はてなブックマークに追加する
LINEに送る

会計freeeの消費税増税(10%)・軽減税率への対応方針について

2019年10月1日から開始予定とされています消費税増税ならびに軽減税率につきまして、会計freeeの対応方針と対応スケジュールをお知らせ致します。

会計freeeはクラウドサービスになりますので、お客様自身でのアップデート等は特に必要なく、無償で自動的に消費税増税・軽減税率に対応致します。

消費税増税/軽減税率対応ポイントとスケジュール

詳細の対応項目とスケジュール

対応項目 対応予定時期 詳細
消費税率10%・軽減税率8%の税区分の追加 7月初旬 2019年10月1日以降の取引について、消費税率10%又は軽減税率8%の適用の機能対応
軽減税率の自動判定 7月初旬 勘定科目の内訳管理の機能を行うことで、商品ごとに税率種別を自動判定の機能対応
区分記載請求書等保存方式の対応 8月~9月 区分記載請求書等保存方式を満たすよう、帳票機能において税率種別毎の自動表記(*)に対応

*表記内容
①税率ごとに区分して合計した対価の額(税込)
②軽減税率の対象品目である 旨(「※」印等をつけることにより明記)
消費税申告書 10月以降 消費税申告書の新様式対応
適格請求書保存方式 順次対応予定 2023年10月1日施行予定「適格請求書」の記載事項への対応

※ 対応予定時期は2019年4月時点のもので、変更の可能性があります。

freeeは今後もクラウドならではの利点を活かし、柔軟な制度改正へスピーディーに対応して参ります。

freee プロダクトチーム