ERPの基礎知識

BPR(業務改革)とは?導入目的やメリット、業務改善との違いをわかりやすく解説

BPR(業務改革)とは?導入目的やメリット、業務改善との違いをわかりやすく解説

「BPR」とは「ビジネスプロセス・リエンジニアリング」の略称で、「業務改革」のことです。既存の業務フロー(ビジネスプロセス)を根本的に見直し、再構築(リエンジニアリング)することを指します。

近年、働き方改革による労働環境の変化などから、BPRが注目されるようになりました。実際に民間企業や地方公共団体などでも、BPRが導入されています。

本記事では、BPRの概要を確認したうえで、BPRのメリットや導入方法、導入時の注意点について解説していきます。

目次

ERP導入に役立つ資料をプレゼント!

クラウドERP導入に役立つ資料を提供しています。今なら「電子帳簿保存法の徹底解説ガイド」も無料でプレゼント中!

BPRとは

BPRとは、Business Process Re-engineering(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)の略称で、「企業改革」と呼ばれます。

企業改革の代表的概念と手法のひとつで、既存の組織や制度を抜本的に考え直し、業務プロセスの視点から、職務・業務フロー・管理機構・情報システムなどを再構築することです。

近年、組織全体の業務効率や生産性向上を目指すために各部署で分業化し、それぞれ専門性を持って業務に取り組む企業が増えています。

しかしその結果、他部署との連携がうまく取れず、実は複数の部署で業務が重複していたなど、本末転倒な事態に陥っているケースも多いです。

BPRを用いれば、このような業務フロー上の課題を改善でき、時間とコストの低減が期待できます。

またBPRは、ビジネスにおける本来の目標である「業績向上」や「顧客獲得」を目指すことにもつながっています。

BPRが再注目されている理由

業務フローを改善するBPRが再注目されているのには、働き方改革や人工減少による人手不足などが大きな理由として挙げられます。

BPRの概念は、1990年代初頭に生まれました。1993年に刊行された、元マサチューセッツ工科大学教授のマイケル・ハマー氏と経営コンサルタントのジェイムズ・チャンピー氏の共著『リエンジニアリング革命』によって広く世の中に認知され、米国では多くの企業が導入しました。

当初は日本でも注目を集めたものの、一過性の話題に終わりあまり浸透しませんでした。しかし近年の情勢に伴い、民間企業をはじめ地方自治体などでもBPRが推進され、再び注目されるようになりました。

BPRと業務改善の違い

同じような言葉に「業務改善」があります。業務改善は「業務フローの一部を改善する」ことを指しますが、BPRは「業務フローそのものを根本的に見直す取り組み」であるという点で大きな違いがあります。

業務改善が業務フローの一部のみを対象とするのに対し、BPRは業務フローそのものを根本的に再構築することが求められます。

また、業務改善は小さな範囲から徐々に見直しを行うため時間がかかるのに対し、BPRは全体的に短期間で改善を図ることが一般的です。

そのため、BPRはより短期的に効果を得やすい取り組みであるといえるでしょう。

 BPR(業務改革)業務改善
目的企業の目標達成業務効率化、生産性の向上
対象範囲企業活動全体業務フロー、部門単位
手法BPO
ERP
シェアードサービス
アウトソーシング など
マニュアル化
手順の見直し
アウトソーシング など
スピード全体的に短期間で行うようにする少しずつ改善するので時間がかかる

BPRとDXの違い

DXとはDigital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)の略称です。BPRはプロセスの視点から業務フローや情報システムを再構築するのに対し、DXは最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織そのものを変革することを目指します。

このように、BPRとDXは改革する対象が異なります。ただし、DXを進める一環として、BPRが行われるとも考えられます。

 BPR(業務改革)DX
目的企業の目標達成組織・業務プロセス・企業文化などの変革
対象範囲企業活動全体企業全体
手法BPO
ERP
シェアードサービス
アウトソーシング など
ペーパーレス化
アプリ開発
AIの導入 など

