• HOME
  • お知らせ
  • 税理士探しがより簡単に!税理士検索サイトのリニューアルを8月27日に実施します

税理士探しがより簡単に!税理士検索サイトのリニューアルを8月27日に実施します

目次

税理士検索freeeリニューアルについて

弊社におきましてはかねてより、スモールビジネスの方々のバックオフィス業務効率化を支援できるように、また認定アドバイザーの皆さまの集客支援となるよう認定アドバイザー検索ページの運営を行ってまいりました。

このたび、この認定アドバイザー検索ページを、スモールビジネスの皆さまと認定アドバイザーの皆さまがより簡単にマッチングできるサービスにすべく、「税理士検索freee」という名称に変更のうえ8月27日(月)にサイトリニューアルを実施いたします。

今回のリニューアルの背景には、freeeのコーポレートミッションの変更が大きくかかわっております。
freeeでは、かねてよりコーポレートミッションとして、「スモールビジネスに関わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」を掲げておりました。このミッションには、元来スモールビジネスがその強みを活かしてより活躍する世界を創りたい、という想いが込められていました。その一方で文言だけを見ると、「時間を創る」ための効率化を進めるようにも見えました。

今やfreeeのサービスは「収益を創る」ことにも貢献しつつあり、元来の想いをより明確にするため、2018年7月より「スモールビジネスを、世界の中心に。」というミッションステートメントに変更いたしました。このミッションを実現するうえで、スモールビジネスの方々が自社にあったアドバイザー様とマッチングすることはとても重要な視点であると判断し、認定アドバイザー検索ページを大幅にリニューアルすることといたしました。

リニューアルにより何が変わるのか?

今回のリニューアルで大きく変わる点は、3点となります。

①全面的なデザインリニューアル

freeeでは、会社としてのコーポレートカラーに合わせた、デザイン方針があります。
freeeのカラーを保ちながら、ユーザー様が自分に合ったアドバイザーを探しやすいように、サイト全体のデザインを大きく変更しました。あわせて、税理士検索freeeの強みなども整理し、デザインとしても訴求を強めております。

②認定アドバイザーの表示情報の大幅な変更

今までの認定アドバイザー検索ページでは、記帳サポートや決算、申告代行などのいわゆる制度会計回りでサポートを求めるユーザー様を想定した検索の作りとなっていました。

しかし、スモールビジネスが世界の主役であるためには、アドバイザー様がもたらす価値は、税務申告回りだけにとどまらず、時にはお金の流れを把握し経営視点でのアドバイスをすることや、会社を成長させるうえで必要なビジネスの決断を後押しするようなサポートなど、ユーザー様の様々な状況にあわせたサポートこそが最もマジ価値なものであると考えております。

今回のリニューアルでは、そういった意図をもとに、経営者の方々のアドバイザーとして、自社にあった認定アドバイザーを見つけられるようなサイトになるよう変更を行っております。

具体的には、業務内容として「個人確定申告」「法人決算」などの従来の税務申告周りのサポートのほか、「会社設立・起業」「融資・資金調達」「相続・事業承継・M&A」「経営コンサル」「人事・労務コンサル」などの様々な視点でのサポートを検索条件として指定できるようになっております。(他にも様々な視点での絞り込みが可能になっております。)

また、会社の住所と近い箇所に事務所を構えている認定アドバイザーだけでなく、自社まで訪問可能な認定アドバイザーを全国から検索できたり、遠隔対応が可能な認定アドバイザーなども探すことができるので、今までになかった選択肢を提供できるサイトになっております。

新サイトにおける税理士詳細ページイメージ

上記画像は、サンプルのため、実在する会計事務所ではございません。
認定アドバイザーの方で、税理士検索freeeへの登録方法がわからない方は、下記ヘルプページより登録方法をご参照ください。
https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/115001783566-

③経理のお悩みを解決するオウンドメディア「経理コンパス」の創設

自社に合ったアドバイザーを探す以前の問題として『税理士を選ぶ際の注意点がわからない』『そもそも正しい経理業務ってどうやるの?』といったお悩みを抱えられている方もいるのではないでしょうか?

税理士検索freeeでは、そういったユーザー様に向けて経理業務の基本から税理士選びのノウハウなどをまとめた「経理コンパス」というオウンドメディアを創設します。これにより、経理の基礎知識を覚えるところから、自社に合ったアドバイザーに経営をナビゲートしていただくところまで一気通貫のサービスをご利用いただけます。

税理士検索freeeのサイトリニューアルは8/27となりますので、今回はあくまでリニューアルの裏に隠された思いなどの紹介となります。
今後の税理士検索freeeにぜひご期待いただければと存じます!

【ここからは認定アドバイザー様向け】税理士検索freeeへの登録方法について

ここからは、認定アドバイザー様およびまだfreee認定アドバイザープログラムを登録されていない税理士・会計事務所、社労士事務所の皆さまに向けてのご案内となります。

すでに認定アドバイザーの皆様

税理士検索freeeへの登録をお願いいたします。

認定アドバイザーに登録済みの方は、税理士検索freeeへの登録が可能です。下記にて登録方法をご案内しておりますので、ぜひご一読のうえ、8/27のリニューアルまでにご登録をお願いいたします。

また、すでに旧アドバイザープロフィールに情報登録済みの認定アドバイザー様におきましても、今回のリニューアルに伴い、入力項目が大きく変更するため、下記ヘルプページをご参考のうえ再度登録をお願いいたします。現サイトで入力されているデータは新入力フォームでも引き継いでおりますので、できる限りお手間を取らない形にしております。
引き継いでいる情報の詳細は「登録内容の引継ぎ情報一覧」をご参照ください。

登録方法の詳細はこちら

登録する際の豆知識

今回は税理士検索freeeへの登録をする際の豆知識として、2点の情報をご提供できればと考えております。

  1. 登録情報量が多いほど、問合せが多い!

    弊社にて認定アドバイザー様ごとの問合せを調査したところ、問合せの多いアドバイザー様には明確に下記2点の特徴がございました。

    ◎画像、対応可能業種、対応可能業務、特徴がすべて入力されている認定アドバイザー様は、そうでない認定アドバイザー様と比較して平均して3倍の問合せがある。

    ◎画像、対応可能業種、対応可能業務、特徴がすべて入力されている認定アドバイザー様の中でも、さらに価格情報を入れている認定アドバイザー様は、価格情報を入れていない認定アドバイザー様と比較して、平均して2倍の問合せがある。

    是非、すでに税理士検索への情報登録をしている認定アドバイザーの皆さまも、未入力の入力箇所があれば、情報入力をご検討くださいませ!

    今回紹介した情報の他にも、弊社のカスタマーサポートメンバーから、「ユーザー様は堅い雰囲気を望んでいないので、掲載画像が堅すぎなく、認定アドバイザー様の人柄が伝わる写真のほうが問合せがしやすいという声もある」など様々な情報をいただいております。今後も定期的にどんな情報を登録したほうが問合せが来やすいかなどを調査し、ご報告させていただきますのでご期待ください!

  2. 検索一覧ページで強みを訴求する

    リニューアル後の税理士検索freeeでは、各会計事務所の強みとする業種(「農林水産業/鉱業」「建設」「製造/加工」「IT」など)と業務内容(「個人確定申告」「会社設立・起業」「融資・資金調達」「相続・事業承継・M&A」「経営コンサル」「人事・労務コンサル」など)を最大5種類まで入力することが可能です。

    ここで登録された強みの業種。業務内容は、検索一覧ページでも表示されますので、よりユーザー様に強みを訴求することが可能です。是非ご登録することをお勧めします!

認定アドバイザーになることにご興味の税理士・会計事務所様、社労士事務所様

税理士検索freeeをはじめ、freeeでは、会計事務所様、社労士事務所様のオンラインマーケティングについてもご支援を行っております。まだ認定アドバイザーに登録をされていない皆さまは、まずは下記ページをご一読のうえ、認定アドバイザーへの申し込みをお願いいたします。

https://www.freee.co.jp/advisor/program.html