はてなブックマークに追加する
LINEに送る

【2019.7月度】新機能情報(2)

【会計freee】10%および8%(軽)の税区分を追加しました

10%および8%(軽)の税区分を追加しました

10/1から始まる、増税および軽減税率制度の施行に合わせ、10%および8%(軽)の税区分を追加し、取引や振替伝票等で利用できるようになりました。

操作ミスを防ぐため、2019年10/1より前の日付では利用できません。(保存操作時にエラーになります)

また、iOS・android版にも対応しております。

本変更の詳細解説
軽減税率についての解説

【人事労務freee】【ビジネスプラン】勤怠に関する申請/承認が可能に(ワークフロー)

勤怠に関する申請/承認が可能に(ワークフロー)

有給取得・残業・遅刻早退など10種類の申請/承認ができるようになりました。

有給取得可能日数を越えていないかなど、システムが自動的に妥当性をチェックする「自動で申請チェック」機能も搭載しています。

会計freeeも含めて、様々な申請・承認をfreee上で行うことで、Excel等の管理を減らすことや、証跡管理を楽にすることに繋がります。 ぜひこの機会に、人事労務freeeビジネスプランのご利用を検討ください。

本機能の詳細解説
ビジネスプランの問い合わせ

資金調達支援の新サービス
【資金繰り改善ナビ】についてご意見ください

資金繰り改善ナビの画面

先日公開した、資金繰り改善ナビはご覧頂けましたでしょうか。
freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」という想いで、汎用業務ソフトの提供を通じ、スモールビジネスでも大企業並みに生産性を高める手段をご提供して参りました。

今回の資金繰りサービスは、これを金融の領域に広げたものです。
freeeを使っているだけで資金繰りの予測ができること。自分が取りうる資金調達手段がオファーされること。資金調達に慣れない人でも、複雑な審査手続きや代表者保証がない形で融資を受けられること。いつでも使える資金調達方法を武器に、資金繰りへの不安を和らげること。

一方で、本サービスには多くの改善点が残っていると感じています。例えば......
・そもそも何ができるかわからない
・何故、自分に融資額が表示されないのかわからない
・全然、資金繰り不安が解消されない

そこで皆様にお願いがあります。是非、下記アンケートページより、この資金繰りナビページについてのご感想・ご批判を教えて頂きたいです。

7月末日までのご回答で、ささやかながら、抽選で50名様にamazonギフト券5,000円分をプレゼント致します。本サービスに携わる企画職、エンジニア職を問わず、頂いたコメントに目を通し、サービス改善につなげます。
スモールビジネスのファイナンス問題解決に、是非お力をお貸しください。

資金繰り改善ナビを見る
アンケートに回答する

会計freeeのお知らせ

2019年7月上半期 freeeリリースノート(含む人事労務)
より一層みなさまにfreeeの新機能・既存機能の改善をお届けするため、各リリースの解説を作成しました。

入金管理レポート/支払管理レポートの仕様変更のお知らせ
入金管理レポート/支払管理レポートの年齢表の月の並びが左から新しい月が並んでいたのを、古い月からに変更されます。(例:これまでは 7月/6月/5月 と並んでいたのが5月/6月/7月に変更されます)
エクスポートの並び順も同様に変更されますのでご注意ください。変更は7月15日週を予定しています。

【セミナー】7/25(木)18:00-20:00 デジタルを活用したマーケティングの推進「 はじめてのデジタルマーケティング」(無料/ 会場:freee東京本社)
「デジタルマーケティング」とは何か、無料のツールとその活用事例とともに、「認知を得る」「広める」「効率を上げる」という 3 つの視点からご紹介

会計フリーを見て触って相談できる『freeeサービスカウンター』を全国のヤマダ電機12店に設置中
スキャナによる領収書の読み込み体験などもできます。未導入の方には割引クーポンもご用意していますので是非お越しください。

人事労務freeeのお知らせ

AIアシスタント機能が利用可能に
会計freeeのみ利用いただけていたAIアシスタント機能が人事労務freeeにも対応されました。

勤務・賃金設定の一括更新が可能に
複数の従業員の「勤務・賃金設定」を一括で変更できるようになりました。

「扶養状況」の設定が利用可能に
従業員の扶養親族の「扶養状況」設定を変更することで、社会保険と税金(所得税・住民税)の扶養親族を分けて登録できるようになりました。

freee for SFAのお知らせ

7月以降リリース予定の機能

  • 2019年7月中旬頃
  • PDF形式での各種帳票の出力機能β版

  • 2019年
  • 取引形式での会計freeeとの連携機能
    • 支出の連携に対応

    請求後の収益振替スケジューリング機能

これまでのfreee for SFAのリリース内容はこちら