プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年7月度 新機能のお知らせ

 

いつもお世話になっております。
クラウド会計ソフトfreee 嶋田まゆみです。

7月度のfreee新機能リリース情報です。

 

請求書のやりとりがfreee内で完結

freeeを使っている方から受け取った請求書を、オンラインで簡単に記帳できるようになりました。メールで届いた請求書にある「freeeに取り込む」をクリックするだけで、請求書に記載されている内容が自動転記され、そのまま買掛金として登録することができます。

freeeを使えば、請求書の発行も、受け取った請求書の記帳も1つの画面で完結。あなたの経理をぐっと効率化できます。

freeeの入社手続きが新しく

給与freeeが「健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届」の作成に対応しました。この書類は入社時に社会保険に加入するすべての従業員に対し必要ですが、入社した日から5日以内に提出する必要があり、短期間で準備をしなければなりませんでした。

freeeでは、入社前の従業員に入力を依頼をすることができ、従業員に入力してもらった内容でカンタンに届け出を作成することができます。

所得税徴収高計算書の納期特例に対応

従業員の給与などから源泉徴収した所得税は、控除月の翌月10日までに税務署へ納める必要がありますが、従業員が10人未満の場合に源泉所得税を半年分まとめて納めることができる特例があります。

給与freeeがこの納期特例に対応し、チェックを入れるだけで対応した書類を出力できるようになりました。

 

キーボード操作でさくさく「高速登録」リリース

キーボード操作のみで一度にたくさんの取引を効率的に入力できる「高速登録」をリリースしました。現金取引が多い方、freeeがまだお使いの銀行との同期に対応していない場合などに便利です。

 

納品書の合算請求に対応

freeeで作成した複数の納品書を、1枚に合算して請求できるようになりました。合算して請求したい納品書を選択するだけで、各取引を合計した請求額が記載された1枚の請求書に簡単にまとめることができます。

 

初期設定に便利なExcelアドインをリリース

初期設定用に加工したExcelファイルをfreeeにそのままインポートできるアドインをリリースしました。Excelのインターフェイス右側にある「データインポート」をクリックすると、加工した勘定科目・取引先・部門・品目を簡単にfreeeに取り込むことができます。(ヘルプページはこちら: https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/210287946

 

その他のアップデート

  • 振替伝票のインターフェイスをリニューアル、キーボード操作による高速登録に対応
  • 品目・メモタグ・取引先の一括削除に対応
  • freee Androidアプリで、取引先品目検索に対応

 
 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年6月度 新機能のお知らせ

 

いつもお世話になっております。
クラウド会計ソフトfreee 嶋田まゆみです。

6月度のfreee新機能リリース情報です。

本日ご紹介する機能は、こちらの動画で詳しく見ることができます。

 

算定基礎機能をフルリニューアル


算定基礎→月変.gif

6月初旬に年金事務所から封書が届いている方は、7月10日までに算定基礎届の提出が必要ですが、算出方法が複雑で担当者の負担となっていました。

今回のリニューアルで、日々入力していた給与計算情報を元に、1クリックで書類を出力できるようになりました。一定の条件を満たす給与額の変更があった際に必要な「月額変更届」にも対応。給与freeeがその月に誰にどの届け出が必要なのかを自動判別して書類を作成します

さっそく給与freeeで届出が必要な従業員を確認し、PDFを出力しましょう。

仕訳形式のプレビューに対応

会計freeeは、入出金を登録するだけで複式簿記形式として登録されますので、はじめての方でも簡単に記帳することができます。

このたび、仕訳形式でのプレビューに対応し、取引登録時に裏側でどのような仕訳が登録されるかを確認できるようになりました。登録後も「取引の詳細」から仕訳形式のプレビューを確認できます。

その他のリリース


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


お知らせ | クラウド会計ソフト freee

freeeサポートデスク臨時休業のお知らせ

freee をご利用いただき、誠にありがとうございます。

以下の日程で、サポートシステムのメンテナンスを実施いたします。期間中は表記のサポートサービスをご利用いただくことができません。当日はご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。

臨時休業日:2016年7月8日(金) 

  • 電話サポート:終日休業
  • チャットサポート:終日休業
  • メールサポート(お急ぎサポート):終日休業
  • メールサポート:終日休業
  • ヘルプページ :通常通りご利用いただけます

なお、メールでのお問い合わせにつきましては、上記期間中も送信は可能ですが
弊社からの回答は、翌営業日の2016年7月11日(月)より順次行ってまいります。


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

freeeが定期請求・合算請求・部門会計に対応

いつもお世話になっております。
クラウド会計ソフトfreee 嶋田まゆみです。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)が定期請求・合算請求・部門会計に対応しました。これらの機能は、法人向けプラン【ビジネス】、個人事業主向けプラン【プレミアム】【スタンダード】でご利用できます。また、各プランともに、30日間の無料トライアル期間を設けていますので、ご導入前にお手元でお試しいただけます。

また、本日ご紹介する機能は、こちらの動画で詳しく見ることができます。

定期請求に対応

 

