の償却率変更時、会社法の改正などの根本的かつ大幅な法改正があった場合には更新料が必要になります。

経理担当者の業務と経理ソフトの関係

 現代の企業に無くてはならない経理ソフトですが、経理担当者にとってはどのような存在となるのでしょうか? 言うまでもなく、多くのメリットをもたらしてくれることになります。そのうちの3つの点をご紹介します。

日々の業務効率が大幅に向上

 経理ソフトによって、手作業で行っていた帳簿記入や集計作業はほとんど不要になります。業務効率の向上とともに、手作業につきもののヒューマンエラーが無くなることもメリットと言えるでしょう。

意思決定が迅速に行える

 経理ソフトにより、経理上のデータ集計はリアルタイムに行われます。常に最新の情報が閲覧できるため、経営者や管理者が日々行う経営判断や意思決定も迅速に行われることになります。

経理担当者としての視野が広くなる

 経理ソフトがまとめてくれた情報を把握することで、自社の経営状況や財務状況を隅々まで認識することができるようになります。自社の現状把握が容易になるため、広い視点から経理担当者としての提案や意見を述べることもできるようになるでしょう。

まとめ

 経理ソフトは、経理における記録・集計といった面倒かつミスのできない作業を自動的に行ってくれるものです。
サーバー上にデータを保管するクラウド型と、端末に落とし込むインストール型の2種類があります。それぞれの特長を理解し、導入の際は慎重に検討をしましょう。

経理をもっとラクにするために、会計freeeを活用しましょう

会計freeeを使えば、日々の経理業務に使う時間を大幅に短縮できます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

「自動で経理」で日々の帳簿付けを手軽に

銀行口座やクレジットカードを同期することにより、利用履歴を取り込めます。

取り込んだ明細は、「自動で経理」という機能を使ってカンタンに帳簿付けできます。収入・支出の登録はもちろん、売掛金や買掛金の消し込み、資金の移動なども記帳できます。

経営層にもわかりやすく伝わるレポートもかんたんに

「資金繰りレポート」では、今後のお金の出入りを踏まえた上で、資金ショートを起こさないか確認できます。直接法のキャッシュ・フロー計算書作成にも活用できます。

会計freeeの資金繰りレポート機能

「損益レポート」を使えば、

  • ある部門の損益状況を時系列で確認する
  • 費用・収益の発生状況をグラフから確認する
  • 利益水準が高い月は何月だったのか
などを確認できます。

会計freeeの損益レポート機能

決算関連の書類作成にも対応

損益計算書と貸借対照表が即座に作成できます。

会計freeeの貸借対照表・損益計算書出力イメージ

ほかにも効率的な経理を実現するために数多くの機能があります。

  • 仕訳帳・総勘定元帳のCSV/PDF出力
  • 見積書/請求書/納品書の発行
  • 入金確認や消込、帳簿への反映
  • 支払管理や振込ファイルの自動作成
  • 証憑管理(電子帳簿保存対応)etc...


今すぐ会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

クラウド会計ソフト freee

決算書は初めてでも簡単に作成できます。自動化させると日々の経理にかける時間は大きく削減されます。

バックオフィス基礎知識