BPRで意識すべきポイント

BPRを理解するうえで重要なのが、「根本的」「抜本的」「劇的」「プロセス」という4つの言葉です。総務省によると、それぞれ以下のように定義されています。

根本的

いったいなぜ現在それを行っているのか、そしてなぜそれを今の方法で行っているのか、といった根本的な質問をすること。

抜本的

表面的な変革を行ったり、既存のものに手を加えたりすることではなく、古いものを捨ててしまうこと。

劇的

業績において小さな改善や漸進的な改善を行うことではなく、大飛躍を達成すること。

プロセス

ビジネス・プロセスを、1つ以上のことをインプットして、顧客に対して価値のあるアウトプットを生み出す行動の集合と定義する。


出典:総務省「民間企業等における効率化方策等(業務改革(BPR))の国の行政組織への導入に関する調査研究」

BPRの導入は、部分的かつ表面的な変革ではなく、業務フローを根本から大きく変革し、飛躍的な向上を目指していることが分かります。

BPRを行う3つのメリット

BPRを導入する主なメリットは3つです。

BPRを行うメリット

  • コスト削減・利益最大化につながる
  • 業務効率化・生産性向上につながる
  • 従業員満足度が上がる

1. コスト削減・利益最大化につながる

BPRは全体を根本から見直して業務効率化を行うため、コスト削減効果が期待できます。

たとえば、業務がスムーズに進んだことにより残業が減り、人的コストを削減できたり、既存のシステムをクラウド化して、システムの保守や管理コストの削減をしたりすることも可能です。

BPR導入には初期費用がある程度必要ですが、長期的には業務全体のさまざまな無駄を削減するため、結果として企業の利益最大化につながります。

2. 業務効率化・生産性向上につながる

BPRを導入することで、業務の効率化や生産性向上の効果が得られます。

現状の業務フローを全体的に可視化することで、隠れていた課題を見つけ出せます。「重複している作業はないか」「スムーズな進行の妨げになっている要因はないか」「そもそも必要な業務か」どうかなど、ゼロベースで見直しを図ることが可能です。

これらは、業務の効率化や生産性向上はもちろん、製品やサービスの品質を高め、顧客満足度の向上にもつながります。

3. 従業員満足度が上がる

非効率な仕事のやり方や、形骸化されたルールなどをなくすことで、仕事へのやりがいや満足感、組織へのエンゲージメントが高められます。

また、BPRによって業務の全体感を把握できるようになれば、従業員一人ひとりがより広い視野を持って業務に取り組めるようになるでしょう。

BPR導入の5ステップ

BPRの導入は以下の5つのステップで進めます。

  1. 検討
  2. 分析
  3. 設計
  4. 実施
  5. モニタリング
  6. 評価

業務プロセスを全体的に短期間で変革する必要があるため、5つのステップを着実に、計画性を持って進めていくことが重要です。


BPRの導入ステップ
出典:総務省『民間企業等における効率化方策等(業務改革(BPR))の国の行政組織への導入に関する調査研究』

ステップ1:検討

会社が目指す目的・目標を設定し、対象となる業務改革のポイントを明らかにします。

目的・目標の設定には従業員や経営層へのヒアリングが重要です。職責の異なる従業員からそれぞれ改善点をヒアリングし、経営層からは企業戦略に応じた改善点をヒアリングしましょう。

その後それぞれの内容をまとめ、企業戦略に沿った目的・目標を設定します。

これにより、把握できていなかった課題や問題を互いに認識でき、改革の方向性について共通認識が生まれます。

目的・目標を設定したら、対象となる業務範囲と、業務改革のポイントとなるキープロセスを明らかにしましょう。

また、業務システムを導入する場合は、BSU(ビジネス・システム・ユニット)と呼ばれる「事業システムの再構築単位」まで落とし込み、業務上のオペレーションも明らかにしておきましょう。

ステップ2:分析

現状のプロセスで発生している課題を確認し、改善方法を検討します。課題の多い箇所は時間をかけ、課題の少ない箇所は時間をかけないように調整することで、効率的に進められます。

プロセスによって発生する課題を見つけるには、以下のような分析ツールを使用してみるとよいでしょう。

ABC(活動基準原価計算)

ABCとはActivity Based Costingの略で、日本語では「活動基準原価計算」です。

原価計算の手法のひとつで、サービスに間接的にかかる費用をそれぞれ具体的に算出するために用います。

たとえば、複数の製品で使う部品や塗料などの「間接費用」のうち「Aの製品で500円分、Bの製品で300円分」のように具体的に算出できます。

各業務にかかるコストを把握できるので、コスト削減や利益最大化に最適です。

BSC(バランス・スコアカード)

BSCとは、Balanced Scorecardの略です。企業の戦略やビジョンを以下4つの視点に分類し、分析・評価するためのフレームワークです。

BSCフレームワーク

  • 財務
  • 顧客
  • 業務プロセス
  • 学習と成長

さまざま角度から評価することにより、利益などの一部の視点に偏らず、バランスよく経営を進められるのがメリットです。

BSCは以下のステップで進めます。

BSCの進め方

  1. スコアカードの作成
  2. 具体的な目標設定と戦略の立案
  3. 現状の分析と目標達成までの戦略マップを作成
  4. BPRのポイントを検討
  5. 施策を実行し、効果を評価