定期請求の設定は、テンプレートとなる請求書を作成し、「毎月25日」など作成する頻度を設定するだけでOK。期日になると下書きの請求書が自動作成され、freeeが請求書作成日が来たことをメールでお知らせします。

freeeでは、請求書を作成すると売掛金の記帳まで自動で行うことができますが、定期請求を設定すれば、毎月の請求書発行がより便利になります。

定期請求.gif

 
 

合算請求に対応

 

freeeで作成した複数の見積書を、1枚に合算して請求できるようになりました。合算して請求したい見積書を選択するだけで、各取引を合計した請求額が記載された1枚の請求書に簡単にまとめることができます。

合算請求.png

 
 

部門会計(部門別配賦)

 

複数店舗がある・複数の部門がある企業様向けに、部門会計に対応しました。これにより「営業1課と営業2課の費用を比較」というように、設定した部門毎の会計データを見ることができます。

配賦基準を設定すれば、部門別配賦にも対応できます。よく使われるのが通信費や販管費などの間接費で、仕訳帳から配賦仕訳の一覧を確認することができます。

部門会計.png

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


freee 公式ブログ | クラウド会計ソフト freee (フリー)

プライバシーポリシー 一部変更のお知らせ

ユーザーの皆様

平素より、freee サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

個人情報に関わるプライバシーポリシーを一部追記いたしました。本プライバシーポリシーの変更は、該当の変更のみであり、その他の内容に関わる変更はございません。
 

◇ freee プライバシーポリシー変更内容

以下の内容を「1 個人情報の収集方法とその目的について」に追記いたしました

「当社が個人情報を第三者から間接的に取得する場合は、当該第三者が本人から適正に取得したものであるかどうかを確認した上で、上記目的の範囲内で利用します。」

変更点は以上ですが、プライバシーポリシーページで、改定後の全文をご覧いただけます。今後とも、freeeをよろしくお願いいたします。
 


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年5月度 新機能のお知らせ

 

推移表をリニューアル

 
推移表が大幅にリニューアルし、記帳チェックがしやすくなりました。

月次推移表は、損益計算書と貸借対照表を1ページにまとめました。売上高などの各項目は取引先や品目ごとに展開できるようになり、月次推移表内でより詳細な内容を確認しやすくなりました。

あわせて、スクロール時にヘッダを固定するなど、視認性も向上しました。

 
また、新しく日時残高推移も確認できるようになりました。日次での売上情報を確認したり、口座残高の推移を確認することができます。

 
 

NPO法人に対応

 
会計freeeがNPO法人に対応しました。無料で配布している「NPOキット」を使うと、NPO法人特有の勘定科目に対応できます。日々の記帳業務から活動計算書や決算書の作成までをfreeeを使って効率的に行うことができます。

使い方ガイドも同封してありますので、迷わず作業を進めて頂けます。

 
 

扶養親族等の数の自動計算に対応

 
給与freeeが「扶養親族等の数」の自動計算に対応しました。「扶養親族等の数」は、所得税の計算に必要な情報である一方、算出方法がとても複雑で、給与担当者の負担になっていました。

feeeeでは、名前や続柄などの扶養家族情報を入力するだけで、「扶養親族等の数」を自動で算出し、所得税を計算します。もう所得税の計算ミスを心配する必要はありません。

 
 

取得した明細へコメントができるように

 
取得した明細にコメントができるようになりました。明細の一覧から、コメントを入力したり確認することができます。他部門や記帳代行先、顧問税理士との記帳前の事前確認に便利です。


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


freee 公式ブログ | クラウド会計ソフト freee (フリー)

本社移転によるプライバシーポリシー内の住所変更のお知らせ

ユーザーの皆様

平素より、freee サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

本社移転に伴い、プライバシーポリシーに記載の住所を変更いたしました。本プライバシーポリシーの変更は、弊社住所の変更のみであり、その他の内容に関わる変更はございません。
 

◇ freee プライバシーポリシー変更内容

「9 プライバシーステートメントの変更・更新通知及び苦情について」の住所を下記に変更いたしました。

東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F

 
変更点は以上ですが、プライバシーポリシーページで、改定後の全文をご覧いただけます。今後とも、freeeをよろしくお願いいたします。
 


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

[リリースノート]新機能のお知らせ 2016年4月14日

こんにちは。
クラウド会計ソフトfreee(フリー) 嶋田 まゆみです。

 

売上専用口座等で”自動で経理”がより便利に

自動登録ルールの取引内容(明細の取引内容の一致条件)で、今までは「完全一致」や「部分一致」などに対応していましたが、新たに「指定なし」を選択できるようになりました。「指定なし」を選択すると、その口座の全ての明細を対象に自動登録ルールを適用することができます。

例えば、売上専用入金口座を「指定なし」として自動登録ルールを設定すると、その口座の全ての明細を売上として処理することができ、経理をより効率化していただけます。

 

取引先のマイナンバー収集に対応

2017年提出分から、支払調書に取引先の個人事業主のマイナンバーの記載が義務付けられています。freeeでは、事業に関係する個人事業主を「取引先」として追加・招待すると、その方が直接あなたのfreee上にマイナンバーを登録することができます。

取引先に行ってもらう作業は、こちらのヘルプページからご確認いただけます。freeeを使って、マイナンバーをセキュアな環境で安全に収集・管理しましょう。

 

みなし残業制に対応

給与freeeがみなし残業代制に対応しました。あらかじめ固定残業代の額が定められているケース(固定残業代制)で、みなし残業代を入力するだけで超過分を含めた残業代の自動計算が可能となります。

 

定額制の健康保険に対応

給与freeeが定額制の健康保険に対応しました。あわせて、従業員単位で保険料が異なるケースにも対応していますので、保険料の計算は従業員単位で「健康保険料率」または「月単位の定額制」をお選び頂くことができます。

 

従業員情報の管理者による制御に対応

給与freeeに登録する従業員情報の変更を、許可制にできるようになりました。従業員は管理者の承認を受けて自身の情報を変更することができるようになります。([設定]→[権限管理]から変更できます。)

 
 


ご不明点がございましたら、サポートデスクまでお知らせ下さい。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)
嶋田 まゆみ
https://secure.freee.co.jp/


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

[リリースノート]新機能のお知らせ 2016年3月17日

こんにちは。クラウド会計ソフトfreee(フリー) 嶋田まゆみです。

 

仕訳エクスポートで補助科目に対応

仕訳エクスポート時に補助科目が出力されるようになりました。freee上の勘定科目にあわせ、取引先、口座名、品目が補助科目として出力されます。日々の記帳はfreeeで、決算は別会計ソフトで行う方に便利です。現時点で、弥生会計・ミロク・JDL・財務応援形式に対応しています。

 

4月1日からのH28年度料率変更へ対応

4月1日の法改正に伴い、健康保険や雇用保険など、従業員の給与に関わる保険料率が変更となります。クラウド給与計算freeeでは、以下の通り対応を完了いたしました。追加料金等は必要ありません。

  1. H28年度の雇用保険料率に対応しました
  2. H28年度の協会けんぽの保険料率に対応しました
  3. 標準報酬月額及び累計標準賞与額の上限の変更に対応しました(*) 

(*)標準報酬月額の変更は、事業主様にて手動で行って頂く必要があります。https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/203139164

 

 その他のお知らせ・アップデート

  1. 給与freeeで管理者による月単位での勤怠入力に対応しました
  2. 給与freeeでfreee形式の勤怠データCSVインポートに対応しました
  3. 給与freeeで顧問税理士・社労士の先生の招待に対応しました
  4. 給与freeeで割増賃金における1時間あたりの賃金に手当額が自動反映されるようになりました
  5. マイナンバー管理freeeの無料キャンペーン期間を延長します
  6. 2016/3/31をもって、会計freeeでInternet Explorer 9へのサポートが終了します 

ご不明点がございましたら、サポートデスクまでお知らせ下さい。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)
嶋田 まゆみ
https://secure.freee.co.jp/


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

[リリースノート]新機能のお知らせ 2016年2月18日

こんにちは。クラウド会計ソフトfreee(フリー) 嶋田まゆみです。

 

今年の確定申告は、スマートフォンを活用しませんか?

freee Androidアプリなら、簡単な質問に「はい/いいえ」で答えたり、源泉徴収票をそのまま写すだけで確定申告が完了します。スキマ時間を使っていつでも作業ができ、家に帰ってからアプリの作業の続きをウェブ版で行うこともできます。アプリとウェブ版で同じインターフェイスを採用していますので、作業に迷うことがありません。

また、どこでも申告書を出力できますので、提出書類に間違いがあっても、外出先でさっと修正・印刷することが可能です。

今年は、新しくなったアプリで、世界一簡単な確定申告を。

今年も3/15までの確定申告期間中、土日サポート窓口をオープン。右下のウィンドウからお声がけください。

チャットウィンドウ.png

 

補助科目の出力に対応

弥生会計やCSV形式で仕訳帳のエクスポートをする際、補助科目の出力ができるようになりました。仕訳帳をcsvファイルでエクスポートする際に、freeeに登録した取引先・品目を自動判別し、補助科目として出力します。

 

未決済取引のサジェスト機能を強化

取引先名を入力して決済済みで取引を登録しようとすると、その取引先に関連する未決済取引が自動でサジェストされるようになりました。まだ支払っていない取引が表示されるので、売掛金・買掛金の重複登録を防ぎます。

 

有給休暇管理に対応

給与 freee が有給休暇の管理に対応しました。 有給休暇の付与はもちろん、残日数の管理や賃金台帳・出勤簿といった書類への反映を自動で行うことができます。法定三帳簿への反映はクラウド型ソフトでは初となります。

 

従業員の勤怠入力制御に対応

給与freeeが、管理者による従業員の勤怠入力を管理できるようになりました。確定したデータを従業員が上書きしてしまうことがなくなります。


ご不明点がございましたら、サポートデスクまでお知らせ下さい。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)
嶋田 まゆみ
https://secure.freee.co.jp/