内部統制対応
クラウドERP

内部統制対応なら
クラウドERP freee
エンタープライズプラン

アクセスコントロールで不正アクセスを予防

不正ログイン防止

  • 特定IPアドレスのみのアクセス制限
  • 不正アクセスの検知が可能
  • ログイン時のニ要素認証やログイン失敗回数制限

部署や役職に応じた適切な権限設定が可能

  • 約50ある機能毎に「操作/閲覧/登録/編集/削除」の権限をユーザー単位で付与可能
アクセスコントロールで不正アクセスを予防

インプットコントロールで整合性を担保

職務分掌に応じた権限付与・承認フローの構築

  • 稟議、見積・請求書発行、支払依頼などのワークフローをご用意
  • 稟議・証憑・仕訳を紐付け承認の証跡を残し、統制を強化
  • 仕訳承認制による正確なデータ記録

業務プロセスを共通化

  • 取引先・部門・品目などのマスタを統一
  • 1度インプットされた内容は自動転記し、改ざんや転記ミスを防止

インプットコントロールで整合性を担保

モニタリングで異常アクセスをトラッキング

監査ログを実装


  • システム管理基準追補版(経産省)に準拠
  • 仕訳変更・承認履歴、ユーザー情報更新・権限変更履歴などアクセス記録のモニタリングを行っており、異常なアクセスをトラッキング可能
モニタリングで異常アクセスをトラッキング

「SOC1 Type2 報告書」を受領

「SOC1 Type2 報告書」を受領

米国公認会計士協会(AICPA)が定める米国保証業務基準書第18号(SSAE18) 及び国際会計士連盟(IFAC)が定める国際保証業務基準3402(ISAE3402)に準拠した、「サービス・オーガニゼーション・コントロール1(SOC1) Type2 報告書」を受領しています。

今回の受領により、クラウドERP freeeの会計モジュールである「クラウド会計ソフト freee」エンタープライズプランを利用されるお客さまは、報告書を利用することで内部統制の評価を効率的に行うことができるようになります。

「Type2」は、関連する業務における内部統制の運用状況の有効性について一定期間を対象に評価した結果を記載したものです。
上場準備企業・上場企業に適した効率的かつ透明性の高い内部統制システムを提供しています。

9人日かかっていた内部統制審査用資料一瞬で作成完了

9人日かかっていた内部統制審査用資料一瞬で作成完了

上場の内部統制審査で2年分の資料提出が必要でした。オンプレ型サービスで紙文化だった1年分は、スタッフが年末休み返上で3日間3人がかり夜通しで稟議書の一覧表を作成。しかし、freee導入後の期間はCSVファイル出力で一瞬で完了してしまいました。

株式会社GA technologies (不動産業、従業員数100名〜)

上場・上場準備企業、成長企業での
内部統制対応にご活用いただいています

上場・上場準備企業、成長企業での内部統制対応にご活用いただいています

上場準備お役立ち資料の無料ダウンロード

クラウドERP freee
紹介資料

企業成長・上場に耐える管理体制の整備や経営の見える化をfreeeでどのように実現できるかご紹介

内部統制と業務効率化を
両立させる4つのルール

IPO準備企業が意識したい、バックオフィスの4つのルールとは?

業務フローチャート
(内部統制文書3点セット)

内部統制の評価に必須の3点セットから、業務フローチャートの一部を特別に公開します

お気軽にお問合せください

freeeでは、ご導入の相談を無料で承っております。貴社の課題を伺った上で、
改善のご提案を差し上げます。まずはお気軽にご相談ください。