ERPの基礎知識

ERP導入のメリットは?導入の流れや必要な期間、注意点までわかりやすく解説

ERP導入のメリットは?導入の流れや必要な期間、注意点までわかりやすく解説

ERP導入の代表的なメリットは、業務効率化・生産性向上が図れる点です。

企業経営や業務に関する情報を一元管理でき、組織において重要度の高い課題を迅速に解決できるようになります。

本記事では、ERP導入のメリットと導入の流れや必要な期間、導入する際の注意点について解説します。

目次

ERP導入に役立つ資料をプレゼント!

クラウドERP導入に役立つ資料を提供しています。今なら「電子帳簿保存法の徹底解説ガイド」も無料でプレゼント中!

ERPとは

ERPは経営資源である人やモノ、お金を管理するシステムのことです。

これらを一元管理することが、生産性向上と業務効率化につながり、現在多くの企業で導入されつつあります。

ERPは「Enterprise Resource Planning」の略で、Enterprise(企業)・Resource(資源)・Planning(計画)をそれぞれ意味しています。

そのためもともとは、これらを有効に活用するという経営手法のことを指していました。しかし今は「基幹系情報システム」のことを表すようになっています。

ERPについて詳しく知りたい方は、別記事「ERP(企業資源計画)とは?導入メリットやERPの種類などをわかりやすく解説」をご覧ください。

ERP導入のメリット

ERPの導入メリットとして、主に次の4点が挙げられます。

ERP導入のメリット

  • 経営や業務に必要な情報を一元化できる
  • ガバナンス強化につながる
  • 業務効率と生産性が高まる
  • 意思決定のスピードが上がる

経営や業務に必要な情報を一元化できる

部署ごとに使っているシステムが異なると、情報が散在し、正確な経営状況が把握しづらくなってしまいます。

たとえば、現在の売上状況を知りたい場合、各部署からデータを出してもらい、それらを集計しなければなりません。

ERPを導入して情報が一元化すれば、各担当者がリアルタイムに情報を把握できるだけでなく、データの修正や更新なども一度の入力で完了します。

また複数の拠点がある場合も、ERPによって情報を集約することで本部が支店ごとの情報を管理しやすくなります。

ERPを導入すれば、データを一度見るだけで支店ごとの現在の状況が瞬時に把握できるため、支店ごとに問い合わせをする必要もなくなります。

ガバナンス強化につながる

近年は企業の偽装表示・粉飾決算・情報漏洩・データの不正利用などの不祥事を防ぐために、ガバナンスの強化が求められています。

DX化が進んでいる現在でも、こうした不祥事は未だになくなりません。

たとえば2023年に、関西電力の社員が不正アクセスを行い、競合他社の顧客情報を閲覧する事件が起こりました。


出典:NHK NEWS WEB「関西電力 再エネ発電事業者の情報も不正閲覧」

ERPを導入すると情報の一元管理によってデータへのアクセスも厳密に管理でき、不祥事が起こるリスクを低減させ、ガバナンス強化につながります。

また、情報を一元管理することで、不正アクセスを防ぐことにもつながります。

【関連記事】
コーポレートガバナンスとは? 企業統治の意味や内部統制の違いについてわかりやすく解説

業務効率と生産性が高まる

ERPを導入することで、部署ごとに同じデータを入力したり、部署間で問い合わせをしたりする手間がなくなり、業務効率化が図れます。

たとえば顧客からの問い合わせがあった場合、顧客情報についてデータが一元管理できていれば、即座に対応が可能です。

これは企業にとってだけでなく、顧客にとってもメリットです。

業務プロセスを自動化することで作業が効率化され、ほかの業務に時間を使うことができるため、生産性の向上にもつながります。

意思決定のスピードが上がる

ERP導入によって、経営に関するさまざまなデータをリアルタイムに把握できるため、意思決定のスピードが上がります。

ERPを導入することで、各部署に問い合わせたり、データを集計したりする手間がかからず、常に最新の情報が閲覧できるようになります。

企業規模にかかわらず、迅速な意思決定がビジネスの成功を左右することも多いため、単純なデータの集約だけにとどまらないメリットが得られるでしょう。

ERP導入のデメリット

ERP導入のデメリットは、コストや時間がかかることです。

また、従業員に対する研修を行う必要があり、全社的な取り組みになるため導入ハードルも高いです。

こうしたデメリットを最小限にとどめるためには、自社に合ったシステムを選定することが重要です。

導入することによって発生するコストや手間などを考慮したうえで、メリットが大きいと判断できるシステムを導入しましょう。

ERP導入にかかる期間

ERPの導入にかかる期間は、中小企業であれば3ヶ月~9ヶ月、企業規模が大きくなると1年~1年半かかることもあります。

自社にあわせてカスタマイズする場合は、さらに時間がかかる可能性も高いです。

ERPを導入する際は、中長期的なプロジェクトとして取り組んでいかなければなりません。

ERP導入の流れ

ERP導入の流れは、次の通りです。

ERP導入の流れ

  1. 導入目的を明確にする
  2. 導入スケジュールを立てる
  3. サービス提供会社の選定を行う
  4. インフラ整備と初期設定を行う
  5. 社内運用を開始する

