中堅・大企業向け

クラウド会計ソフトfreee

経理業務を自動化し
数字をいつでも把握できる
統合型会計システム

freee会計プロフェッショナル
  • *1リードプラス「キーワードからひも解く業界分析シリーズ:クラウド会計ソフト編」(2022年8月)
  • *22022年12月末時点の有料課金ユーザー数。有料課金ユーザー企業数には個人事業主を含む。

freee会計で実現できること

統合型会計システムの導入で経理業務の自動化を促進し、時間もコストも削減できます。
企業のお金の動きを見える化を実現し、適切な経営判断がしやすくなります。

脱・紙業務

紙業務が多い業務をすべてオンライン化し、ミスの元になる転記等の手作業での業務自体をなくすことで、大幅な工数削減を可能にします。

脱・属人化

複雑で属人化しやすい経理業務を、かんたんで誰もが使いやすいシステムに。法改正に対応した業務への移行もスムーズに行えます。

データ可視化

1つの統合データベースで管理しているから、売上利益など見たい数字をいつでもすぐに確認が可能に。ビジネスの見通しが立てやすくなります。

\機能や料金を詳しくご紹介/

資料ダウンロード

\使いやすさ・操作性がわかる/

デモ動画を見てみる

企業経営に必要な機能を
取りそろえ、ビジネスの成長と
効率化を促進します

進化型の会計機能

自動データ連携かつ記帳の自動化において使うほど賢くなる学習機能を持ち、経理にかかる工数を大幅に削減できます。

ミスのない会計を実現

紙の資料のインポート機能、データ連携による自動化により、人的ミスや不正を物理的に防止。誰もが使いやすいUIで、担当者の経験や知識に依存しない体制が実現できます。

無駄な作業をなくす

請求書の電子化、経費申請の電子化など、紙で行っている業務全体のデジタル化移行をスムーズに実現できます。

組織の成長を促進

取引情報などを基にした自動レポート生成機能で経営状況を手軽に把握。わかりやすいグラフレポートは、組織の意思決定を早めます。

主な機能

売上管理

  • 支払管理
  • 入金管理
  • 請求管理
  • 適格請求書作成

社内管理

  • 経費精算
  • ワークフロー(申請・承認)
  • 内部統制
  • 2段階認証
  • 人事労務連携

レポート・経営管理

  • 自動レポート作成
  • 決算書作成
  • 与実管理
  • グループ経営管理

法改正対応

  • 電子帳簿保存法
  • インボイス制度

その他

  • 各種API連携
  • スマホアプリ

\機能や料金を詳しくご紹介/

資料ダウンロード

\使いやすさ・操作性がわかる/

デモ動画を見てみる

数字で見るfreeeの導入効果

freee会計は中小企業の経営をラクにするプラットフォームです。
導入前後を比較するとコスト400万円、作業時間2300時間の削減が期待できます。

年間削減時間 削減コスト額

このシミュレーションは一例です。ワークフローや請求書の電子化が行われておらず、紙と押印をベースに業務を行っている場合を想定し試算しております。

freeeライセンスの基本料金およびメンバー追加料金は、会計freee プロフェッショナルプランをもとに試算しております。

freeeライセンスのメンバー追加料金は、ワークフロー利用者数とワークフロー利用者数から推算した経理担当者数をもとに概算で算出しております。

導入企業さまの声

freee会計は多くの企業に選ばれています

導入企業一覧
\詳しい機能や料金が知りたい方はこちら/資料ダウンロード

使いたい機能だけ選んで利用できます

ご利用中の会計ソフトはそのまま、使いたい機能だけを選んで利用することもできます。
解決したい業務課題に合わせた業務効率化が進められます。

カンタン操作で請求処理を
まるごと自動化

インボイス制度に対応した請求書作成はfreee請求書におまかせください。
大量の請求書発行・送付をラクに。
請求書発行・入金管理・消込作業も自動化。

申請から支払まで
会社の支出をまるごと管理

AI-OCR機能で手入力を極力ゼロに。
経費精算も請求書支払も申請承認・支払管理・消込作業までを一元管理。
業務最小化とコスト削減が実現。

会計ソフトを変えずに
経理全体を効率化

電子帳簿保存法・インボイス制度に完全対応。債権債務だけでなく、経営管理もまとめて効率化。損益や資金繰りを可視化。
経理業務を自動化し効率化を実現。

金融機関レベルのセキュリティ体制で
大切な情報を守ります

不正アクセスの脅威やセキュリティ上の課題を克服し、安心してご利用いただけるよう
お客さまの情報を保護するためサポート体制を整えています。

強固で柔軟な認証機能

リスクベース認証を採用し、なりすましを防ぎます。
権限設定も柔軟に行えます。

金融機関同等のチェック

金融機関からの厳しいセキュリティチェックをパスできる体制を整備。

堅牢なバックアップ管理

約1ヶ月前まで1日単位でリストア可能なバックアップ体制を整備。

暗号化通信

ファイヤーウォールによる防御、内部での侵入検知/防御機構等の多層防御を構築

他にも、TRUSTe認証の取得、AWS Well Architected Framework による評価、
J-SOX法準拠のIT内部統制運用を実施しています。

\詳しい機能や料金が知りたい方はこちら/資料ダウンロード

導入から実務支援まで継続した
サポートを提供します

freeeはシステムの提供だけではなく、導入から活用まで、利用にあたっての課題を業務に精通した専門スタッフが解決します。

ご利用開始までの流れ

資料請求/
お問い合わせ

最適プランの
ご提案

導入要件
ヒアリング

システム
初期設定

試験運用

運用開始

運用開始後のサポート

freeeを便利にお使いいただくためのサポートを各種ご用意しております。

電話

完全予約制で
待たずに相談可

チャット

チャットで疑問を
すぐに解決

メール

まとめて質問にも
丁寧に回答

ヘルプページ

使い方や便利な
Tipsを紹介

ユーザーガイド

使い方ガイドや
動画をご用意

資料ダウンロード

よくあるご質問

Q. 導入に必要な期間はどれくらいですか?

A. 貴社の理想の状態によって変わりますので、一概には言えません。 ご希望の方に導入支援のサービスもご提供しておりますので、まずはご相談ください。

Q. 他の会計ソフトからの移行はカンタンですか?

A. はい、データをインポートすることができるのでご安心ください。

Q. 期中でも乗り換えできますか?

A. はい、期中でのお乗り換えも対応しておりますので、まずはご相談ください。

Q. 導入サポートはありますか?

A. はい、専任の導入支援担当が、業務フローの見直しから操作方法までサポートさせていただきます。

Q. 税理士が対応してくれるか不安です。

A. 46万以上の事業所で利用されているfreee会計は多くの税理士様がご対応可能です。また、freeeの「認定アドバイザー」資格をもった税理士様を無料でご紹介も可能です。

Q. セキュリティは万全ですか?

A. ご安心ください。財務情報を取り扱うfreeeは、個人情報保護第三者認証プログラムのグローバルスタンダード「TRUSTe」の認証取得、情報セキュリティ情報を扱う国内の代表組織「JPCERT/CC」から脆弱性に関する情報の取得と対策を常時行うなど、万全を期しています。

freee会計の詳細はこちら

詳しい機能や価格、活用事例や導入までの流れを資料でご確認できます。