営業ー管理部門間の業務を自動化・見える化
クラウドERP

営業ー管理部門間の
業務を自動化・見える化

導入のご相談はこちら

03-6629-5570

(平日10:00-12:00, 13:00-18:00)

営業ー管理部門間のよくある課題

営業のイメージ

営業

  • 見積書・請求書の作成はCRM・SFAにある内容を転記しているので二度手間である
  • 入金状況は経理に確認しないとわからない

経理のイメージ

経理

  • 請求書作成で商品マスタを参照するのに手間がかかる
  • 債権管理・消込をエクセルで行っているが、煩雑になっている

CFO・管理部長のイメージ

CFO・管理部長

  • 情報が分散しており、収益予測が立てられない
  • 上場に向けCRM・SFAにある商品マスタと販売管理を連携したい

課題の背景は「データの分断」

課題の背景は「データの分断」



従来の営業と管理部門では、複数のシステムやエクセルを使用し、業務とデータが分断。
売上・財務データの収集に時間がかかるほか、商品マスタの更新も煩雑になってしまいます。

分断するデータをつなげ、部門間の業務を円滑に

分断するデータをつなげ、部門間の業務を円滑に



Salesforce®の商談・商品のデータを連携するため、freeeでの見積書・請求書の作成が数クリックで完了。
債権管理や消込、仕訳入力もfreeeの機能で一気通貫で自動化するので、部門をまたぐ業務をスムーズに行えます。

入金管理から分析まで効率化

Salesforce®上で入金状況を確認

Salesforce®上で入金状況を確認

銀行口座データを自動取得するfreeeでは、入金状況をSalesforce®に自動連携。営業担当が経理に確認する手間もなく、債権管理を馴染みのシステムで行えます。

サブスクリプションビジネスにも最適な形で連携

サブスクリプションビジネスにも
最適な形で連携

柔軟な一括・合算発行機能と収益振替スケジュール機能により、請求書作成業務と計上処理を自動化します。

分析・管理用データの整備も簡単に

分析・管理用
データの整備も簡単に

請求書発行と同時に自動登録される売掛金の仕訳に、部門や品目、プロジェクトなどの情報を自動でfreeeに補完。freee上で様々な切り口のデータ分析や管理を行えます。

Salesforce®上でプロジェクト原価管理に対応

Salesforce®上で
プロジェクト原価管理に対応

Salesforce®の商談とfreeeの経費情報をAPIで連携することで、Salesforce®上でのプロジェクト原価計算が可能になります。

2019年春リリース予定

導入事例

toBeマーケティング 代表取締役CEO 小池智和 氏、freee 代表取締役CEO 佐々木大輔

【対談】生産性の高い組織作りには
システムにおける部門間連携が必須

データの一元化で、部門を超えて同じデータを見ながら議論できる。施策提案や解決方法を焦点とした議論から始めることも可能。圧倒的な時間の節約につながります。

toBeマーケティング 代表取締役CEO 小池智和 氏
freee 代表取締役CEO 佐々木大輔

トラスティルグループ代表 小倉純一 氏

「2分」の効率化を積み重ね、さらなる価値提供を
Salesforce×freee 活用で目指すイノベーション

組織拡大には、経営判断がますます重要。会計データと顧客管理をよりスムーズに紐付け、的確かつスピード感のある判断をおこなえるのは嬉しいです。

トラスティルグループ代表 小倉純一 氏

導入企業一覧

導入企業一覧ロゴ

freee for SFAの資料請求はこちら