(1)導入目的を明確にする

ERPを導入する際にはまず目的を明確化します。目的があいまいなままでは、どんな機能が必要なのかが判断できません。

関係部署にヒアリングし、「情報共有に時間がかかっている」「複数のシステム管理にコストがかかっている」などの課題を引き出しましょう。

そのうえで課題を整理し、業務上のどんな部分を改善する必要があるのかを検討していきます。

(2)導入スケジュールを立てる

プロジェクトを進めるまえに、おおまかなスケジュールを立て、プロジェクトメンバー内で共有しましょう。

スケジュールの目安としては以下のとおりです。

ERP導入スケジュール例

  • 導入目的から要件定義(1ヶ月~2ヶ月程度)
  • サービス提供会社の選定(1ヶ月程度)
  • サービス提供会社との打ち合わせと導入準備(1ヶ月~2ヶ月程度)
  • 導入と社員教育(1ヶ月~数ヶ月程度)

(3)サービス提供会社の選定を行う

自社にあったERPを選定するために、必要な機能がそろったサービスを比較検討します。

比較の際には機能の優先順位も決めておきましょう。

機能の優先順位を決めておけば、たとえば「人事労務に関する機能が一番必要、商品の在庫管理システムは従来のものを使う」といった判断ができます。

予算内で最適なサービスを選べるよう、上記のように「必要な機能」と「あればよい機能」を分類しておきましょう。

なお、この段階で機能のほかにコスト面も確認します。オプションで追加費用がかかる場合もあるので注意しましょう。

また、導入後に機能の追加が必要になる場合もあります。機能追加は可能なのか、その場合はどの程度の費用がかかるのかなども、あらかじめ確認しておくのがおすすめです。

(4)インフラ整備と初期設定を行う

社内に直接導入するオンプレミス型の場合、自社のサーバーを使うため、インフラ整備が欠かせません。

インフラ整備については、ERPを契約した会社に相談しながら進めるとよいでしょう。

一方クラウド型の場合は、サービス提供会社が管理するオンライン上のシステムにアクセスするため、特に自社でインフラ整備を行う必要はありません。

また、ERPの導入にあたっては初期設定が必要です。

特にオンプレミス型の場合、サーバーやネットワークの設定を行うため、業務に影響が出そうな関係部署とは事前に調整をしておきましょう。

(5)社内運用を開始する

インフラ整備と初期設定が終わったら、社内運用を開始します。社内で運用する際には運用ルールの策定と社員教育が必須です。

運用ルールと社員教育ができていないと、システムを使いこなせず、かえって業務の非効率を招きかねません。

導入初期はさまざまなトラブルが発生する可能性があるので、現場をモニタリングしながら問題点の改善を行っていきましょう。

ERP導入時の注意点

ERP導入時には、次の3点に注意する必要があります。

ERP導入の注意点

  • 自社の業務に適したサービス・導入形態を選ぶ
  • セキュリティ面の安全性を確認する
  • 導入費用に対する効果を検討する

自社の業務に適したサービス・導入形態を選ぶ

ERPを導入するだけで、必ず業務効率化や生産性向上が達成されるわけではありません。

自社に合ったサービスや導入形態を選ばなければ、十分な導入効果を得られない可能性もあります。そのため、導入目的の明確化と要件定義が重要です。

要件定義とは、ERP導入の前にどの業務内容をどの範囲まで適用するのか、事前に決めておくことです。

経営上の課題を明らかにするとともに、実際に業務を行っている現場にもヒアリングし、どのような機能が必要かを明らかにします。

そのうえで最適なサービスや導入形態を検討しましょう。

セキュリティ面の安全性を確認する

ERPは、企業経営に関する機密性の高い情報を管理するシステムであるため、セキュリティ面の強化が欠かせません。

導入するERPが十分な安全性を担保できるかどうか資料請求などで確認し、検討を進めましょう。

同時に従業員が情報を不正利用したり、情報漏えいをしたりするリスクを防ぐ仕組みづくりも必要です。

近年SNSの発展もあり、企業の不祥事はすぐに拡散され、たった1度のミスでブランドイメージを大きく下げることになりかねません。

そうした事態にならないためにも、ERP導入時には社内教育をしっかり行いましょう。

導入費用に対する効果を検討する

ERPを導入するにあたっては、本当に必要な機能とそうでない機能を見極めることで、導入費用に見合った効果を得られます。

特に企業規模が小さく予算が限られている中小企業などは、実装すべき機能に優先順位をつけ、導入効果を見込める機能に絞り込む必要があります。

ERPを導入することで十分な効果が得られそうか、社内だけでなく契約会社とも相談して決めましょう。

まとめ

ERP導入の代表的なメリットは、業務効率化・生産性向上が図れる点です。

企業経営や業務に関する情報を一元管理でき、組織において重要度の高い課題を迅速に解決できるようになります。

ただし、ERPを導入さえすればすべての課題が解決できるわけではありません。

ERPの導入目的や期待したい効果、必要な機能などを見極め、自社に最適なERPは何かしっかり検討しましょう。

「統合型会計システム freee」によるバックオフィス業務の最適化で、経営の強化を実現!

