会計の基礎知識

損益計算書とは

会社の利益がどれくらいあるのか、経営者でなくとも気になる所です。
会社の財務状況を把握するには、財務に関する主に三つの書類があります。
それが、損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書、合わせて財務三表と呼びます。

中でも損益計算書は、一定期間の会社の利益を示すものですので、経営者はもちろん、会社の経営戦略を立てる上では重要な指標になります。
ここでは損益計算書について、基本的な見方や活用の方法などを解説していきたいと思います。

目次

損益計算書とは

損益計算書は、別名「Profit&Loss Statement」(P/L)とも呼ばれます。会社の一定会計期間における収益・費用・利益を示す、決算書の1つです。
もう少し噛み砕いていうと、今期どれだけ稼いで(収益があって)、そのためにどれくらい費用を使って、利益がいくら残っているかがわかる書類ということになります。

損益計算書の見方

では、実際に損益計算書を見ていきましょう。(クリックすると大きくなります)

損益計算書

営業損益の部(ピンク部分)

売上高…会社の本業(定款に示す業務)で稼いだ収益です。よって、本業でない会社の社宅の寮費のような不動産収入などは含まれません。

売上原価…売上高に対応する費用です。製造業ならその原材料費、小売業なら仕入費用などです。
売上総利益=売上高-売上原価
「粗利益(粗利)」とも呼ばれます。

販売費および一般管理費…営業活動をする上でかかった費用です。例えば給与等の人件費、光熱費、荷物の運搬費、出張等の移動費などです。
営業利益=売上総利益-販売費および一般管理費
ここまでで、会社が本業において得た利益がわかります。

営業外損益の部(ブルー部分)

営業外収益…本業以外で稼いだ収益、例えば不動産収入や利息、株の配当などです。但し、突発的でないものを指します。

営業外費用…本業以外で使った費用です。借入金の利息など。

経常利益(パープル部分)

経常利益=営業利益+営業外収益合計-営業外損益合計

これが、会社が通常の活動で上げている利益となります。

特別損益の部(グリーン部分)

特別利益…本業以外で、かつ臨時で稼いだ収益です。

特別損失…本業以外で、かつ臨時で使った費用です。

イエロー部分

税引前当期利益=経常利益+特別利益合計-特別損失合計

これが今期の実際の利益になります。特別損益が特に発生しなかった場合は、経常利益と同一金額ということになります。

当期利益=税引前当期利益-法人税等各種税金
税金を引いた今期の最終的な利益です。「当期純利益」「最終利益」とも呼ばれます。

計算書で必ず抑えておきたい箇所

各項目を理解した所で、実際に損益計算書のどこをチェックしていけばよいのでしょうか。
最終的には、当期利益がプラスになっているかどうかです。今期上がった利益は内部留保や株主配当になり、経営基盤の安定につながります。

しかし、最終的な当期利益が黒字の場合でも、経常利益がマイナスになってしまうと、本業で利益を上げられていないことになります。特別利益など突発的な収益がないと当期利益がプラスにならないということは、根本的な事業の見直しや資金計画の立て直しを図る必要があるということです。

損益計算書の活用について

損益計算書の数字を利用して、会社のどの部分を伸ばせばよいのか分析することができます。
分析に有効な数値として、ここでは「売上総利益率」「売上高営業利益率」「売上高経常利益率」を解説します。

売上総利益率(粗利率)

売上総利益率は、売上原価にどれだけ利益を上乗せしているかを表します。
売上総利益率(%)=売上総利益÷売上高×100
数値が高い程、利益率が高いということになりますが、業種によって数値がかなり異なるため、同業種間や自社の数年のデータの推移を比較する必要があります。

売上高営業利益率

売上高営業利益率は、売上高に対する営業利益の割合で、本業がどれだけ利益を上げられているかを表します。
売上高営業利益率(%)=営業利益÷売上高×100
数値が高い程、本業での利益が上がっていることになりますが、こちらも業種間に違いがあります。一般的には、5%を超えると上場企業並みに優良とされ、標準では1~3%程といえわれています。

売上高経常利益率

売上高経常利益率は、本業での利益プラス通常の会社の活動で上がっている利益、つまり経常利益に対して、どれだけ売上高が上がっているかを表しています。
売上高経常利益率(%)=経常利益÷売上高×100
会社が正常に営業している時にどれだけ利益を上げられるかを表しているので、数値が高い程、効率的な経営であるといえます。もし0%を下回っていると赤字経営状態であるので、収益を上げたり費用を抑えたりと対策が必要です。

損益計算書の作成には、会計freeeを活用しましょう

会計freeeを使えば、損益計算書がたった3STEPでかんたんに作成できます。 クラウド会計ソフト freeeサイト

STEP1:メニューから「決算書の作成」を選択

決算の準備、税申告に使用する書類も作成可能です。 会計freeeの決算メニュー

STEP2:出力設定をおこない、「この年度の決算書を作成」を選択

決算書の出力設定を変更し、会社に合わせたフォーマットに調整します。
表紙、貸借対照表、損益計算書、販売費および一般管理費明細書、株主資本変動計算書、個別注記表などそれぞれの出力形式を選択できます。 会計freeeの決算出力設定画面

STEP3:決算書類(損益計算書・貸借対照表)が完成!

「この年度の決算書を作成」ボタンを押すと、損益計算書・貸借対照表がPDF出力されます。 会計freeeの損益計算書出力イメージ 会計freeeの貸借対照表出力イメージ

損益レポートでは、見やすいグラフも出力できます

取引先別、品目別損益で確認することができます。 会計freeeの損益グラフレポート

以上のように、会計freeeならかんたんに損益計算書を作成することができます。
今すぐ会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

まとめ

損益計算書は、会社が利益を上げているかどうか、会社の健康状態を知るために必要不可欠な決算書です。
また、同業種や過去のデータと比較することによって、今後の具体的な経営計画を立てる上でとても有効です。
ぜひ、損益計算書を知る、読める、活用できるようにしていきたいものです。

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!

バックオフィス基礎知識