会計の基礎知識

キャッシュ・フローとは

会社の財務状況に関する書類として、損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書という財務三表というものがあります。
ここでは、キャッシュ・フローについて解説していきたいと思います。

目次

キャッシュ・フローとは

キャッシュ・フローとは、その名の通り、キャッシュ(現金)の流れキャッシュ・フローと貸借対照表(フロー)です。
一定会計期間にどれだけの現金が流入し、どれだけの現金が流出したかという資金の流れを表します。

尚、流入する現金をキャッシュ・イン・フロー、流出する現金をキャッシュ・アウト・フローといいます。キャッシュ・フローは、この二つから成り立っています。
現金がなければ、商品を仕入れるにも借金を返済するにも給与を支払うにも立ち行かなくなります。現金がどれくらい会社にあるのか把握することは、会社の現状の能力を知る上で大変重要であり、よってキャッシュ・フローが果たす役割が必要不可欠になってくる訳です。

そもそも「キャッシュ」とは

現金がなければ会社の営業活動はできませんが、取引上では、よく売掛金や買掛金が生じます。商品を買った、売ったという取引はあるのですが、代金はまとめて月末に振り込みをするといった、いわゆるツケの状態です。
商品を取引先に売った場合、損益計算書では「売上」にあがりますが、現金は会社に入っていないというずれが生じる訳です。
このずれがどれくらい生じているかを把握する書類を、キャッシュ・フロー計算書と呼びます。

よって、決算書の損益計算書では利益を見ることができますが、実際に現金がいくらあるかはキャッシュ・フロー計算書が必要になります。
こうしたことから、会計の世界では「利益は意見、キャッシュは事実」といわれることがあります。

キャッシュ・フローと貸借対照表

貸借対照表も現金の流れを表す財務三表の一つですが、キャッシュ・フローとの違いは何でしょうか。

貸借対照表は、決算日における会社の財政状態を表しています。
財政状態とは、どのように現金を工面して、どのように使ったかということです。
工面する方法としては、株主からの資本のほか、銀行などから借りた、もしくは本業によって稼いだということになります。使ったということは、何か資産を買った、もしくは預貯金になります。
貸借対照表では、工面した現金を左側、使った現金を右側に表記しますので、最終的に左右の数値は同額になります。

一方、キャッシュ・フローについては、同じ現金でもキャッシュ・フロー計算書により、各項目に分けて、どんな原因で増えて(流入して)、どんな原因で減って(流出して)いるかを表しています。

貸借対照表は、現金の増減のつじつまがあうという点では最終的に会社の財政を確認できますが、それが健全な状態かを見るのは、項目ごとに現金の流れがわかるキャッシュ・フロー計算書と照らし合わせることで、わかりやすくなるのです。

損益計算書との違い

財務三表にはもう一つ、損益計算書があります。
損益計算書は、一定会計期間の会社の経営成績を表しています。
売上高に対して、どれくらい費用がかかったか、それを差し引いて現在の利益がわかる訳です。これを「当期純利益」「粗利」などと呼ぶこともあります。
前述の通り、会社の取引には売掛金や買掛金があります。
損益計算書はツケも含めた会社の経営成績を表しているのに対して、キャッシュ・フローはこれらのツケを反映せず、現金の流れのみを表している所に違いがあります

キャッシュ・フローのタイプ

キャッシュ・フローでは、現金の流れをタイプ別に分類します。
「営業活動によるキャッシュ・フロー」「投資活動によるキャッシュ・フロー」「財務活動によるキャッシュ・フロー」以上の三種類に分類されますので、それぞれの特徴を解説していきたいと思います。

営業活動によるキャッシュ・フロー

会社の本業で実際に増減した現金を表します。
本業に係る現金は、製造業であれば原材料費とそれを販売した収益、また従業員への給与なども含まれます。

投資活動によるキャッシュ・フロー

設備投資や余剰資金の運用による現金の増減を表します。
余剰資金の運用には、有価証券や投資有価証券の取得、売却なども含まれます。要するに、現状を維持したり将来に向けて投資したりするために、現金がどのくらい増減したかを表します。

財務活動によるキャッシュ・フロー

資金を調達したり借金を返済したりした現金の増減を表します。
株式の発行による収入や、配当金の支払いなどもこれに含まれます。

キャッシュ・フロー計算書とは

前述でも少し触れましたが、キャッシュ・フローを三つの種類ごとにまとめた書類を、キャッシュ・フロー計算書といいます。 キャッシュ・フロー計算書によって、今会社にどれだけ現金があるか、どのようなキャッシュ・フローでこの金額になったかがわかります。

損益計算書で、利益が出ているはずなのに、実際は資金が足りないという場合もなくはないのです。それを見極めるのが、キャッシュ・フロー計算書です。

まとめ

財務三表は、それぞれ連動して会社の経営状態を表します。
会社に必要なのはもちろん利益ですが、利益を上げるためには資金があること、会社自体に蓄えがあることが必要です。 そのためにキャッシュ・フローを知ることは、経営者でなくとも自分の会社の力を把握する上で大変わかりやすく、有効な情報であるといえるでしょう。

経理をもっとラクにするために、会計freeeを活用しましょう

会計freeeを使えば、日々の経理業務に使う時間を大幅に短縮できます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

「自動で経理」で日々の帳簿付けを手軽に

銀行口座やクレジットカードを同期することにより、利用履歴を取り込めます。

取り込んだ明細は、「自動で経理」という機能を使ってカンタンに帳簿付けできます。収入・支出の登録はもちろん、売掛金や買掛金の消し込み、資金の移動なども記帳できます。

経営層にもわかりやすく伝わるレポートもかんたんに

「資金繰りレポート」では、今後のお金の出入りを踏まえた上で、資金ショートを起こさないか確認できます。直接法のキャッシュ・フロー計算書作成にも活用できます。

会計freeeの資金繰りレポート機能

「損益レポート」を使えば、

  • ある部門の損益状況を時系列で確認する
  • 費用・収益の発生状況をグラフから確認する
  • 利益水準が高い月は何月だったのか
などを確認できます。

会計freeeの損益レポート機能

決算関連の書類作成にも対応

損益計算書と貸借対照表が即座に作成できます。

会計freeeの貸借対照表・損益計算書出力イメージ

ほかにも効率的な経理を実現するために数多くの機能があります。

  • 仕訳帳・総勘定元帳のCSV/PDF出力
  • 見積書/請求書/納品書の発行
  • 入金確認や消込、帳簿への反映
  • 支払管理や振込ファイルの自動作成
  • 証憑管理(電子帳簿保存対応)etc...


今すぐ会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!

バックオフィス基礎知識