ERPの基礎知識

クラウドERPとは?導入メリット・デメリットやオンプレミスとの違いを解説

クラウドERPとは?導入メリット・デメリットやオンプレミスとの違いを解説

クラウドERPとは、クラウドで利用できるERPのことです。

クラウドはインターネットを通じてアクセスできるサービス形態のことで、自社でサーバーを持たなくてもアクセス可能です。クラウドERPを利用すれば、初期費用を抑え、定期的なアップデートも提供会社へ任せられます。

本記事ではクラウドERP導入のメリットとデメリット、オンプレミス型との違いなどについて解説します。

ERPについて詳しく知りたい方は、別記事「ERP(企業資源計画)とは?導入メリットやERPの種類などをわかりやすく解説」をご覧ください。

目次

ERP導入に役立つ資料をプレゼント!

クラウドERP導入に役立つ資料を提供しています。今なら「電子帳簿保存法の徹底解説ガイド」も無料でプレゼント中!

クラウドERPとは

クラウドERPとは、ERPをクラウド環境で利用できるサービスのことです。

自社でサーバーを持たずに利用できるため、導入コストが小さく、大手企業だけでなく中小企業への導入も進んでいます。

なお、ERPの導入形態にはクラウド型のほかにオンプレミス型があります。

クラウド型

クラウド型は、提供会社のサーバーへアクセスするタイプのERPです。導入コストが小さく、手厚いサポートを受けられる反面、自社に合ったサービス内容かを慎重に見極める必要があります。

設備投資の予算を確保できていない企業や、スモールステップでERPを導入し、実際にどれだけ効率化できるかを確かめたい企業などにおすすめです。導入後に満足すれば、プランの変更やカスタマイズがしやすいオンプレミス型への移行を検討しましょう。

オンプレミス型

オンプレミス型は、自社へ直接導入するタイプのERPです。オーダーメイドで自由なカスタマイズができる反面、導入コストが高額なため、予算が潤沢な企業に向いています。

買い切り型のERPなのでランニングコストは出ませんが、実際どれだけの効果を得られるかわからない状態での投資になるためリスクもあります。

どちらが自社に合った導入方法か、予算や提供サービスなどを考慮し選びましょう。

クラウドERPとオンプレミスERPの違い

前述したように、ERPの導入形態にはクラウド型以外にオンプレミス型があります。両者の違いをまとめました。

 オンプレミス型クラウド型
特徴サーバーやシステムを自社で保有オンライン上のシステムにアクセスする
コスト初期費用が高額になる利用期間のランニングコストがかかる
メンテナンス自社で対応する必要があるサービス提供会社が対応する
カスタマイズ制限なく可能サービスの範囲内なら可能
セキュリティセキュリティ対策レベルが高いサービス提供会社のセキュリティレベルに依存する

「自社で保守管理の専門知識のある人材がいない」「初期費用を抑えたい」「さまざまなデバイスで利用できる状態にしたい」などの場合には、クラウド型ERPの導入がおすすめです。

悩みや要望にあわせて、コスト・メンテナンス・カスタマイズ・セキュリティの4つの観点で比較するとよいでしょう。

それぞれの違いについて詳しく解説します。

コスト

オンプレミス型は自社でサーバーを用意し、一からシステムを構築する必要があるため、初期費用が高額になる傾向があります。

一方、クラウド型はシステムを自社で保有しないため初期費用は少なくて済みます。しかし、サービスを利用し続けている間は半永久的に利用料を支払う必要があり、ランニングコストがかかります。

現在出せる予算を把握しつつ、実際にどれだけのランニングコストがかかるかなどを試算してみましょう。

メンテナンス

オンプレミス型の場合、システムに不具合が生じた際に自社で対応しなければならず、メンテナンスに対応できる人材の確保が欠かせません。

一方クラウド型の場合は、システムのアップデートなどを含め、基本的にはすべてサービス提供会社が対応してくれます。そのため、自社で専門知識を持った人材を確保する必要がないのがメリットです。

人材を確保できるかどうかだけでなく、定期的なアップデートやメンテナンスに時間を割かなければいけないことも考慮しましょう。

カスタマイズ

オンプレミス型は自社でシステムを構築するため、独自の業務フローやプロセスに合わせて自由にカスタマイズできます。

一方クラウド型は、サービス提供会社が対応できる範囲であればカスタマイズ可能ですが、一般的にはパッケージ化されているため、大きく仕様を変更するのは難しいです。

ただ大半の場合はパッケージ化された業務でも対応可能なため、一度実際に問い合わせてみるのがいいでしょう。

セキュリティ

オンプレミス型の場合は、自社で管理するシステムを利用するため、アクセス制限を徹底することで機密情報漏えいなどのリスクを防げます。

一方クラウド型は、サービス提供会社のセキュリティ対策レベルに依存するため、機密性の高い情報を管理する場合は、システムを選定する際に慎重に検討する必要があります。

現状クラウドERPで情報漏えいした、というニュースはありませんが、サービスを選ぶ際は必ずセキュリティに関して精査しましょう。

クラウドERPの種類

クラウドERPはさらに以下3つの種類に分けられます。

クラウドERPの種類

  • プライベートタイプ
  • パブリックタイプ
  • ハイブリッドタイプ

プライベートタイプ

IaaSやPaaSを用いた自社の開発環境やインフラを利用して、ERPを構築するクラウドERPです。カスタマイズはしやすいですが、保守管理は自社で行う必要があります。

クラウド型のためインターネット経由でデータにアクセスできますが、それ以外はほとんどオンプレミス型と変わりません。自社でERPを所有してカスタマイズしたい、でもなるべく費用はかけたくない企業に向いています。

パブリックタイプ

ERPの機能について、インターネットを通じて提供するSaaS型のクラウドERPです。システムの所有者はサービス提供会社で、利用料を支払う形になります。

カスタマイズはほとんどできませんが、保守管理はサービス提供会社が行います。保守管理に関する専門知識がなく、手軽にクラウドERPを導入したい企業に向いています。

ハイブリッドタイプ

パブリックタイプとプライベートタイプを組み合わせたものが、ハイブリッドタイプです。もしくはオンプレミス型とクラウド型を組み合わせたものもハイブリッドタイプともいいます。

それぞれの長所を生かした運用が可能なため、カスタマイズしたい部分はプライベートタイプ、それ以外はパブリックタイプというかたちで組み合わせられます。

ほかにも、本社はオンプレミス型で導入し、支社はクラウド型で導入するという運用も可能です。このようにハイブリッド型はメリットが大きいものの、管理や運用が複雑化する可能性もあります。

また複数の環境を組み合わせるため、環境構築にコストや時間がかかるといったデメリットもあります。

クラウドERPを導入するメリット

クラウドERPの導入メリットとしては次の3点が挙げられます。

クラウドERPの種類

  • 生産性が向上する
  • 導入期間やコストを削減できる
  • セキュリティを強化できる

生産性が向上する

クラウドERPであれば、場所を問わずシステムにアクセス可能なので、リモートワークにも対応できます。リモートワークを前提としたシステム整備という意味では、クラウドERPが最適です。

また、クラウドERPによってシステムを一元管理すれば、部署間での情報共有も簡単です。システムの導入により集計が自動化されるため、必然的にデータ入力による人的ミスも減少します。そのうえリアルタイムに経営状況を把握できるため、迅速な意思決定にもつながります。

導入期間やコストを削減できる

クラウドERPは導入期間が短く、初期費用を抑えられます。中小企業など、潤沢な資金がない企業にとっては大きなメリットです。そのうえ保守管理はサービス提供会社が行うので、自社で保守管理のできる専門的な人材を雇う必要もありません。

またクラウドERPの導入によって、部署間で別々のシステムを使っていたものが一つに統合されます。

その結果、従来の不要なシステムを解約でき、社内全体のコスト削減につながります。作業の自動化による人件費削減も期待できるでしょう。

セキュリティを強化できる

クラウドERPには、最新のセキュリティ対策が施されています。近年のサイバー攻撃増加により、多くのサービス提供会社がセキュリティ強化を行っており、現時点でクラウドERPからの情報漏えいなどの事例は報告されていません。

むしろ自社で管理している場合、人為的ミスによる情報漏えいや、専門的な知識が不足しているがゆえのトラブスなどのリスクがあります。

ただセキュリティの品質には会社ごとに違いがあるため、契約会社選びは慎重に行いましょう。セキュリティ面で安心できるサービスを見つけるには、アップデートが頻繁に行われているか、障害時に迅速な復旧作業が可能かなどで判断します。

クラウドERPのデメリット

クラウドERPのデメリットとしては次の3点が挙げられます。

クラウドERPのデメリット

  • ランニングコストが発生する
  • カスタマイズ性が下がる
  • オフラインで利用できない

ランニングコストが発生する

クラウドERPの場合、サービスを利用し続ける限り、半永久的にランニングコストがかかります。システムのアップデートやセキュリティ対策強化を自社で対応しなくて済む代わりに、月額費用がかかる点はデメリットといえるでしょう。

ただしオンプレミス型も、アップデートなどの作業を外部業者に委託する場合はランニングコストが発生します。予算が限られている場合は、年間コストを実際に試算してから導入を検討しましょう。

カスタマイズ性が下がる

クラウドERPの場合、カスタマイズはサービス提供会社が対応できる範囲のみに限定されます。

オンプレミス型のように完全オーダーメイドで構築できないため、場合によってはシステム合わせて、業務内容や業務フローを見直す必要があるでしょう。

そのため、導入時には自社の業務実態を踏まえたうえで、使いやすいシステムを選定するのが重要です。

オフラインで利用できない

クラウドERPは、オフラインではシステムにアクセスできないので、通信障害が起こるとシステムが使えません。

何らかの障害が起きても業務を継続できるように、日頃からバックアップシステムを準備しておくなどの対策は行っておく必要があるでしょう。

中小企業にとってクラウドERPが重要な理由

社会状況の変化が著しい昨今は、企業規模にかかわらず、状況に即した経営判断を迅速に行えるかがますます重要になっています。

それに伴い、経営判断の裏付けとなるデータの重要性が高まっており、リアルタイムに最新のデータへアクセス可能な環境の整備は必須といえるでしょう。また、企業の不祥事などが相次ぐなかで、内部統制も強く求められています。

経営に直結する重要な情報を一元管理できるクラウドERPは、最新データの把握はもちろん、セキュリティ面においても不正や情報漏えいなどのリスク回避に役立ちます。

中小企業の場合、レガシーシステムの運用を継続しており、初期費用の問題でシステムを変えられない事情もあるでしょう。

クラウドERPはカスタマイズ性は低いものの、ERP導入のハードルを一気に下げられます。まずはクラウドERPを導入し、生産性の向上・コスト削減などERPのメリットを享受し、軌道に乗ってから改めてカスタマイズを検討してみましょう。

レガシーシステムとは

レガシーシステムとは、古い技術で構成された旧型システムのことです。会社への導入期間が長いせいで機密情報が多く格納されており、運用コストが高いにもかかわらず、新しいシステムに移行しづらいのが問題視されています。

レガシーシステムの運用には必要以上のランニングコストや、旧システムでのセキュリティ不安など、デメリットが多いです。クラウドERPなら社内のデータを移行し、高い生産性と安全なセキュリティが同時に得られます。

まとめ

クラウドERPは一から構築が必要なオンプレミス型とは異なり、機能性の高い情報管理システムを手軽に導入できます。

近年はオンプレミス型からクラウド型へ移行する事例も多く、生産性向上やコスト削減、セキュリティ強化といったメリットに魅力を感じる企業が増えています。

クラウドERPのメリット・デメリットや、オンプレミス型との違いを理解し、自社にとって最適なシステムを導入しましょう。

「統合型会計システム freee」によるバックオフィス業務の最適化で、経営の強化を実現!

