プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年11月度 新機能のお知らせ

 

NEW 受取請求書の新しい管理法

メールで受け取った請求書も、あなた専用の登録メールアドレスへ転送するだけで 、freeeにログインせず登録できるようになりました。月末に溜まりがちな請求書処理ですが、受け取ったらすぐ転送しておくことで、登録漏れを防ぐことができます。

さっそくあなた専用の登録アドレスを確認してみましょう。

法人税申告書の作成も freee で

3つの電子申告に対応した新しいサービス「クラウド申告 freee」の提供を2017年1月初旬より開始することを発表しました。

これにより現在対応している決算書作成に加え、法人税申告書の作成も可能になります。別途申告ソフトをご用意いただく必要はなく、freeeで会計から申告まで全て行っていただけます。 ご利用開始は2017年3月決算の法人申告からを予定しております。

 

従業員のマイナンバー登録をスマホで

スマホマイナンバー.png

マイナンバーの登録は、本人確認書類の画像添付が必要となります。スキャナなど特別な機器がない場合は、どのようにすれば良いでしょうか?

freeeでは、従業員の年末調整作業のステップフロー内で登録用のQRコードが表示されます。従業員は、そこからスマホで自分の本人確認書類を撮影し、freeeにアップロードができるようになりました。

マイナンバーの収集は、freee(フリー)で簡単に。

Excel形式でのインポートに対応

excelインポート.png
毎月ある作業だからこそ、ファイルの加工や変換は面倒ですよね。

このたび、仕訳データ、売上データのExcel形式でのインポートに対応しました。例えば、毎月の売上をお手元のExcelで管理されている場合、ファイルをそのままアップロードすれば、収入取引としてfreeeに登録することができます。

今後も支出取引など他のインポートなどに対応していく予定です。

リリース・お知らせ

 

 

freee プレスリリース

 

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

年末年始休業のお知らせ

 

日頃、freee をご利用いただき、誠にありがとうございます。

freeeサポートデスクは、メール・チャット・電話サポートにつきまして、 下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。

なお、年末年始はお問い合わせが大変混み合うことが予想されます。お急ぎのご質問は、お時間に余裕を持ってお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ご不便をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 


年末年始休業期間

2016年12月29日(木)~ 2017年1月3日(火)

新年は2017年1月4日(水)から、平常通り営業いたします。

2016年12月

2017年1月

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

1

2

3

4

チャット

祝日

休業

年末年始休業

メール

◯(*)

◯(*)

電話

ヘルプページ


(*) 2016年12月22日(木)までにお受けしたメールは、2016年12月28日(水)までにご返信いたします。それ以降に新規にお受けした、または解決に至らなかったメールでのお問い合わせは、2017年1月4日(水)より順次ご回答いたします。

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年10月度 新機能のお知らせ

 

NEW 受取請求書の新しい管理法

メールで受け取った請求書も、あなた専用の登録メールアドレスへ転送するだけで 、freeeにログインせず登録できるようになりました。月末に溜まりがちな請求書処理ですが、受け取ったらすぐ転送しておくことで、登録漏れを防ぐことができます。

さっそくあなた専用の登録アドレスを確認してみましょう。

 

法人税申告書の作成も freee で

3つの電子申告に対応した新しいサービス「クラウド申告 freee」の提供を2017年1月初旬より開始することを発表しました。これにより現在対応している決算書作成に加え、法人税申告書の作成も可能になります。
別途申告ソフトをご用意いただく必要はなく、freeeで会計から申告まで全て行っていただけます。 (*)2017年3月決算の法人申告より


リリース・お知らせ

 

 

freee プレスリリース

 

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


お知らせ | クラウド会計ソフト freee プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

freee 公式コミュニティ「freee部」を発足。 キックオフイベントを開催し、部員を公募開始しました。

 

1.freee部の発足

 

freee部とは、freeeと一緒に、freeeのプロダクト、ミッション、価値基準を広め、応援してくれるパートナーのあつまりのことです。
freeeは2016年3月時点で60万事業所以上に活用され、会計事務所向けプログラム「freee認定アドバイザープログラム」は10月時点で3,300事務所以上に活用されています。freeeリリースから3年半、多くの方にご愛用いただき、その体験を発信いただいたこと。これらがなければ今のfreeeは存在し得ませんでした。
今後も皆様の生の声を多くの人に届け、freee部の皆様と密に交流を深めていくべく、「freee部」というグループを創設いたしました。一部ユーザー・アドバイザーの方には先行告知し、すでにfreee部には44名に登録いただいております。

 

2.キックオフイベントの開催

 

2016年10月13日、freee本社オフィスにて15名のfreee部員の方にお越しいただき、当日は執行役員プロダクトマネージャー坂本からのfreeeのプロダクトの未来についてお話しをし、その後freee見学会や、部員同士の交流会を実施いたしました。
部員の方からの質問を佐々木からお答えし、部員からユーザー目線でfreeeの使い方のコツを共有していただくなど、社内外問わずお互い意見交換をし合う貴重な機会となりました。

freee-bu-blog
3.今後の活動について

 

freee部は今後、新プロダクト体験、キャンペーンの優先案内、freeeの魅力や価値・活用法を世の中に広める活動、freeeオフィスでの特別イベントなど、さまざまな活動を予定しています。
初期募集やキックオフイベントは小規模でスタートいたしましたが、今後、以下のページよりfreee部員の公募を開始いたします。

freee部ページ
https://www.freee.co.jp/freee-bu

freee部規約をご一読の上、お申し込みください。

熱い気持ちを持ってfreeeをともに広める活動に参加していただける方のご応募をお待ちしております。


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年10月度 新機能のお知らせ

 

法人電子証明書対応口座が国内最大に

電子証明書連携アプリ(Windows専用)が、新たに 法人電子証明書700口座に対応しました。 全1,107口座の同期に対応しており、対応口座数は国内最大となります。2015年12月時点では110行に対応しておりましたが、約1年で1,000行の銀行に追加対応したことになります。

電子証明書連携アプリを利用すると、電子証明書形式の銀行口座の利用明細をfreeeに自動取得することができ、記入ミスや登録漏れを防ぐことができます。こちらからアプリをダウンロードし、自動で経理から記帳を試してみましょう。

 

freee プレスリリース

 

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年9月度 新機能のお知らせ

 

大量の証憑を高速登録 “スキャンで経理”


1473097609pG9RQH77mj8ZJV31473097131

月末や期末に、たくさんの領収書や請求書の登録に追われていませんか?

freeeでは、紙証憑に伴う記帳業務を大きく効率化する「スキャンで経理」の提供を開始しました。紙証憑を直接 freee に取り込むことで、画面上で並べて見ながら入力ができるようになります。登録が終わると自動で次の画像に移動し、効率的に記帳ができます。ショートカットキーを提供し、インターフェイスもたくさんの処理を行う方に適したものとなっています。

OCR(光学文字認識)やAIの技術を活用した入力サポート機能の実装も予定しており、freee は記帳業務の圧倒的な効率化を実現してまいります。

 

発注書の作成に対応


発注書.png

freee(フリー)が発注書の作成に対応しました。これにより、得意先とのやりとりだけでなく、仕入先とのやりとりもfreee上で行うことができるようになります。作成手順は請求書と同じですので、まずは1枚作成してみましょう。

 

リリース・お知らせ

 

プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

請求書郵送を開始 – 業界最安値の150円/通で郵送可能 –

 

請求書郵送を開始


請求書郵送がfreeeなら業界最安値の150円

このたび、会計freeeが 請求書郵送に対応しました。
freeeで作成した請求書は、1クリックで郵送依頼が完了し、請求先には3-4営業日で到着します。業界最安値の1通150円(税抜)で郵送が可能です。面倒な面倒な印刷・封入・郵送を行う必要はもうありません。


* 請求書郵送は、登録後30日間は基本料金なしでお使いいただけます。以降は、法人様・個人事業主様の有料プランでお使いいただけます。

 

取引先に合わせて送付方法を選択

  • 作成した請求書をそのままfreee上でメール送信(無料)*
  • 請求書のPDFファイルをダウンロード(無料)
  • 1クリック郵送(業界最安値 150円/通)


*受け取った取引先も freee をご利用でしたら、 スマート請求書 を無料で利用できます

  


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年8月度 新機能のお知らせ

 

いつもお世話になっております。
クラウド会計ソフトfreee 嶋田まゆみです。

8月度のfreee新機能リリース情報です。

 

ご要望の多い機能を追加・請求書


請求書採番.png

このたび、ご要望の多かった請求書機能のうち、以下の2つに対応しました。

  • 定期請求を設定する際「毎月月末」を設定できるようになりました
  • 見積書/納品書/請求書を作成する際、採番ルールを任意のものに変更できるようになりました。これにより、請求書番号に日付を入れたり、取引先の要望にあわせた連番に設定することが可能になりました。 


 

入社に必要なすべての書類をfreeeで


入社書類.png

給与freeeが、入社手続きに必要となるすべての書類の出力に対応しました。入社前の従業員にも入力を依頼できますので、手間なく作成できます。

  • 健康保険被扶養者(異動)届及び国民年金第3号被保険者にかかる届書
  • 雇用保険被保険者資格取得届
  • 健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届 


 

Android アプリ 2.6.0をリリース

android_取引テンプレ.png

freeeのAndroidアプリで、テンプレートを使った取引登録ができるようになりました。あわせて、取引登録時に部門を選択できるようになり、部門の追加や削除もアプリで行えるようになりました。

 

その他のリリース・お知らせ

 
 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


お知らせ | クラウド会計ソフト freee

クレジットカードご利用料金の請求スケジュール変更のお知らせ

平素は freee(フリー)をご利用いただき、ありがとうございます。

freeeのご利用料金をクレジットカードでお支払いいただいているお客様へのご案内です。

このたびfreeeでは、クレジットカード決済のための決済代行業者を変更いたしました。その関係で、一部のお客様におかれましては、ご利用料金の請求スケジュールがこれまでと変更となる場合があります。

これに伴い、ある月のクレジットカードご利用明細にfreeeのご利用料金が2ヶ月分記載されたり、逆に1件も記載されなかったりといったことが発生する可能性がありますが、翌月以降は再び一定の請求スケジュールに戻ります。いずれも異常ではありませんので予めご承知おきください。

 
ご不明な点がございましたら、freee サポートデスクまでお知らせ下さい。
今後とも、freeeをどうぞよろしくお願いいたします。


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


お知らせ | クラウド会計ソフト freee

Safari 8, Safari 7, Safari 6 サポート終了に関するお知らせ

平素は freee(フリー)をご利用いただき、ありがとうございます。

freee はセキュリティ保護を重視しており、定期的にブラウザポリシーの見直しをしております。昨年Max OS X 10.11 Yosemiteがリリースされ、Mac OS X 10.8 Mountain Lionのサポートが終了 (* )したことを受け、ブラウザポリシーをアップデートします。

現在、クラウド会計ソフトfreee は、広くご利用頂いているSafari 6、Safari 7、Safari 8 に対応しておりますが、2016年9月1日以降、Safari 6, Safari 7, Safari 8 への対応を終了いたします。Safari 6,7,8 経由で freee をお使いになっているユーザーの皆様におかれましては、新しいバージョンのSafari(Safari 9**)をご利用いただくか、freeeの推奨ブラウザであるGoogle Chrome のご利用をご検討ください。

(*) 2016/08/16現在 最終更新は2015/08/13となっております。Apple社のOS製品はサポート期限が明示されていません。OS Xのサポート状況を調査したところ、OS X 10.8以前の過去バージョンはセキュリティアップデートが終了したと推測されます。
(**) Safari 9 は Mac OS X 10.9 Marvericks 以降で利用可能です。

 

あたらしい freee ブラウザポリシー

[freee 推奨ブラウザ]
– 最新版のGoogle Chrome
(*)バージョン9以上の、最新のSafariもご利用いただけます


[freee 非対応ブラウザ]

– バージョン9 以下の Internet Explorer
– バージョン8 以下の Safari

 

サポート終了に伴うQ&A

Q: 期間が過ぎると、すぐに freee が利用できなくなりますか?
A: いいえ、直ちにfreeeが動作しなくなるというわけではございません。
ただし、新機能をリリースする際、古いバージョンのSafariについては動作確認を行いませんので、正しく動作しない可能性がございます。

Q: サポート終了以降、古いバージョンのSafariを利用して不具合が起こった場合、freeeに問い合わせることができますか?
A: いいえ、古いバージョンのSafariは動作保証外となります。
freee サポートデスクにお問い合わせいただきましても、不具合に対応することはいたしかねます。お手数でございますが、新しいバージョンへのアップデート、もしくは対応ブラウザのご利用をご検討ください。

 
 
ご不明な点がございましたら、freee サポートデスクまでお知らせ下さい。

今後とも、freeeをどうぞよろしくお願いいたします。


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp