プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年5月度 新機能のお知らせ

 

推移表をリニューアル

 
推移表が大幅にリニューアルし、記帳チェックがしやすくなりました。

月次推移表は、損益計算書と貸借対照表を1ページにまとめました。売上高などの各項目は取引先や品目ごとに展開できるようになり、月次推移表内でより詳細な内容を確認しやすくなりました。

あわせて、スクロール時にヘッダを固定するなど、視認性も向上しました。

 
また、新しく日時残高推移も確認できるようになりました。日次での売上情報を確認したり、口座残高の推移を確認することができます。

 
 

NPO法人に対応

 
会計freeeがNPO法人に対応しました。無料で配布している「NPOキット」を使うと、NPO法人特有の勘定科目に対応できます。日々の記帳業務から活動計算書や決算書の作成までをfreeeを使って効率的に行うことができます。

使い方ガイドも同封してありますので、迷わず作業を進めて頂けます。

 
 

扶養親族等の数の自動計算に対応

 
給与freeeが「扶養親族等の数」の自動計算に対応しました。「扶養親族等の数」は、所得税の計算に必要な情報である一方、算出方法がとても複雑で、給与担当者の負担になっていました。

feeeeでは、名前や続柄などの扶養家族情報を入力するだけで、「扶養親族等の数」を自動で算出し、所得税を計算します。もう所得税の計算ミスを心配する必要はありません。

 
 

取得した明細へコメントができるように

 
取得した明細にコメントができるようになりました。明細の一覧から、コメントを入力したり確認することができます。他部門や記帳代行先、顧問税理士との記帳前の事前確認に便利です。


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp