プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2017年4月度 新機能のお知らせ

交通費精算freee.png
交通費精算専用アプリをリリース

 

交通費精算に、手計算や転記作業はもう必要ありません。

交通系ICカードをかざすだけで交通費精算ができる「交通費精算 freee」をリリースしました。対応しているAndroid端末*にICカードをタッチするだけで、Suica、PASMO、ICOCAなどの交通系ICカードの利用履歴を読み込み、そのままfreeeで経費精算を申請することができます。

NFCを搭載したAndroid端末に交通費精算freeeアプリをインストールし、NFC機能を有効化した状態でICカードをかざし位置にかざしてご利用ください。

 

(*)アプリはどなたでもご利用いただけますが、交通費精算を申請するためはfreee ビジネスまたはエンタープライズプランへのご登録が必要です。

 

住信SBIネット銀行と振込連携を開始

住信SBIネット銀行と振込データ連携を開始しました。 freeeとインターネットバンキングを連携しておくと、freeeの買掛レポートから振込依頼が可能になりますので、総合振込ファイルのダウンロードや銀行側へのアップロードといった作業が不要になります。

対応行は今後も増やしてまいりますので、どうぞご期待ください。

(*)現在はキャンペーン期間となり、すべてのプランでご利用いただくことができます。

給与計算で複数締め日/支払日に対応

 

給与計算freeeが、複数の締め日・支払い日があるケースに対応しました。締め日・支払い日の組み合わせは、締め日支払い日グループとして複数指定することができ、そのグループ毎に給与規定の「休日と勤務時間」および「割増賃金」を設定することができます。

これにより、雇用形態によって締め日や支給日が異なるケースに対応することができます。

 

その他のリリース情報

 

 

プレスリリース情報

 

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp