機能紹介 | クラウド会計ソフト freee

家事按分機能を紹介〜家事按分の対象となる取引に「事業用比率」を設定する〜

「freee(フリー)」個人事業主プランに、家事按分機能が追加されました。

家事按分とは?

電話代、駐車場代、家賃などを、プライベート用と事業用で同じ一括して払っているものを妥当な割合で、経費として計上することです。

「freee(フリー)」では、経費として計上する割合(事業利用比率)を指定すれば、自動で家事按分を行います。

 

使い方

1.メニューバーから、「決算」をクリックし、「家事按分」を選択します。

スクリーンショット 2013-06-11 17.25.11

2.家事按分の対象となる科目とタグを入力し、事業利用比率を選択します。

例えば、

・家を事務所として使っている

・利用面積(占有率)が、家の半分

このケースの場合、以下のようになります。

スクリーンショット 2013-06-26 10.50.05

3.登録した「家事按分の情報」と、「仕訳した取引の情報」が一致すると、自動で家事按分を行います。

 

一度、「家事按分の登録」をしてしまえば、後は自動で計算をするので、大幅なコストカットにつながります。

是非ご利用下さい!