【2018.10月度】新機能情報(2)

【プロフェッショナルプラン以上】Excelアドイン機能の公開

freeeエクセルアドイン

freeeエクセルアドインは会計freeeの[総勘定元帳一覧]の情報をExcelに出力することができる機能です。

freee独自の関数(freee関数)を使いデータ出力し、出力された情報は更新することで最新のものが都度反映する仕組みです。

Excelで作成した任意のレポートをリアルタイムで閲覧するだけでなく、英語決算書出力など様々な業務にご活用いただけます。利用はプロフェッショナルプラン以上のプランで、別途ご契約が必要です。

Excelアドインの詳細を見る

【人事労務freee】年末調整画面をフルリニューアル

2018年の年末調整画面

2018年の年末調整画面を公開しました。従業員からの情報の提出や誤りがあった場合の差し戻し、提出のリマインドが項目ごとに行え、より効率的に情報収集作業ができるようになりました。

また、11月には従業員向け画面もリニューアルし、より入力方法がわかりやすくなります。また、従業員のスマートフォンからの提出にも対応いたします。

加えて、電子申告(11月〜12月予定)への対応も行います。税務署や市区町村への書類提出をWeb上で完結でき、紙の印刷が一切不要になります(別途申告freeeへの申込みが必要です。まずは10月17日(火)開催のWebセミナーにお申込みください)

年末調整画面を見る

freeeで行う年末調整の案内を見る

【大好評・freeeカードアンケート結果】何故、多くの事業者がfreeeカードを選ぶのか

もし事業用カードを作りたい知人・友人がいたとすると、あなたがfreeeカードを進める可能性はどれくらいありますか?アンケート結果

半年以上freeeカードを利用しているfreeeカード会員55名に回答いただいたアンケート結果を公開いたしました。

多くの方は年会費無料である点、申込みやすさ、創業期でも審査が通りやすい点を重視されています。また今回は、実際に事業用クレジットカードをどう活用しているか等の回答も掲載しています。

freeeカードはお客様の声を踏まえ、入会わずか半年後でも限度額アップをできるようにする等、今後もさらなるサービス向上により、スモールビジネスの資金繰り改善や効率化に貢献してまいります。

freeeカードアンケート結果を見る

会計freeeのお知らせ

2018年10月 freeeリリースノート(含む人事労務)
より一層みなさまにfreeeの新機能・既存機能の改善をお届けするため、各リリースの解説を作成しました。

[経費精算] 経費精算のコピーに対応
過去の経費精算をコピーすることで、入力の手間を省略することができます。

freeeの資金繰り改善サービスページがオープン
・今回紹介したfreeeカード、先月ご紹介したファクタリングなど、freeeの資金繰り改善サービスを掲載したページを公開しました。
・今後もサービスを追加・拡充し、freee利用者は、会計・人事労務だけでなく資金繰りも便利にできるよう努めてまいります。

人事労務freeeのお知らせ

[勤怠] Touch On Time と連携
API連携による自動インポートが可能になりました

[Android] 打刻リマインダーに対応
出勤・退勤の打刻リマインドを設定できるようになりました(その他画面から設定可能)

[iOS] 二段階認証に対応
二段階認証に対応・勤怠詳細情報の表示の他、様々な機能追加・修正を行っています。

freee for SFA

次回10月下旬のリリース予定
「freee請求オブジェクト設定」に割引フィールドを追加
・請求明細のオブジェクト(商談商品等)を用いてない場合にも割引を反映できるようにします(割引の反映の方法が一つ増えます)

明細行の合算機能の追加
・商談名等で区切って合算作成しないケースでは、文字列や仕訳等の請求内容が同一の明細行について集計・合算して表示するようにします

エラーメッセージの改善
・内部サーバエラーの表示内容の拡充等
これまでのfreee for SFAのリリース内容はこちら