白色申告の基礎知識

白色申告での赤字の処理。青色申告とはどう違うのか?

事業をするうえで赤字というのはできれば避けたいものですが、残念ながらときに発生をしてしまうものです。赤字の取り扱いについては、青色申告と白色申告で異なります。ここでは白色申告と青色申告における赤字の取り扱いについて学んでいきましょう。

白色申告と青色申告の違い

事業をしていて赤字になった場合、所得がないのですから所得税を納める必要はありません。しかし、白色申告と青色申告には、赤字の取り扱いにおいて、大きな差があります。この二つの制度の違いを一文にまとめると「白色申告は簡便な会計処理が認められているが特典がなく、青色申告は厳密な会計処理が必要だが特典がある」となります。

実は、青色申告に認められている特典の中に、赤字に関するものが存在しています。それが損失の繰越控除です。赤字が出たときの処理の違いは、節税にもつながるポイントなので、把握しておきましょう。

青色申告では損失の繰越ができる

例として、次のような数字を考えてみましょう。


一年目:400万円の黒字  
二年目:200万円の赤字  
三年目:600万円の黒字

ある青色申告者の個人事業が、このような数字になりました。所得税計算は、基本的に一年ごとの所得に対して計算されます。従って、それぞれの年の所得に対して一定の算式を用いて所得税額を計算していきます。

しかし、二年目については所得、つまり儲けがありません。200万円の赤字ですから、所得がないということでその年については税額がないことになります。そして青色申告の場合、それでは終わりません。二年目に計上された200万円の赤字について、翌年に繰り越すことができるのです。

三年目は600万円の黒字が出ています。しかし二年目に出た200万円の赤字が持ち越されて600万円から差し引かれ、400万円の所得に対して税金を計算すれば良いことになるのです。この損失の繰越は青色申告における大きな特典となっています。

損失の繰越が大きな効果を発揮するのは、開業当初です。通常、開業したばかりというのは商売が中々上手く行かない状態です。2~3年継続していって、ようやく黒字経営になるような事例も珍しくありません。そのときに青色申告を選択していれば、実際に黒字が出るようになったときに前年以前に計上された損失を繰り越してきて、その年の所得を減少させることができます。所得が減少するということは、節税ができるということです。

なお、繰り越せる期間は永久ということはなく、三年間に限定されています。特に開業当初に関していえば、三年以内に黒字を達成することができれば、開業当初の損失が活きてくることになります。

白色申告では損失が切り捨てられる

その一方で、白色申告は損失の繰越ができません。仮に損失が計上されたとしても、その年で切り捨てられることになります。上の例でいえば、三年目に計上された600万円については、600万円のままで税金計算をしなければならないのです。

しかし、白色申告においても、変動所得や被災事業用資金の損失に限っては、損失を繰り越すことができます。変動所得というのは、印税や原稿料、作曲料、著作権使用料のほか、漁業や養殖など、その年によって大きく変動する可能性がある所得のことです。また、被災事業用資産の損失というのは、棚卸資産や事業用固定資産が被害を受けた場合の損失のことを指します。

特に開業当初に白色申告にしてしまっているケースでは、大損をしてしまうことが珍しくありません。繰り返しになりますが、商売というのは始めたばかりのころは上手く儲けが出せないものです。ですので、できれば開業と同時に青色申告の適用を受け、しっかりと損失の繰越が有効活用できるような体制を整えておくことがとても大切です。

青色申告では損失の繰戻しもできる

さらに、青色申告に関しては損失について繰り戻しをすることもできます。これも先程の例でいえば、二年目に計上された200万円の損失について、一年目に計上された400万円の黒字に対して前年に遡って相殺することができるのです。

この場合、一年目はその時点において400万円の所得に対して税金を支払っていますから、改めて200万円の所得に対する税額を計算し、その差額(払い過ぎになっている部分)は還付をしてもらえることになります。

白色申告ソフト freee

白色申告ソフト freee なら、面倒な白色申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識