【2018.9月度】新機能情報(1)

手入力を無くそう!「freee徹底活用ガイド」公開

freeeを使う大きなメリットの一つが「入力する手間の削減」。
日々の入出金の入力で、手入力を減らすのに便利な方法をまとめました。

「自動で経理」で処理できるよう、基本的にはインターネットバンクやクレジットカードを活用することが前提となります。

他にもこんな方法がある!といったご提案や、この場合どうしたら良い?というご相談は公式Facebookの投稿コメント欄へお気軽にお寄せください。

【会計freeeプロフェッショナルプラン】予実管理メニューに月別配賦の自動計算等、機能を追加

予実管理機能の予算設定では、各月別予算をご自身で計算して入力頂く必要がございました。

これに、昨年のデータをもとにした按分や、全ての月を同額でいれるなどの自動入力機能を追加いたしました。

なお、本機能はプロフェッショナル/エンタープライズプランの方のみご利用頂けます。その他機能も含めた、プロフェッショナル/エンタープライズプランの無料相談も受け付けておりますので、是非ご検討ください。

無料相談を申し込む

ファクタリングという資金調達をご存知ですか?

融資に代わる資金調達手段「クラウドファクタリング」を提供し、freeeとも連携済みのOLTA社へのインタビュー記事「借りない資金調達!野村、ソニー、メガバンク出身者が仕掛ける「クラウドファクタリング」とは?」が公開されました。

様々なバックグラウンドを持つOLTAのメンバーに、ファクタリングが注目されている理由や、事業にかける想いを伺っています。

現在、freeeご利用者様限定で、ファクタリング手数料が20%引きに(※)なる上、抽選で10名にVISA加盟店で使えるVプリカが当たるヒアリングキャンペーンも実施中です。

詳細はこちら(応募期限 9/15)

※ファクタリングのご利用には審査がございます。

会計freeeのお知らせ

2018年8月 freeeリリースノート(含む人事労務)
より一層みなさまにfreeeの新機能・既存機能の改善をお届けするため、各リリースの解説を作成しました

【freeeカード事例】「経理業務が最大5分の1になる、法人クレジットカードの活用方法」freee経理担当へのインタビュー
freeeではもちろん、自社の経理にもfreeeカードを活用しています。創業期よりfreeeの経理に携わる高橋による活用術です

人事労務freeeのお知らせ

(協会けんぽ以外も)住民票住所と居住所を分けて登録可能に
全ての事業所で、居住所と住民票住所を分けて登録することが可能になりました。年末調整の準備も、これで捗ります。

人事労務freee for iOS v1.7.0リリースしました
  • 住所項目が、住民票住所と居住所の表示になりました
  • 時給者も有給登録が可能になりました
  • iOS上でも勤怠を「未入力に戻す」ことができるようになりました

freee for SFA

v1.17を8月21日にリリースしました
  • 請求オブジェクトに対する仕訳の設定(勘定科目・品目・部門・メモタグ)ができるようになりました
    • メモタグは5個まで
    • 請求明細オブジェクトへの設定は今後対応予定
  • マイナス金額の請求明細レコード(商談商品等、請求書の明細行)を用いた場合の値下げ機能の挙動を修正しました
    • 値下げ機能の設定によらず、リスト価格側は連携せずにマイナス金額だけが連携されます
9月の中旬に見積書・請求書の一括発行機能をリリース予定です
これまでのfreee for SFAのリリース内容はこちら