ステップ3:設計

課題を把握したら、改善に向けて戦略や方針の策定を行います。

使用しているシステムや業務プロセスが部署で異なる場合は標準化し、業務によってはアウトソーシングすることも検討します。

限られた時間で多くの課題を改善するのは難しいので、優先順位をつけ、効果の高いものからプロセスを設計していきましょう。

スムーズに進めるためには、体制の整備も重要です。取引先も含めたメンバーの構成や、投資額に対するコストの設計などを行います。

BPRは社内全体に大きな影響を与えるので、共通認識を持って推進していくことが非常に大切です。各部門でBPRの目標や目的、スケジュール感などを共有したうえで、連携して戦略を設計していきましょう。

実施方法の検討については、「ERP」「BPO」「シェアードサービス」などの手法があります。詳しくはBPRを促進する手法で解説しています。

ステップ4:実施

ここまでのステップで今後の戦略と方針が決定したら、具体的なアクションに移します。スムーズに進めるために重要なのは、経営のトップがBPRを導入する必要性・目的・ゴールについて社内全体に説明することです。

従業員一人ひとりが得られるメリットについても説明し、自分ごと化させたうえでモチベーションを高められると理想的でしょう。

BPRは大規模な変革が求められるため、広範囲に影響があります。最終的な目標から外れてしまわないよう、一つひとつのステップと進捗率を意識して進めると良いでしょう。

ステップ5:モニタリング・評価

施策を実施した次に重要なのは、効果測定や達成度の評価です。業務のプロセスに問題がないかなど効果をモニタリングしていく必要があります。

各部門における進捗率を確認し、達成度を評価しながら取り組みます。BPRは実施したら終わりではなく、導入後の効果や実態を振り返り、問題が発生している場合はその都度対応することが大切です。

BPRを促進する3つの手法

BPRを促進する手法は3つあります。

BPRを促進する3つの手法

  • ERP
  • BPO
  • シェアードサービス

(1)ERP

ERPとはEnterprise Resources Planningの略で、日本語では「統合基幹業務システム」を指します。企業活動で必要な経営資源や情報を一元管理して、有効活用するシステムのことです。

以前は大企業が導入することが多かったですが、現在は中小企業でも導入することが増えてきました。EPRの導入メリットは、それぞれが必要な情報を同じソースから持ってきて使用できたり、社内業務を可視化できたりする点です。

認識の齟齬を防ぎやすく、業務の効率化が図れます。

ERPについて詳しく知りたい方は、別記事「ERP(企業資源計画)とは?導入メリットやERPの種類をわかりやすく解説」をあわせてご覧ください。

(2)BPO

BPOとはBusiness Process Outsourcing(ビジネス プロセス アウトソーシング)の略で、企業のある部門や業務プロセスの一部を一括して外部委託することです。

経理や財務、総務や人事、情報システム、購買、法務、監査などの間接部門がBPOの対象となることが多いですが、現在は人材育成やマーケティングなどの業務が対象となるケースもあります。

専門性のある外部企業に委託することでコア業務へ集中することが可能になり、コストの削減や業務の効率化が期待できます。

(3)シェアードサービス

シェアードサービスとは、グループ全社の管理業務を一カ所に集約することです。これにより、業務の効率化やコスト削減につながります。

BPOとの違いは、BPOが外部の企業に業務を委託するのに対し、シェアードサービスはグループ全社の間接業務を請け負う部門や子会社が業務を代行するという点です。

BPR導入時の注意点

BPR導入には多くのメリットがありますが、注意しなければいけない点もあります。

BPRの必要性を全社で共有する

BPRの導入には、新しいITシステムの構築や全体の業務フロー改善などさまざまなコストがかかります。

また、これまでの慣れ親しんだやり方を変えなければならない可能性もあるため、現場の抵抗が生じてしまいスムーズに進まないことも考えられます。

BPRの導入をスムーズに行うには、全従業員に導入理由や目的を共有し、理解してもらうこと重要です。

ゴールを明確にする

BPRのゴールが明確化できていないと、現場の混乱を招いたり、目標とする基準に届かなかったりします。あらかじめゴールを決めておき、共通認識をもっておきましょう。

ゴールを明確にするには、成果を数値化して評価することも重要です。具体的な数値目標を定めれば、曖昧な評価を防げます。

継続して取り組み、PDCAサイクルを回す

BPRには継続的に取り組みましょう。BPRの導入は一度だけで終わりではなく、組織に浸透し定着するまで根気よく続けることが大切です。

また、実施後のモニタリングや評価において問題を確認した場合は、すぐに改善を検討してPDCAサイクルを意識した運用を行う必要があります。

まとめ

労働環境の変化などにより、既存の業務フローを根本的に見直し、業務プロセスの視点でシステムや業務フローを再構築するBPRの重要性に注目が集まっています。

BPRを導入することにより、非効率な作業フローや閉塞感のある慣習的な業務状況を打破し、作業の効率化、生産性の向上などが期待できます。

BPRは全社に大きな影響をもたらすため、実際に導入する際には、事前の準備がとても大切です。また従業員と共通認識を持ち、各部門と連携して取り組むようにしましょう。

「統合型会計システム freee」によるバックオフィス業務の最適化で、経営の強化を実現!

企業の成長に比例して増えるバックオフィス業務。

業務ごとにシステム導入や紙・表計算シートの併用を進める結果、業務が複雑になり、属人化や管理コストの肥大化が発生しやすくなってしまいます。

バックオフィス業務の最適化を行うなら統合型会計システム freeeがおすすめです。

freeeはプロダクトの提供にとどまらず、freee自身が従業員300名時点で経理1.5名・労務1名体制を実現した経験から、ただ効率化するのではなく「ペーパーレスでデータを一元管理し、チームで協業しやすい」ように設計しました。

内部統制に対応した網羅的な機能を搭載

課題となるのが内部統制です。以下の1つでも該当してしまうと上場審査に引っかかってしまうため、改善が必要となります。

  1. バックオフィス系の全てのシステムにアクセス権限設定を実施していない
  2. 承認なく営業が単独で受注・請求処理を行うことができる
  3. 仕入計上の根拠となる書類が明確になっていない

これらの問題も「統合型会計システム freee」なら、内部統制に対応した網羅的な機能を用いて解決できます!

不正の防止(アクセスコントロール)

特定IPアドレスのみのアクセス制限で、不正アクセスの検知が可能です。また、約50ある機能ごとに「操作/閲覧/登録/編集/削除」の権限をユーザー単位で付与できます。

整合性の担保(インプットコントロール)

稟議・見積もり・請求書発行、支払依頼などのワークフローを一元管理できます。稟議・証憑・仕訳を紐付け承認の証跡を残すことで、統制を強化できます。

発見的措置の実現(モニタリング)

仕訳変更・承認履歴、ユーザー情報更新・権限変更履歴などアクセス記録のモニタリングができます。また、異常なアクセスについてトラッキングが可能です。

国際保証業務基準3402(ISAE3402)に準拠した「SOC1 Type2 報告書」を受領

統合型会計システム freeeは、米国公認会計士協会(AICPA)が定める米国保証業務基準書第18号(SSAE18) 及び国際会計士連盟(IFAC)が定める国際保証業務基準3402(ISAE3402)に準拠した、「サービス・オーガニゼーション・コントロール1(SOC1) Type2 報告書」を受領しています。

「Type2」は、関連する業務における内部統制の運用状況の有効性について一定期間を対象に評価した結果を記載したものです。上場準備企業・上場企業に適した効率的かつ透明性の高い内部統制システムを提供しています。

統合型会計システム freeeの導入実績上場・IPO準備企業、成長企業での導入実績

2020年上半期、freeeを利用したマザーズ上場企業は32.1%!統合型会計システム freeeは多くの上場企業・IPO準備企業・成長企業に導入されています。

統合型会計システムfreeeではIPO支援の連携システムやツールを提供しているため、IPOにまつわるさまざまな悩みを解決できます。

監査

クラウド監査アシスタント「kansapo」とのAPI連携により、事業会社・監査法人・会計事務所等のそれぞれの目的に応じた適切な情報へのスムーズなアクセスを実現できます。

開示書類作成

宝印刷と会計データAPI連携で、IPO準備企業や上場企業における開示業務で必要とされる「有価証券報告書」「決算短信」「会社法計算書類」「社内報告用資料等の貸借対照表・損益計算書」が自動作成され、業務効率化を図ることできます。

さらに詳しく知りたい方はこちらもあわせてご覧ください。

連結

クラウド連結会計ソフト「結/YUI」とのAPI連携では、作業を自動化し、スピーディかつスムーズな連結業務が可能になります。

ぜひ、統合型会計システム freeeのご活用をご検討ください。

よくある質問

BPRとは?

BPRとは、Business Process Re-engineering(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)の略称で「企業改革」のことです。企業改革の代表的概念と手法のひとつで、既存の組織や制度を抜本的に考え直し、業務プロセスの視点から、職務や業務フロー、管理機構、情報システムなどを再構築します。

BPRのより詳しい内容、業務改善やDXとの違いなどは本記事「BPRとは」で解説しています。

BPR導入のメリットは?

BPR導入のメリットは、主に生産性を上げ利益を最大化できるところにあります。他にもコストの削減や従業員満足度の上昇など、得られるメリットは多いです。

より詳しいBPR導入のメリットについては、「BPRを行う3つのメリット」で詳しく解説しています。

使いやすくはじめやすい統合型の会計システム

freee会計は、短期での導入と運用開始が実現できる統合型の会計システムです。紙の管理や保管等の業務を一掃し、クラウドを活用したデジタル化をスムーズに実現できるので、経理業務にかかる作業時間もコストも削減できます。