企業の成長に比例して増えるバックオフィス業務。

業務ごとにシステム導入や紙・表計算シートの併用を進める結果、業務が複雑になり、属人化や管理コストの肥大化が発生しやすくなってしまいます。

バックオフィス業務の最適化を行うなら統合型会計システム freeeがおすすめです。

freeeはプロダクトの提供にとどまらず、freee自身が従業員300名時点で経理1.5名・労務1名体制を実現した経験から、ただ効率化するのではなく「ペーパーレスでデータを一元管理し、チームで協業しやすい」ように設計しました。

内部統制に対応した網羅的な機能を搭載

課題となるのが内部統制です。以下の1つでも該当してしまうと上場審査に引っかかってしまうため、改善が必要となります。

  1. バックオフィス系の全てのシステムにアクセス権限設定を実施していない
  2. 承認なく営業が単独で受注・請求処理を行うことができる
  3. 仕入計上の根拠となる書類が明確になっていない

これらの問題も「統合型会計システム freee」なら、内部統制に対応した網羅的な機能を用いて解決できます!

不正の防止(アクセスコントロール)

特定IPアドレスのみのアクセス制限で、不正アクセスの検知が可能です。また、約50ある機能ごとに「操作/閲覧/登録/編集/削除」の権限をユーザー単位で付与できます。

整合性の担保(インプットコントロール)

稟議・見積もり・請求書発行、支払依頼などのワークフローを一元管理できます。稟議・証憑・仕訳を紐付け承認の証跡を残すことで、統制を強化できます。

発見的措置の実現(モニタリング)

仕訳変更・承認履歴、ユーザー情報更新・権限変更履歴などアクセス記録のモニタリングができます。また、異常なアクセスについてトラッキングが可能です。

国際保証業務基準3402(ISAE3402)に準拠した「SOC1 Type2 報告書」を受領

統合型会計システム freeeは、米国公認会計士協会(AICPA)が定める米国保証業務基準書第18号(SSAE18) 及び国際会計士連盟(IFAC)が定める国際保証業務基準3402(ISAE3402)に準拠した、「サービス・オーガニゼーション・コントロール1(SOC1) Type2 報告書」を受領しています。

「Type2」は、関連する業務における内部統制の運用状況の有効性について一定期間を対象に評価した結果を記載したものです。上場準備企業・上場企業に適した効率的かつ透明性の高い内部統制システムを提供しています。

統合型会計システム freeeの導入実績上場・IPO準備企業、成長企業での導入実績

2020年上半期、freeeを利用したマザーズ上場企業は32.1%!統合型会計システム freeeは多くの上場企業・IPO準備企業・成長企業に導入されています。

統合型会計システムfreeeではIPO支援の連携システムやツールを提供しているため、IPOにまつわるさまざまな悩みを解決できます。

監査

クラウド監査アシスタント「kansapo」とのAPI連携により、事業会社・監査法人・会計事務所等のそれぞれの目的に応じた適切な情報へのスムーズなアクセスを実現できます。

開示書類作成

宝印刷と会計データAPI連携で、IPO準備企業や上場企業における開示業務で必要とされる「有価証券報告書」「決算短信」「会社法計算書類」「社内報告用資料等の貸借対照表・損益計算書」が自動作成され、業務効率化を図ることできます。

さらに詳しく知りたい方はこちらもあわせてご覧ください。

連結

クラウド連結会計ソフト「結/YUI」とのAPI連携では、作業を自動化し、スピーディかつスムーズな連結業務が可能になります。

ぜひ、統合型会計システム freeeのご活用をご検討ください。

よくある質問

クラウドERPとは

クラウドERPとは、ERPをクラウド環境で利用できるサービスのことです。クラウドとはネットワーク上にあるデータベースへアクセスできるサービス形態のことで、サービス提供会社が管理しています。

詳しくは記事内「クラウドERPとは」をご覧ください。

クラウドERPの種類は?

クラウドERPのには大きく「プライベート・パブリック・ハイブリッド」と3つの種類があります。それぞれ自社で管理する範囲に違いがあり、予算や社内で対応できる範囲で決めます。

詳しくは記事内「クラウドERPの種類」で解説しています。

クラウドERPを導入するメリットは?

クラウドERPの主なメリットは、導入ハードルが低く、予算が限られた中でもERPを導入できる点です。

詳しくは記事内「クラウドERPを導入するメリット」で解説しています。

使いやすくはじめやすい統合型の会計システム

freee会計は、短期での導入と運用開始が実現できる統合型の会計システムです。紙の管理や保管等の業務を一掃し、クラウドを活用したデジタル化をスムーズに実現できるので、経理業務にかかる作業時間もコストも削減できます。