【2018.8月度】新機能情報

【人事労務freeeビジネスプラン】フレックスタイム制に対応

人事労務freeeの勤怠機能を利用して、フレックスタイム制従事者の勤怠管理を行うことができます。「時間外労働」や「不足時間」などの集計および、給与計算を自動で行います。

freeeが対応している運用方法と、お客様の事業所の運用方法が異なる場合もございます。ご利用に当たりご不明点がございましたら、無料でご相談いただけますので、お気軽にお問い合わせください。

また、チェックリストをこちらのヘルプページにまとめておりますので、ご利用の前にご一読ください。

フレックスタイム制の詳細はこちら

ビジネスプランの問い合わせはこちら

【人事労務freee】出勤簿に合計欄を追加

出勤簿に合計欄を追加しました。労働状況(総勤務時間・時間外労働時間等)の月額合計を手やエクセルで計算する手間がなくなります。

なお、従業員を雇う事業所では、「出勤簿」を始め、「労働者名簿」「賃金台帳」の3つの書類を備え付ける法的な義務があります。

人事労務freeeでは、給与計算ができるだけではなく、これらの書類の作成にも対応しています。ぜひこの機会にご利用をご検討ください。

人事労務freeeの相談を申し込む

事業所設定の変更が過去の請求書に影響しなくなりました

以前は事業所設定で自社の住所などを変更すると、過去に作成した書類上の表示も変更されていました。その仕様を見直しています。

まずは、変更が頻繁である住所情報・電話番号情報について事業所設定変更による影響を受けない仕様に変更いたしました。

なお、事業所名につきましては、事業所設定の最新の内容が反映されます。こちらも来月以降対応予定です。

会計freeeのお知らせ

2018年7月 freeeリリースノート(含む人事労務)

その他お客様の声を基にした2018年上期のアップデート(統合予定)

【freeeカード事例】「クレジットカード審査の仕組みとは?」多くの個人事業主・中小企業向けに無料でカード発行できる秘訣をライフカード社に聞いてみた
freeeカード連携先のライフカード社に、審査の裏の裏まで伺いました。freeeカードなら、なぜ開業初年度でも審査に通りやすいのかがわかります。

発注書が採番ルールに対応
見積書・納品書・請求書は採番ルールを設定することが可能でしたが、発注書はできませんでした。これを対応しました。

旧自動で経理を廃止し、新自動で経理(β)に一本化
未決済取引の消し込みの操作性改善や、自動登録ルールの適用をその場で適用できるなど、使い勝手が向上しました。

iOS 会計freee(Ver 7.1.2)がリリース
モバイルから未決済取引の消込ができるようになりました。また、自動で経理のUIを刷新しました。

決済サービスの「Stripe」との連携を公開
Stripeの売上データを自動でfreeeに取り込むことができます。今後も各種サービスとの連携を強化してまいります。

人事労務freeeのお知らせ

出勤簿に合計欄を追加
日毎の労働時間のみの記載から、月の合計欄が追加されました。個別集計が不要になります。

部門・役職を設定可能に
一括インポートを行う前に部門・役職のコード設定が必要です。

freee for SFA

【予告】8月第一週に下記の機能をリリース予定です
見積書・請求書発行用の一覧画面(タブ)の追加
複数のレコードを参照・合算して見積書・請求書発行を行う機能
請求明細オブジェクトに対して、請求対象フラグの設定項目の追加(これにより、請求書発行時に一部の商談商品を連携させないようにすることができます)
これまでのfreee for SFAのリリース内容はこちら