はてなブックマークに追加する
LINEに送る

freee CSV connectorをリリースしました

目次

freee CSV connector画像

freee CSV connectorをリリース

freee CSV connectorはfreeeアプリストアから利用できる会計freeeの連携アプリです。
CSVデータを設定に基づき、自動で会計freeeの形式に変換し、取り込むことができます。様々なデータ変換やマッピングができ、複雑な作業や連携開発の手間なく、幅広いサービスのデータを簡単に会計freeeに連携することが可能になります。

アプリのポイント

  • 連携したいCSVを取り込むだけで画面から簡単にマッピングを設定できて、誰でも使える
  • 色々なデータ変換やマッピングが可能なので、複雑なマクロ・連携開発は不要

アプリでできること

  • CSVデータの会計freeeの形式への自動変換と取り込み
    勘定科目、部門、取引先、品目、メモタグ、口座、セグメント1〜3、振替伝票、取引のデータのCSVデータを設定に基づき、自動で会計freeeの形式に変換し、取り込むことができます。会計freeeと連携したいシステムがクラウド・オンプレミスかによらずデータ連携することができます。

  • 会計freeeのマスタデータの更新
    勘定科目、部門、取引先、セグメント1〜3、口座については、IDを元にfreeeのマスタデータの更新が可能です。

freee CSV connectorのご利用方法

freeeアプリストアのfreee CSV connectorのページより、連携ボタンをクリックし、連携を認可することで使用可能になります。
会計freeeに取り込みたいCSVをアプリにアップロードすると、そのCSVをもとにマッピングの設定ができます。1度に20,000行までCSVデータを取り込むことが可能です。

今後もfreeeは、APIを通じた外部サービス連携やfreeeの拡張性強化によってサービスの付加価値をさらに高めることで、会計と人事労務の両輪からオープン・イノベーションを推進し、APIエコノミーの醸成に尽力してまいります。