受発注の基礎知識

動画制作・編集における外注の流れ、注意点や費用相場

スマートフォンなどの端末の普及や通信環境の整備により、動画コンテンツが多く観られるようになりました。そのため、企業においても動画制作のニーズが高まっており、さまざまな動画がアップロードされています。

しかし、実際に動画制作を行おうとしても、ノウハウがなければ何から手をつけていいか分からないといった状態になりがちです。

この記事では、動画制作を外注するときの手順や気をつけるべきポイント、費用の目安などを紹介します。

目次

動画制作を自作するべきか外注するべきか?

動画を制作する場合、まずは自分たちで作るのか外注するのかを決める必要があります。動画制作に関するリソースやノウハウが不足しているならば、専門的な技術を持った外注先に依頼をすることをおすすめします。

社内向けの動画であれば自分たちで制作しても問題ありませんが、外部に動画を公開することを目的としているならば、クオリティの高い動画を作成する必要があるでしょう。完成度の低い動画を公開してしまうと、企業イメージの低下につながる恐れがあります。

しかし、外注すれば費用がかかるため、動画を制作する目的やターゲット、充てられる予算を総合的に考えて自作をするか外注するかを決めましょう。

自作するメリット・デメリット

動画を自作すると、制作するメンバーとの意思疎通が容易であるため、制作の意図が内容に反映されやすいメリットがあります。

一方で、必要なノウハウを備えていなければ、クオリティに不安が残り、編集作業などに時間がかかるでしょう。また、編集作業用のPCやソフト、撮影用のカメラなどの機材を用意する必要があるため、それなりに費用がかかってしまいます。

外注のメリット・デメリット

動画制作を外注するメリットは、自分たちにノウハウやリソースがなくても、動画を作れる点があげられます。専門技術を備えた外部のプロに任せることで、クオリティの高い動画を制作することが可能です。

デメリットとしては外注費用が発生する点と、制作の意図が思うように伝わらないといった点があります。外注する際には綿密にコミュニケーションをとり、必要な予算についても事前に見積書を出してもらいましょう。

外注の流れ

外注によって動画制作を進めるときは、全体的な流れを押さえておくことが重要です。企画から動画の公開までの流れを見ていきましょう。

企画

企画の段階では、事前に行われたヒアリングをもとに、制作会社が企画書を提案してきます。打ち合わせの際に制作スケジュールを立てて、問題がないかをチェックしましょう。

構成

企画書を承認した後は、シナリオや絵コンテといった動画の構成案を提出してもらいます。作りたい動画の意図が正しく反映されているかを細かくチェックし、変更点があれば遠慮なく伝えることが肝心です。

また、一度承認した構成案を後から大幅に修正すると、制作スケジュールに大きな影響を与えるので、打ち合わせの段階で疑問点や不明点は解消しておきましょう。

撮影

完成したシナリオや絵コンテをもとに、動画の素材となる撮影作業を進めていきます。実写で動画を制作する場合は、撮影現場に立ち会うことも必要です。

編集

必要な撮影が完了したら、動画の編集作業を行います。動画の内容にもよりますが、編集作業には2~3週間程度かかるので、公開スケジュールに問題がないかを確認しておきましょう。

公開

動画の確認を行い、必要に応じて修正作業を依頼します。そして、動画が完成したらデータで納品してもらい、アップロードを行って動画を公開します。

動画制作の費用相場

動画制作を外注すると、簡易的なプロモーション動画であれば、30~60万円程度がかかります。

高クオリティの動画であれば、100万円以上の予算が必要ですし、モデルやタレントを起用する場合はさらに費用が発生します。動画制作の費用は、スタッフの人件費が占める割合が大きいので、大がかりな撮影になるほど費用がかさむ傾向にあります。

YouTubeなどでアップロードする短い尺の動画であれば、10~20万円程度の予算でも外注可能です。複数の制作会社に見積もりを依頼して、比較検討を行ってみましょう。

動画制作を外注する方法

動画制作を外注するには、制作会社にすべてを任せる方法とクラウドソーシングを利用する方法があります。それぞれの方法について、ポイントを紹介します。

制作会社に依頼する

制作会社に依頼する方法は、動画制作に関するすべてのことを任せられるので安心です。スケジュール管理から構成案の作成、撮影・編集・動画の公開までをお願いできます。

Webサイトから過去の制作実績を確認して、イメージに近い動画を制作する技術があるのかをしっかりと確認してみてください。

クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングサービスを利用して、動画制作を進める方法もあります。カメラマンや編集者など、フリーランスの人材を活用して制作チームを編成し、動画制作を行うことが可能です。

費用面では制作会社に依頼するときよりも抑えられますが、一方で企画や制作進行の管理を自分たちで行う必要があります。あくまで動画制作に必要な作業を部分的に依頼する形となるので、どこまで自社で担えるのかを精査しておくことが大切です。

外注する際の注意点

動画制作を外注するときに気をつけておきたい点は、動画を作る目的やかけられる予算、納期などを事前に決めておくことです。どのような動画が作りたいかが曖昧では、後からどんどん予算が膨らみ、スケジュールも後ろ倒しになる恐れがあります。

また、外注先を選ぶ際には金額だけで決めてしまわずに、必要な技術を備えているかをチェックしましょう。動画に関する著作権や使用権の取り扱いについても、事前に認識を共有しておくのがトラブル防止につながります。

意外とかかる事務コスト

動画制作を外注する際、制作進行管理や発注管理に思ったよりも手間を取られてしまう場合があります。外注先が複数ある場合は見積書や発注書、請求書などのやりとりも増えるでしょう。

書類の修正依頼や転記ミスなどが発生すれば、それだけ事務的な負担やコストが増してしまいます。

外注先を効率的に管理するなら

制作チームとの連携を取りつつ、動画制作をスムーズに進めていくには、発注に関する業務をシステム化していくことが重要です。発注者と受注者がクラウド上で情報を共有しながら作業を進められるシステムを導入して、受発注業務全体のプロセスを短縮化していきましょう。

まとめ

動画制作を外注するときは、必要な予算の把握や外注先の実績などをよく確認しておくことが大切です。動画が完成するまでの全体的な流れを押さえて、スムーズに制作が進むように取り組んでみましょう。外注先とは、見積書や請求書のやりとりで意外と手間がかかる場合もあるので、受発注業務についてもシステムで自動化することをおすすめします。

電子帳簿保存法に対応したfreee会計を活用しよう

freee会計を使えば、日々の業務を行っていれば保存のための特別な作業をしなくても、帳簿・スキャナ保存・電子取引のすべての類型について、適正に保存が行うことができます。

freee会計

紙は受け取ったその場でパシャリ

紙は受け取ったその場でパシャリ

紙を受け取ったらその場で撮影しfreeeに保存。保存のために記録が必要な事項は、freeeが自動で推測して入力します。

電子帳簿保存法を知らない従業員も、経費精算のレシート受領から約70日以内にfreeeにファイルをアップロードするだけで紙を廃棄でき、経理が紙を収集しチェック・保存する手間と時間を節約することができます。

電子取引データもそのまま保存

メールに添付された請求書やECサイトの領収書なども、スキャナ保存と同様にfreeeにアップロードするだけで保存が完了。

電子取引データもそのまま保存

さらに、銀行やクレジットカードのWeb明細も連携設定するだけで、自動で保存完了。連携された入出金明細は、freeeが勘定科目などを推測したり、処理ルールを設定すれば自動化したりできます。

請求書や領収書もfreee会計で発行・自動で保存

請求書や領収書もfreee会計で発行・自動で保存

freee会計では、請求書、領収書など受発注書類を発行できます。発行した書類はメール添付やfreeeによる郵送代行もできます。

さらに、無料で付帯しているスマート請求書機能を使えば、取引先がダウンロードしたかどうかも自動で記録されます。

freee会計で発行した請求書などの受発注書類は、わざわざ保存のための作業をしなくても、自動で電子帳簿保存の要件を満たして保存されます。

また、freee会計以外にも、フリーランスや個人事業主の受発注に特化した無料サービス・スマート受発注も、電子帳簿保存法に対応しています。受注者と発注者がクラウド上で共同で情報を編集し合うことで、入力した情報は自動で引継ぎされるため、転記作業は一切不要。またファイルを出力などをすることなく、全て電子データとしてサービス内でやりとりを完結することができます。

会計帳簿は電子のまま保存

会計帳簿は電子のまま保存

freee会計なら、スキャナ保存・電子取引保存はもちろん、帳簿の保存もできます。電子帳簿保存法のすべての類型にすべてのプランで対応しており、追加料金はかかりません。
面倒な書面の保存はもう不要です。

業務委託先との契約・発注・請求・支払をまるごと管理

freee業務委託管理は、業務委託先との契約・発注・請求・支払を一元管理するクラウドのサービスです。下請法、フリーランス保護新法、インボイス制度、電子帳簿保存法など法令に対応した安全な取引を実現できます。