クラウドERP IPO準備・監査対応の
効率化なら
クラウドERP freee

*2020年1月~6月にマザーズ上場承認された企業(上場中止企業を除く)。

IPO準備においては、
「予実管理」と「内部統制」の
両面を進める必要があります

予実管理

予実管理

  • 月次決算の早期化
  • 予算との差異分析
  • 投資家への説明
内部統制

内部統制

  • 内部統制の構築・運用
  • 労務管理の徹底
  • 財務会計制度の確立

予実管理

予実管理を通じデータに基づいた
迅速な意思決定が可能

予実管理

内部統制

全ての仕訳に関連するワークフローと証憑が自動で紐づくスマートドリルダウン

内部統制

また、時間と手間のかかる監査対応がスムーズになります

監査とのデータ共有

クラウドで、端末を選ばずに複数人で利用でき、ユーザー毎に細かく権限設定を行えます。
そのため、必要な権限のアカウントを作成し、監査にクラウド上でデータを共有することが可能です。

監査とのデータ共有

修正・権限変更ログの確認

ユーザーのログイン履歴、仕訳の承認・変更履歴、ユーザー情報の更新履歴、権限変更履歴などのログを簡単に確認・出力できます。

修正・権限変更ログの確認

「SOC1 Type2 報告書」を受領

「SOC1 Type2 報告書」を受領

米国公認会計士協会(AICPA)が定める米国保証業務基準書第18号(SSAE18) 及び国際会計士連盟(IFAC)が定める国際保証業務基準3402(ISAE3402)に準拠した、「サービス・オーガニゼーション・コントロール1(SOC1) Type2 報告書」を受領しています。
今回の受領により、クラウドERP freeeの会計モジュールである「クラウド会計ソフトfreee」エンタープライズプランを利用されるお客さまは、報告書を利用することで内部統制の評価を効率的に行うことができるようになります。

「Type2」は、関連する業務における内部統制の運用状況の有効性について一定期間を対象に評価した結果を記載したものです。上場準備企業・上場企業に適した効率的かつ透明性の高い内部統制システムを提供しています。

上場・IPO準備企業、成長企業にて
多数ご活用いただいています

内部統制対応企業一覧

内部統制・
IPO準備(上場準備)に関する
お役立ち資料はこちら

クラウドERP freee
紹介資料

企業成長・上場に耐える管理体制の整備や経営の見える化をfreeeでどのように実現できるかご紹介

内部統制と業務効率化を
両立させる4つのルール

IPO準備企業が意識したい、バックオフィスの4つのルールとは?

業務フローチャート
(内部統制文書3点セット)

内部統制の評価に必須の3点セットから、業務フローチャートの一部を特別に公開します

お気軽にお問合せください

freeeでは、ご導入の相談を無料で承っております。貴社の課題を伺った上で、
改善のご提案を差し上げます。まずはお気軽にご相談ください。