経営管理の基礎知識

利益予算管理の基本を解説|〜目的・メリット・手順〜

会社は単に経営をすればいいというものではなく、確実に利益を生み出す必要があります。
利益予算は会社の目的として達成しなければならない「利益」を明確にし、経営戦略や経営指針としての役割を果たします。

また、明確な利益目標を設定することは、社員の働くモチベーションにも繋がるのです。
ここでは利益予算とその決定の流れについて説明します。

目次

1.利益予算とは

予算とは

「予算」とは、目標とする利益を達成するために必要となる売上や経費の目安をあらかじめ決めておいたものを指します。これまでの経営実績や過去のデータを元に、年間や月単位で予想される売上とかかるであろう経費の線を引いたものを「予算」として設定するのです。予算は会社の経営の目標ともなり、経営や発展を左右する重要な役割を担っています。

利益予算とは

「利益予算」とは、会社の目指す利益を生み出すために設定する予算を指します。会社はただ単に経営をすればいいというものではなく、「利益」を出さなければなりません。利益によって会社が成り立っていると言っても過言ではないでしょう。会社にとって利益は経営を左右する重要なものであり、必ず獲得しなければならないものなのです。確実に利益を得るために作成の必要がある予算こそが「利益予算」です。

2.利益予算を決める目的

利益予算の目的

「利益予算」の目的は、利益を生み出すことです。予算は目標を達成するための手段となり、経営の指針ともなります。予算(目標)を決めておかないと経営の軸がぶれやすく、状況の悪化へと繋がりやすいのです。予算にも種類がありますが、売上予算だけを決めればいいというものではありません。

どれだけたくさん売上実績が出たとしても、その分コストが膨大にかかっていればプラスマイナスゼロどころか売上高がマイナスになるケースもあります。どれだけ販売数を伸ばしたとしても、売上高がマイナスになってしまっては元も子もありません。売上高から費用を引いて残る利益が多ければ多いほど、会社にとっては経営面でプラスになります。

利益予算とは、会社の最大の目的である「利益」を確保するための重要な役割を担っているのです。

経費予算のメリット

あらかじめ利益を予算として算出しておくと、経営戦略や方針を明確にすることができます。

例えば、目標を達成するためには販売数を増やして売上高を増やべきか、今よりもさらにコストを抑えるべきかの見通しが立ちやすく、機械を新調したり優秀な人員を雇ったり、新しく投資をおこなうべきかなど、進むべき道についても考えやすくなります。

利益は「出ても出なくてもどちらでもいい」というものではなく、必ず出さなくてはいけない結果なのです。また、利益が達成できなかったときでも、今後の課題やリスクを見極めやすくなるのです。

3.経費予算の決定の手法

利益予算決定の全体的な手順

①取締役会で会社全体の大まかな利益目標と予算額を決定します。この時点では大まかに達成したい利益を目標額として決定してもいいでしょう。
「今年はこのくらいの利益は絶対に出したい」と意気込みを予算に考慮しても構いません。ただし、少し大きめに予算を設定しても良いですが、どう頑張っても達成できないような無謀な予算を計画してはいけないという点を頭に入れておきましょう。

②予算設定に関する方針が固まると、次は経理部や予算部、経営企画部など経営に関わる部において方針内容について検討し、損益計算書や過去の実績・データをもとに各部門ごとの予算を算出します。部門が多ければ多いほど、利益額にばらつきが見られます。
当然、販売や提供するサービスの違いによって、利益がが大きく出る部門もあれば比較的小さな部門もあります。時期によって販売数や売り上げが伸び悩むという部門もあるため、一つひとつの部門傾向を頭に入れておくといいでしょう。それぞれ各部門に適した予算を配分するようにしましょう。

③各部門に予算配分したものを部門内で十分に検討してもらい、要望や意見があれば部門調整をかける必要があります。各部門では配分された予算が、その部門に適切なものかどうかについて検討しなければなりません。明らかに少なすぎる・多すぎるという場合、時期の関係で販売数や売上高が予算に届きそうにないという場合には、要望や意見として予算部や経営企画部等に相談します。
相談があった時には、内容を検討して再度予算について見なおす必要があります。特に要望・意見がなければ、当期の利益予算を決定します。

利益予算決定の具体的な手順

①前期の損益計算書をもとに固定費と変動費に分け、前期分の変動損益計算書を作成します。
会社の利益は限界利益率(式:限界利益率 = 限界利益 ÷ 売上高)によって増減額が決まります。限界利益(式:限界利益 = 売上高 - 変動費)とは、商品やサービスを販売して得た売上高から販売に関する変動費を引いた利益を指します。
この限界利益がプラスとなれば、その分、固定費を回収できるため利益が出ます。つまり、限界利益率が高いほど損益分岐点が下がり、利益を出しやすい状態にあると言えるのです。限界利益が利益予算を決める上でのポイントで、売上高が増えることにより限界利益率分の利益が得られるのです。粗利の分が利益として出るのではないため注意が必要になります。例えば、売上高が一億円あったとします。
損益計算書では売上原価が75%、粗利益率が25%、変動利益計算書では変動費率が45%、限界利益率が55%だとすると、1千万円売上高が増加すると利益が550万円となります。利益予算を決定する際には限界利益率を知っておくことでより綿密に予算計画が立てられるため、変動損益計算書の作成に取り掛かります。

②前期の変動損益計算書から予算を検討する際には、経営上必要な利益を出すためにどうすればいいかを考えなければなりません。必要利益を得るためにも、変動損益計算書を用いて予算シミュレーション(基本は売上・変動費・固定費の増減)をする必要があります。

③必要利益を生み出す予算計画が立てられた時点で、当期の変動損益計算書から利益予算を決定します。ここまでが利益予算の作成手順です。ただ、この時点で終わってしまうと単に予算を立てただけという状態であるため、次の段階で一歩進んだ予算計画を立てていきます。

④利益予算が決定すれば達成のために毎月必要となる利益を予測し、月ごとに実績管理をしていくことがポイントです。予算を決めればそれでいいというものではありません。必ず利益を獲得するためにも、月ごとの予測利益を出して毎月の実績と比較するようにしましょう。実績管理をすると月ごとのペースが読み取れ、課題にも早く気づくことができます。

まとめ

今回は利益予算について説明しました。予算というのは設定だけで満足してはならず、予算達成もしくは予算を上回れるように努めていかなければなりません。もし仮に利益予算に届かなかった場合には、月ごとに細かく課題を探していきましょう。

必要な利益の確保かつ課題があれば早急に対応できる体制を整えるための土台として重要な役割を担っているものが「利益予算」なのです。
予算設定の流れを理解して、今後の発展のために役立てていきましょう。

freee プロフェッショナル

「freee プロフェッショナル」は、日々の業務で蓄積された財務・経営データを分析・集約することで、経営の意思決定をサポートします。

バックオフィス基礎知識