企業の成長に比例して増えるバックオフィス業務。

業務ごとにシステム導入や紙・表計算シートの併用を進める結果、業務が複雑になり、属人化や管理コストの肥大化が発生しやすくなってしまいます。

バックオフィス業務の最適化を行うなら統合型会計システム freeeがおすすめです。

freeeはプロダクトの提供にとどまらず、freee自身が従業員300名時点で経理1.5名・労務1名体制を実現した経験から、ただ効率化するのではなく「ペーパーレスでデータを一元管理し、チームで協業しやすい」ように設計しました。

内部統制に対応した網羅的な機能を搭載

課題となるのが内部統制です。以下の1つでも該当してしまうと上場審査に引っかかってしまうため、改善が必要となります。

  1. バックオフィス系の全てのシステムにアクセス権限設定を実施していない
  2. 承認なく営業が単独で受注・請求処理を行うことができる
  3. 仕入計上の根拠となる書類が明確になっていない

これらの問題も「統合型会計システム freee」なら、内部統制に対応した網羅的な機能を用いて解決できます!

不正の防止(アクセスコントロール)

特定IPアドレスのみのアクセス制限で、不正アクセスの検知が可能です。また、約50ある機能ごとに「操作/閲覧/登録/編集/削除」の権限をユーザー単位で付与できます。

整合性の担保(インプットコントロール)

稟議・見積もり・請求書発行、支払依頼などのワークフローを一元管理できます。稟議・証憑・仕訳を紐付け承認の証跡を残すことで、統制を強化できます。

発見的措置の実現(モニタリング)

仕訳変更・承認履歴、ユーザー情報更新・権限変更履歴などアクセス記録のモニタリングができます。また、異常なアクセスについてトラッキングが可能です。

国際保証業務基準3402(ISAE3402)に準拠した「SOC1 Type2 報告書」を受領

統合型会計システム freeeは、米国公認会計士協会(AICPA)が定める米国保証業務基準書第18号(SSAE18) 及び国際会計士連盟(IFAC)が定める国際保証業務基準3402(ISAE3402)に準拠した、「サービス・オーガニゼーション・コントロール1(SOC1) Type2 報告書」を受領しています。

「Type2」は、関連する業務における内部統制の運用状況の有効性について一定期間を対象に評価した結果を記載したものです。上場準備企業・上場企業に適した効率的かつ透明性の高い内部統制システムを提供しています。

統合型会計システム freeeの導入実績上場・IPO準備企業、成長企業での導入実績

2020年上半期、freeeを利用したマザーズ上場企業は32.1%!統合型会計システム freeeは多くの上場企業・IPO準備企業・成長企業に導入されています。

統合型会計システムfreeeではIPO支援の連携システムやツールを提供しているため、IPOにまつわるさまざまな悩みを解決できます。

監査

クラウド監査アシスタント「kansapo」とのAPI連携により、事業会社・監査法人・会計事務所等のそれぞれの目的に応じた適切な情報へのスムーズなアクセスを実現できます。

開示書類作成

宝印刷と会計データAPI連携で、IPO準備企業や上場企業における開示業務で必要とされる「有価証券報告書」「決算短信」「会社法計算書類」「社内報告用資料等の貸借対照表・損益計算書」が自動作成され、業務効率化を図ることできます。

さらに詳しく知りたい方はこちらもあわせてご覧ください。

連結

クラウド連結会計ソフト「結/YUI」とのAPI連携では、作業を自動化し、スピーディかつスムーズな連結業務が可能になります。

ぜひ、統合型会計システム freeeのご活用をご検討ください。

よくある質問

ERP導入のメリットは?

ERP導入の主なメリットは、ガバナンス強化・業務効率化・生産性向上です。経営や業務に必要な情報を一元化できるため、不正アクセス防止などセキュリティ面でも効果が高いです。

リアルタイムに情報が反映されるため、意思決定の速度が上がるため企業競争力も高まります。

詳しくは「ERP導入のメリット」で解説しています。

ERP導入のデメリットは?

ERP導入のデメリットとしては、コストや時間がかかる点が挙げられます。ERPにはオンプレミス型とクラウド型がありますが、どちらも初期費用と維持費の面でコストがかかります。

全社員への社内教育や、導入まで早くても数ヶ月かかることも、ERP導入のハードルを上げている理由です。

詳しくは「ERP導入のデメリット」で解説しています。

ERP導入の流れは?

ERP導入の流れは以下のとおりです。

  1. 導入目的を明確にする
  2. 導入スケジュールを立てる
  3. サービス提供会社の選定を行う
  4. インフラ整備と初期設定を行う
  5. 社内運用を開始する

詳しくは「ERP導入の流れ」で解説しています。

使いやすくはじめやすい統合型の会計システム

freee会計は、短期での導入と運用開始が実現できる統合型の会計システムです。紙の管理や保管等の業務を一掃し、クラウドを活用したデジタル化をスムーズに実現できるので、経理業務にかかる作業時間もコストも削減できます。